在学生メッセージ

一覧へ戻る

吉田 佳史

富山県社会福祉学科4年吉田 佳史Yoshifumi Yoshida

入学の決め手は、高い就職率や国家試験合格率はもちろん、実習先が充実していることでした。病院や児童福祉施設など、約180ヵ所の実習先を確保しているので、幅広い領域で実習経験を積むことができます。また、学科の枠を超えて学ぶ「連携教育」により、他の専門職との連携について学べるのも本学ならでは!クラブ・サークル活動を通して他学科の友だちもたくさんできますよ。まずはオープンキャンパスへGo! 本学の魅力を体験してみてください!


Q目指す専門職を決めたきっかけ(魅力)を教えてください。

高校生の時に、ボランティアで福祉施設に行く機会があり、その際に利用者の方とコミュニケーションを図ったり、一緒に物事を成し遂げるなかで「ありがとう」という感謝の言葉に心を打たれ、やってよかった・またやりたいという思いが生まれ、福祉の世界に入ることを決めました。
人と身近にふれあうことができ、共に喜びなどを分かち合えるというのはとても魅力的だと思います。

Q本学に入学を決めた理由、本学科を選んだ理由を教えてください。

介護福祉士と社会福祉士のダブルライセンスが取得できるからというのが一番の決め手で、他には実習施設等が充実していたり、就職率が高いことも決め手となりました。また、各学科との連携などもあり、視野が広げられることです。

Q現在大学ではどのような勉強をしていますか?

「介護過程」
1人の利用者に対してアセスメントを行い、ニーズを把握し、計画の立案を行います。利用者ごとにニーズも違いますし、計画を立てる際どこに注目して立案するかも考える人によって違います。他の人がどんな視点を持っているのか、考えを持っているかを授業の中で知ることで自分の考え方が広がり対応力を身につけることができます。

Q本学を一言で表すと何だと思いますか?また、その理由も教えてください。

「充実」
学内の設備であったり、専門職のエキスパートである教員、実習施設との連携が充実しています。また、部活やサークルもたくさんあり、友達を増やすのにもとても充実した環境です。ボランティアも数多く行っているので、たくさんの経験ができ得るものもたくさんあると思います。

Q本学に入学して、あらためて良かったと実感することは何ですか?

各専門職ごとにエキスパートの先生がおられて沢山いらっしゃって、各々の経験談や考えを聞くことができ、多くの知識を吸収することができます。他の専門職との連携の仕方を学べることです。自分の専門職だけでなく他の専門職のことを少し知ることができます。

Q将来の目標や夢を教えてください。

大学で学んだ知識・技術、実習で学んだ知識・技術を活かせる福祉の仕事をしたいと考えています。施設で直接利用者と関わる仕事・地域住民に関わる仕事・施設と地域住民を繋ぐ仕事等やってみたいことはいくつかあります。これからの大学生活で各現場について、さらに詳しく学び決めていきたいと思います。

Q先輩として、今の高校生に伝えたい一言、メッセージをお願いします。

大学生は高校生と違って、視野を広く持つことができます。私たちの大学ではボランティアを積極的に行っています。なので、数多くの経験をすることができます。知識だけでなく、経験することは自分にとってものすごい糧となると思うので、いろんなことに積極的に参加してみることが大切だと思います。

一覧へ戻る

信越・北陸地域の在学生メッセージ

※学生の在籍学年は平成29年度在籍時のものです。なお、視機能科学科は、平成29年度在籍のものとなります。