男子バスケットボール部

チーム紹介

自己啓発による自己実現の喜びを味わい、バランスのとれた人間性の向上を目指す

男子バスケットボール部は、インカレ(全日本大学バスケットボール選手権大会)ベスト8を目標に、果敢に挑戦し続ける集団です。学業を疎かにすることなく、高い志を持ち、限りない努力を惜しまない部員たちが、大好きなバスケットボールのスキルアップやチーム力アップに日々、練習を積み重ねています。「人間力向上なくして、競技力向上なし!!」。試合に出ている選手、ベンチにいる選手、応援する部員、指導者すべてが一丸となって挑む真剣勝負で培った友情、感謝の心、不屈の精神などを育むことのできるチームです。

B.LEAGUEで活躍する卒業生!

日本のプロバスケットボールリーグ「B.LEAGUE」に、本学男子バスケットボール部OBの木村啓太郎選手(写真左/2015年度卒業生/バンビシャス奈良)や佐藤誠人選手(写真右/2019年度卒業生/トライフープ岡山)が在籍しており、試合で活躍しています!今後とも本学出身の選手に、温かいご声援をよろしくお願いいたします!

木村啓太郎選手

佐藤誠人選手

年間活動計画

4月 近県選手権大会
5月 北信越学生春季リーグ戦、新潟日報杯
6月 西日本学生選手権大会、県内リーグ戦
7月 天皇杯1次ラウンド(新潟選手権大会)
8月 甲信越大会定期戦大会
9月 北陸選手権大会
10月 新潟県選手権大会、全日本学生北信越予選会(インカレ予選)
12月 全日本学生選手権大会(インカレ)、藤田杯新潟県学生バスケットボール大会

戦績

2020年度
  • 第54回 北信越学生バスケットボール選手権大会兼 インカレ予選 第3位
2019年度
  • 第73回 近県バスケットボール選手権大会 3位
  • 第69回 西日本学生バスケットボール選手権大会 ベスト32
  • 第95回 天皇杯全日本バスケットボール選手権大会
    新潟県代表決定戦 ベスト16
2018年度
  • 第52回 北信越大学バスケットボール 春季リーグ戦 準優勝
  • 第62回 新潟日報杯バスケットボール大会 優勝
  • 第50回 甲信越大学バスケットボール 定期戦大会 準優勝
  • 第52回 北信越大学バスケットボール選手権大会 準優勝
  • 第70回 全日本大学バスケットボール選手権大会 出場
2017年度
  • 第51回 北信越大学バスケットボール 春季リーグ戦 準優勝
  • 第49回 甲信越大学バスケットボール 定期戦大会 準優勝
  • 第51回 北信越大学バスケットボール選手権大会 3位
  • 第22回 新潟県学生バスケットボール選手権大会 準優勝
  • 第64回 北陸バスケットボール選手権大会 優勝
2016年度
  • 第70回 近県バスケットボール選手権大会 優勝
  • 第48回 甲信越大学バスケットボール 定期戦大会 準優勝
  • 第63回 北陸バスケットボール選手権大会 Aチーム 優勝、Bチーム 準優勝
  • 第21回 藤田修一杯争奪 新潟県学生バスケットボール選手権大会 準優勝
2015年度
  • 第49回 笹本杯争奪北信越大学バスケットボール 春季リーグ戦大会 1部優勝
  • 第47回 甲信越大学バスケットボール定期戦大会 優勝
  • 第49回 北信越大学バスケットボール選手権大会 兼 インカレ予選 優勝
  • 第67回 全日本大学バスケットボール選手権大会(インカレ) ベスト16
  • 第20回 藤田修一杯争奪 新潟県学生バスケットボール選手権大会 優勝
2014年度
  • 第48回笹本杯争奪北信越大学バスケットボール春季リーグ戦大会 1部 3位
  • 第59回新潟日報杯争奪バスケットボール大会 準優勝
  • 新潟県バスケットボール選手権大会 優勝
  • 第48回北信越大学バスケットボール選手権大会 兼インカレ予選 優勝
  • 第66回全日本大学バスケットボール選手権大会(インカレ) 出場
  • 第19回藤田修一杯争奪 新潟県学生バスケットボール選手権大会 優勝

練習環境・施設

男子バスケットボール部は日本のトップリーグの選手、コーチを経験した指導者により日本でもハイレベルの練習方法で練習に取り組んでいます。

第3体育館

1階にはバスケットボールコートを備え、2階の外周部分には全長147メートルのランニングコースがあります。

トレーニングセンター

ランニングマシンなどの有酸素系のマシン、各種筋力トレーニングマシン等が備えられ、選手のトレーニングや、運動指導における実習施設として利用されています。

コンディショニングエリア

各種物理療法機器やトレーニング機材を配置し、隣接したトレーニングセンターと共に本学の強化指定クラブのアスリートに対するトレーナーサポートの活動拠点となります。