特別推薦入学選考試験

※【インターネット出願】は実施しておりませんので、ご注意ください。

評定平均値の条件なし!全13学科で実施! 公募推薦入試(前期日程)との併願が可能!

  • 本学を第1志望とする方を対象とした推薦入試です。
  • 特別推薦入試は、全13学科で実施します。
  • 出願資格に、高等学校の「評定平均値」や「卒業年度」等の条件は一切ありません。
    大学入学資格を有する方であれば、どなたでも受験できます。
  • 「出願書類」「基礎学力試験」「面接試験」の総合評価で判定します。
  • 基礎学力試験は、「英語」、「国語総合」、「数学Ⅰ」、「生物基礎」から学科の指定した2科目を総合問題として出題する筆記試験(全問マークシート方式)です。
  • 全13学科において[特別推薦入試]と[公募推薦入試(前期日程)]を同時に出願する「併願」が可能です。
    (どちらの試験区分においても出願資格を満たしており同一学科を志願する場合に限り、同時に出願することができます。詳しくはこちらをご覧ください。)

募集人員

 
学部 学科 募集人員
リハビリテーション学部 理学療法学科 16名
作業療法学科 6名
言語聴覚学科 2名
義肢装具自立支援学科 2名
医療技術学部 臨床技術学科 9名
視機能科学科 2名
救急救命学科 3名
診療放射線学科※ 9名
健康科学部 健康栄養学科 2名
健康スポーツ学科 2名
看護学部 看護学科 8名
社会福祉学部 社会福祉学科 2名
医療経営管理学部 医療情報管理学科 2名

※診療放射線学科は、平成30年4月新設

試験日程

出願期間 入学選考試験日 合格発表日 入学手続期間
平成29年10月18日(水)

平成29年11月2日(木)
(消印有効)
平成29年11月18日(土) 平成29年12月1日(金) 平成29年12月1日(金)

平成29年12月11日(月)
(消印有効)

出願資格

本学を専願し、次の(1)~(3)のいずれかの条件を満たし、且つ(4)にて志願する学科が示す学科個別要件を満たす者
(1)高等学校(中等教育学校の後期課程を含む。以下同じ。)卒業の者または平成30年3月高等学校卒業見込みの者
(2)通常の課程による12年の学校教育を修了した者または平成30年3月修了見込みの者
(3)学校教育方施行規則第150条の規定により、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者または平成30年3月31日までにこれに該当する見込みの者
(4)学科個別要件

理学療法学科 /
リハビリテーションに強い関心を持ち、将来、理学療法士国家資格を取得して活躍しようとする意欲を有する者
作業療法学科 /
リハビリテーションに強い関心を持ち、将来、作業療法士国家資格を取得して活躍しようとする意欲を有する者
言語聴覚学科 /
将来、言語聴覚士国家資格を取得して活躍しようとする意欲を有する者
義肢装具自立支援学科 /
福祉機器に興味を持ち、将来、義肢装具士国家資格を取得して活躍しようとする意欲を有する者
臨床技術学科 /
将来、臨床工学技士および臨床検査技師国家資格を取得して活躍しようとする意欲を有する者
視機能科学科 /
将来、視能訓練士国家資格を取得して活躍しようとする意欲を有する者
救急救命学科 /
将来、救急救命士国家資格を取得して活躍しようとする意欲を有する者
診療放射線学科 /
将来、診療放射線技師国家資格を取得して活躍しようとする意欲を有する者
健康栄養学科 /
将来、管理栄養士国家資格を取得して活躍しようとする意欲を有する者
健康スポーツ学科 /
健康・スポーツに関する分野に強い興味や関心を持ち、将来、健康・スポーツの専門職として活躍しようとする意欲を有する者
看護学科 /
看護職者としての使命感、判断し実践する能力を育み、将来、看護師および保健師(選択)、助産師(選択)の国家資格を取得して活躍しようとする意欲を有する者
社会福祉学科 /
将来、社会福祉士国家資格を取得して活躍しようとする意欲を有する者
医療情報管理学科 /
医療情報管理分野に強い関心を持ち、将来、関係する資格を取得して活躍しようとする意欲を有する者

選考方法・試験科目

出願書類評価、基礎学力試験および面接試験の結果を総合して判定します。

基礎学力試験:以下の試験科目を出題します。解答方式は、全問マークシート方式です。
理学療法学科
作業療法学科
臨床技術学科
診療放射線学科
看護学科
数学・生物における基礎的な知識と理解を問う筆記試験です。
出題教科・科目は、数学:数学Ⅰ、生物:生物基礎です。
言語聴覚学科 英語・生物における基礎的な知識と理解を問う筆記試験です。
出題教科・科目は、英語:コミュニケーション英語Ⅰ・コミュニケーション英語Ⅱ・
英語表現Ⅰ(リスニングを除く)、生物:生物基礎です。
義肢装具自立支援学科
健康スポーツ学科
社会福祉学科
英語・国語における基礎的な知識と理解を問う筆記試験です。
出題教科・科目は、英語:コミュニケーション英語Ⅰ・コミュニケーション英語Ⅱ・
英語表現Ⅰ(リスニングを除く)、国語:国語総合(古文・漢文を除く)です。
視機能科学科 英語・数学における基礎的な知識と理解を問う筆記試験です。
出題教科・科目は、英語:コミュニケーション英語Ⅰ・コミュニケーション英語Ⅱ・
英語表現Ⅰ(リスニングを除く)、数学:数学Ⅰです。
救急救命学科
健康栄養学科
医療情報管理学科
国語・数学における基礎的な知識と理解を問う筆記試験です。
出題教科・科目は、国語:国語総合(古文・漢文を除く)、数学:数学Ⅰです。
面接試験:以下の形式にて実施予定
学科 実施形式
理学療法学科
作業療法学科
健康スポーツ学科
個人面接
看護学科 グループディスカッション
言語聴覚学科
義肢装具自立支援学科
臨床技術学科
視機能科学科
救急救命学科
診療放射線学科
健康栄養学科
社会福祉学科
医療情報管理学科
グループ面接

※面接試験は記載の形式での実施を予定しておりますが、変更となる場合がありますのでご了承ください。

AO・推薦等合格者対象 特待生選抜試験

特別推薦入試に合格し入学手続を完了した方は、「AO・推薦等合格者対象 特待生選抜試験」を受験することで、入学の権利を保持したまま「新潟医療福祉大学 特待生制度」にチャレンジすることが可能です。特待生に採用された際は、最大で4年間の授業料が全額免除となります。

AO・推薦等合格者対象 特待生選抜試験の出願手数料について

AO・推薦等合格者対象 特待生選抜試験は、一般入試(前期日程)と同様に、2月5日(月)・6日(火)に実施します。どちらかの試験日のみの受験はもちろん、2日間受験も可能です。なお、2日間の試験日を両日受験する場合は、高得点の試験日の点数を採用して選抜します。また、出願手数料は、どちらかの試験日のみを受験する場合と同額となります。

■出願手数料(1試験日受験) :35,000円(インターネット出願なら32,000円)
■出願手数料(2日間受験) :35,000円(インターネット出願なら32,000円)

公募推薦入試(前期日程) + 特別推薦入試の併願

[公募推薦入試(前期日程)]と[特別推薦入試]は、全13学科で併願が可能です。ただし、どちらの試験区分においても出願資格を満たしており同一学科を志願する場合に限ります。
選考方法が異なる2つの試験区分を併願することで、合格のチャンスがさらに広がります。

■公募推薦入試(前期日程)+ 特別推薦入試の併願例

いずれも理学療法学科出願時のみ併願可能!

■入学検定料の減額制度あり!
[公募推薦入試(前期日程)]および[特別推薦入試]の入学検定料は各35,000円ですが、[公募推薦入試(前期日程)]と[特別推薦入試]を併願する場合は、入学検定料を20,000円減額します。

■併願すると、[小論文試験]+[基礎学力試験]+[面接試験(1回のみ)]で受験可能!
試験当日、公募推薦入試(前期日程)は[小論文試験][面接試験]、特別推薦入試は[基礎学力試験][面接試験]にて選考を行いますが、併願の場合は、[小論文試験][基礎学力試験][面接試験(1回のみ)]で受験可能です。

入学検定料の減額制度あり!

再受験が可能!

本学の入試日程は、ある入試で不合格になっても、それ以降に実施される入試を再受験することができます。また、再受験する入試の合否判定に、不合格となった入試の成績等が影響することは一切ありません。
入試日程の詳細は、「入学選考試験日程」をご覧ください。

■合格を掴みとろう!

再受験が可能!

特別推薦入試に関するQ&Aはこちら

出願資格や選考方法・試験科目等については、【平成30年度 入試ガイド】をご覧ください。
出願の際は必ず7月発行の【平成30年度 学生募集要項】にて詳細をご確認のうえ、出願してください。

資料請求フォームはこちら