公募推薦入学選考試験(前期日程・後期日程)

※【インターネット出願】は実施しておりませんので、ご注意ください。

「出願書類」「小論文試験」「面接試験」の総合評価で選考!

  • 本学を第1志望とする方を対象とした公募制の推薦入試です。
  • 「前期日程」は全12学科で実施し、「後期日程」は義肢装具自立支援学科・視機能科学科・救急救命学科・社会福祉学科・医療情報管理学科の5学科で実施します。
  • 【高等学校推薦出願条件】は、評定平均値3.5以上で出身高等学校からの推薦書の提出が必要です。
  • 【自己推薦出願条件】は、評定平均値3.0以上で自らを推薦することで出願できます。
  • また、健康スポーツ学科の自己推薦出願条件は、スポーツ実績による出願条件を設け、全国大会(国体、インターハイ等)に選手として出場経験がある方も出願が可能です。
  • 全12学科において[公募推薦入試(前期日程)]と[特別推薦入試]を同時に出願する「併願」が可能です。公募推薦入試(前期日程)特別推薦入試を同時に出願する「併願」が可能です。(どちらの試験区分においても、同一学科を志願する場合に限り、同時に出願することができます。詳しくはこちらをご覧ください。)

募集人員

学部 学科 前期日程 後期日程
医療技術学部 理学療法学科 12名 -
作業療法学科 4名 -
言語聴覚学科 4名 -
義肢装具自立支援学科 4名 2名
臨床技術学科 5名 -
視機能科学科 7名 2名
救急救命学科※ 7名 2名
健康科学部 健康栄養学科 8名 -
健康スポーツ学科 13名 -
看護学科 15名 -
社会福祉学部 社会福祉学科 8名 2名
医療経営管理学部 医療情報管理学科 5名 2名

※救急救命学科は、平成29年4月新設

入学選考試験日程

日程 出願期間 入学選考試験日 合格発表日 入学手続期間
前期日程 平成28年10月25日(火)

平成28年11月4日(金)
(消印有効)
平成28年11月19日(土) 平成28年12月2日(金) 平成28年12月2日(金)

平成28年12月12日(月)
(消印有効)
後期日程 平成28年12月2日(金)

平成28年12月12日(月)
(消印有効)
平成28年12月17日(土) 平成28年12月22日(木) 平成28年12月22日(木)

平成29年1月5日(木)
(消印有効)

出願資格

全12学科で実施する〈高等学校推薦出願条件〉に加え、9学科では評定平均値3.0以上でこれまでの諸活動で得た成果等により、自らを推薦し出願することのできる〈自己推薦出願条件〉を設け、意欲溢れる学生を幅広く募ります。
2つの出願条件による有利・不利は生じませんので自らの条件にあわせて出願してください。

高等学校推薦出願条件

全学科

本学を専願し、次のすべての条件を満たす者

  1. 平成28年3月高等学校(中等教育学校の後期課程を含む。以下同じ。)卒業の者または平成29年3月高等学校卒業見込みの者
  2. 高等学校での学習において、全体の評定平均値が3.5以上の者
  3. 出身高等学校長が推薦した者
自己推薦出願条件(ご注意)理学療法学科・健康栄養学科・看護学科では募集しておりません。

作業療法学科・言語聴覚学科・義肢装具自立支援学科・臨床技術学科・視機能科学科・救急救命学科・
 社会福祉学科・医療情報管理学科

本学を専願し、スポーツ活動や文化芸術活動、ボランティア活動等において成果※をあげ、次のすべての条件を満たす者

  1. 平成28年3月高等学校(中等教育学校の後期課程を含む。以下同じ。)卒業の者または平成29年3月高等学校卒業見込みの者
  2. 高等学校での学習において、全体の評定平均値が3.0以上の者

健康スポーツ学科

本学を専願し、スポーツ活動や文化芸術活動、ボランティア活動等において成果※をあげ、次のいずれかの条件を満たす者

  1. 平成28年3月高等学校(中等教育学校の後期課程を含む。以下同じ。)卒業の者または平成29年3月高等学校卒業見込みの者で、高等学校での学習において、全体の評定平均値が3.0以上の者
  2. 平成28年3月高等学校(中等教育学校の後期課程を含む。以下同じ。)卒業の者または平成29年3月高等学校卒業見込みの者で、高等学校時において全国大会(国体、インターハイ等)に選手として出場経験がある者
    • 自身の競技種目や競技実績による出願の可否等、出願に関するご不明点等がございましたら、必ず出願前に本学入試事務室(電話:025-257-4459)までお問い合わせください。

※自己推薦出願条件で定める『成果』については、成績や順位、記録等の基準は設けていません。
これまでの諸活動から得た能力や資質、経験等により、自らを推薦することができる者を対象とします。

選考方法・試験科目

出願書類評価、小論文試験および面接試験の結果を総合して判定します。

【小論文試験】 文章または図・表等からのデータの読み取りと、それにもとづいた700字以内の小論文
【面接試験】 以下の形式にて実施予定

学科 実施形式
理学療法学科
作業療法学科
健康スポーツ学科
個人面接
看護学科 グループディスカッション
言語聴覚学科
義肢装具自立支援学科
臨床技術学科
視機能科学科
救急救命学科
健康栄養学科
社会福祉学科
医療情報管理学科
グループ面接

※「高等学校推薦出願条件」「自己推薦出願条件」のどちらの出願条件で出願しても、選考方法・試験科目は共通です。

※面接試験は記載の形式での実施を予定しておりますが、変更となる場合がありますのでご了承ください。

AO・推薦等合格者対象 特待生選抜試験

公募推薦入試に合格し入学手続を完了した方も、「AO・推薦等合格者対象 特待生選抜試験」を受験することで、入学の権利を保持したまま「新潟医療福祉大学 特待生制度」にチャレンジすることが可能です。特待生に採用された際は、最大で4年間の授業料が全額免除となります。

公募推薦入試(前期日程) + 特別推薦入試の併願

[公募推薦入試(前期日程)]と[特別推薦入試]は、全12学科で併願が可能です。ただし、どちらの試験区分においても同一学科を志願する場合に限ります。
選考方法が異なる2つの試験区分を併願することで、合格のチャンスがさらに広がります。

■公募推薦入試(前期日程)+ 特別推薦入試の併願例

いずれも理学療法学科出願時のみ併願可能!

■入学検定料の減額制度あり!
[公募推薦入試(前期日程)]および[特別推薦入試]の入学検定料は各35,000円ですが、[公募推薦入試(前期日程)]と[特別推薦入試]を併願する場合は、入学検定料を20,000円減額します。

■併願すると、[小論文試験]+[基礎学力試験]+[個人面接(1回のみ)]で受験可能!
試験当日、公募推薦入試(前期日程)は[小論文試験][面接試験]、特別推薦入試は[基礎学力試験][面接試験]にて選考を行いますが、併願の場合は、[小論文試験][基礎学力試験][面接試験(1回のみ)]で受験可能です。

入学検定料の減額制度あり!

▶公募推薦に関するQ&Aはこちら

▶特別推薦に関するQ&Aはこちら

再受験が可能!

本学の入試日程は、ある入試で不合格になっても、それ以降に実施される入試を再受験することができます。また、再受験する入試の合否判定に、不合格となった入試の成績等が影響することは一切ありません。
入試日程の詳細は、「入学選考試験日程」をご覧ください。

■合格を掴みとろう!

再受験が可能!

出願資格や選考方法・試験科目等については、【平成29年度 入試ガイド】をご覧ください。
出願の際は必ず7月発行予定の【平成29年度 学生募集要項】にて詳細をご確認のうえ、出願してください。

資料請求フォームはこちら

高等学校推薦書のダウンロードはこちら

高等学校推薦書は、公募推薦入試(前期日程・後期日程)において、【高等学校推薦出願条件】で出願を予定されている方の出身学校長が作成する書式です。
手書きによる記入はもちろん、電子ファイルに入力し、印刷した書類を提出する方法もございます。
電子ファイルに入力する方法にて作成する場合は、必要事項を入力し、学校長印及び記載責任者印を押印のうえ、厳封したものを提出してください。
なお、入力した書類を印刷する際は印刷設定や余白設定等を変更せずに印刷してください。