陸上競技部

監督からのメッセージ

監督
健康スポーツ学科 講師
担当:投擲

小林 志郎

Shiro Kobayashi

成長を求めて

スポーツを通じて学ぶ競技観は、人生観そのものだと思います。陸上競技を通じて選手が競技力向上のみならず様々なことを経験し人間的に成長して行く一助になればと考えています。学生一人一人の個性も競技力も様々ですが、まずは全員が自己記録を更新することを目標に、新潟から全国へ、そして新潟から世界へ挑戦できるチームを目指していきます。

<経歴>
円盤投 日本選手権優勝(2006・2008・2009・2011)
円盤投 東アジア大会優勝(2009)

指導者からのメッセージ

コーチ
健康スポーツ学科 准教授
担当:短距離・障害

山代 幸哉

Koya Yamashiro

「人」として「競技者」として成長できるように

短距離部員全員が自己ベストを更新できるように、「一期一会」の心で選手の気づきをうながすコーチングをしていきたいと考えています。人生を振り返ると競技スポーツは「一瞬」ですが、競技スポーツを通して「一生」に活かせる人間力を育めるようにサポートします。一緒に考える楽しい陸上をしましょう!

<経歴>
元新潟県短距離強化コーチ
日本選手権リレー 出場

コーチ
健康スポーツ学科 助教
担当:跳躍

柴田 篤志

Atsushi Shibata

陸上競技を通して大きな飛躍を

より高く、より遠くに跳ぶためには良い踏切だけでなく、まずは「良い助走」をすることが大切です。競技を続けていく上で競技力の向上も大切ですが、それだけではなく、卒業後に選手達が大きく羽ばたくための「良い助走」が大学での競技生活の中でできるようにサポートしていきます。陸上競技について様々な視点から共に考え、学びながら成長していきましょう。

<経歴>
日本陸上競技連盟 科学委員会協力班員
日本スポーツ協会公認 陸上競技コーチ1

コーチ
担当:長距離(男子)

若山 哲夫

Tetsuo Wakayama

感性を磨こう

感性とは、アスリートが競技会でタイトルや記録に挑むときのストレスに対しての身体的敏感度のことになります。そしてパフォーマンスへの、心の内から湧き出る揺るぎない自信は日々精進を重ねた事からしか生まれません。よって、自分自身をコントロールする能力と感性を磨きましょう。ともに同じ目標を見据えて、邁進しましょう。

<経歴>
元東京学館新潟高等学校 陸上競技部 監督
 男子 全国高等学校駅伝競走大会(2006年~2009年)出場
 女子 全国高等学校駅伝競走大会(2008年)出場
元開志国際高等学校 陸上競技部 監督
 男子 全国高等学校駅伝競走大会(2018年)出場

コーチ
担当:長距離(女子)

大島 めぐみ

Megumi Oshima

一歩一歩を大切に

競技者として成長することはもちろんですが、競技の経験を通じて人間力を伸ばして欲しいと思っています。そのために選手一人ひとりが自ら考え行動し、必要なものを見極める力や工夫する力を身につけ、どんな道でも自身の力で切り開いていけるよう一歩一歩を大切に精一杯のサポートをしていきたいと思います。

<経歴>
シドニー五輪 5000m代表
アテネ五輪 10000m代表
IAAF CECS Coach Level 1