スマートフォンサイトを見る

文字サイズ

大学概要

学長メッセージ

「優れたQOLサポーター」を目指そう

専門分野を超えて学ぶ「連携教育」に取り組み、
皆さんがステップアップできるよう全力でサポートします

新潟医療福祉大学 学長
西澤 正豊 Masatoyo Nishizawa

西澤 正豊学長 略歴

わが国は未曽有の少子・超高齢社会を迎えていますが、健康の維持・増進、健康寿命の延伸という目標は達成しなければなりません。保健・医療・福祉・スポーツは人々の豊かな人生を支えるのみならず、この目標を達成するために重要な役割を担っています。

本学は今年度、創立から20周年を迎える若い大学です。保健・医療・福祉・スポーツの分野に特化して、対象者(クライアント)のQOLを支える「優れたQOLサポーター」を育成すること、全国の地域社会に貢献すること、国際交流を推進することという3つの目標を、建学の精神として掲げています。サッカーのアルビレックス新潟を支えるサポーターにならい、多職種の専門職を「優れたQOLサポーター」として社会に送り出すことを使命としているのです。QOLはQuality of Lifeの略ですが、クライアントがどのような生き方を目指しているかを理解し、そのQOLを高める方策をクライアントとともに考え、多職種の専門職とチームを組んでサポートできる「優れたQOLサポーター」の育成を目指しています。

本学では、「優れたQOLサポーター」となるために修得すべき能力を「5つのSTEPS」としてまとめています。第一は、専門分野における高度な「知識と技量」(Science & Art)、第二は、地域の現場で求められる「チームワークを高め、リーダーシップを発揮する力」(Teamwork & Leadership)、第三は、豊かな感性を持って「クライアントを力づける能力」(Empowerment)、第四は、いかなる課題に直面しても、解決への道を探りながら職務を遂行できる「問題を解決する力」(Problem-solving)、第五は、クライアントのために働くことを通じて得られる「自己を実現する力」(Self-realization)です。これらの5つを、それぞれの英語の頭文字をとって「STEPS」と呼んでいます。このために本学は、実習を主体とする実践的なカリキュラムを策定して、開学以来、学科や専門分野を越えた「連携教育」に取り組み、幅広い教養科目を用意して豊かな人間性を育てながら、皆さんが4年間でステップアップできるように全力でサポートします。様々な職種の「優れたQOLサポーター」には、これから無限の可能性が広がっています。輝かしい未来に向けて「5つのSTEPS」を身につけながら、「優れたQOLサポーター」を目指しましょう。

2020年度は新型コロナウイルスに翻弄された1年でした。2020年前期の講義はすべてオンラインで実施し、後期からは十分な感染予防対策を講じたうえで、対面式で実習・演習を実施しました。2021年度も、学生の皆さんの安全を第一に考え学内で感染クラスターを発生させないために、原則として講義はオンライン、実習・演習は対面式のハイブリッド型のカリキュラムを準備しています。今後も安全な学修環境の保持に最大限努力していきます。

5つのSTEPS図

5つの取り組み

1連携教育の実践 保健・医療・福祉・スポーツの6学部13学科の総合大学であるメリットを最大限に活かし、学部・学科の枠を超えて学ぶ「連携教育」を実践し、チーム医療をはじめとする「多職種間連携」について実践的に学びます。また、グローバル化に対する「国際連携」、医療サービスの効率化に向けた「地域連携」について学ぶ科目を配置し、これからの時代に必要とされる多面的な視野を持った地域医療の担い手を育成します。
2コミュニケーション力
の獲得
優れたQOLサポーターを育成するために、ディスカッション形式で行われる少人数制のゼミや日本語教育に関する科目を配置し、専門職として必要とされる高いコミュニケーション力が獲得できるようサポートしています。チームの一員として、そして対象者の気持ちに寄り添ったサポートを実現し、対象者自身がQOLを意識して自発的行動を起こせるようなコミュニケーション力を、4年間を通して磨いていきます。
3海外研修・
国際交流の推進
多くの学科で海外研修を実施し、毎年数多くの学生が参加しています。外国語という新たなコミュニケーションツールを獲得することで、得られる情報量も格段に増加します。また、世界の異文化に触れ世界を知ることで、自身が暮らす日本・地域の魅力や課題をあらためて認識する機会となります。世界を見て自分を知ることで、自ら課題を見つけ、主体的に判断し、行動し、より良く問題を解決できる能力を身につけます。
4地域貢献活動と
学生教育の融合
保健・医療・福祉・スポーツの第一線で活躍する教員が数多く在籍しており、それぞれが専門性を活かした地域貢献活動を行っています。学生はそうした活動に参加することで、専門分野の基本的な知識と技術を体系的に身につけると共に、地域の中で実践的に学ぶことができます。また、各学科での学びを活かした課外活動への参加を促し、その専門性を活用して地域社会に貢献しています。
5大学生活の充実 長い大学生活では、専門職としての知識・技術を「よく学ぶ」ことはもちろんですが、大学生活を通じて「よく遊ぶ」ことで、ふだんの授業や教科書では学ぶことのできない知識を数多く得ることができます。そのため本学では、クラブ・サークル活動、ボランティア活動などを積極的に支援しています。また、語学や芸術などの幅広い教養科目を通じて、真の保健・医療・福祉・スポーツのスペシャリストを育成します。

学長スピーチ・挨拶、メディア掲載等

学長室から

学長から教職員へ送られるメールマガジンの内容をご紹介しています。

このページのトップへ