チーム医療

チーム医療・ケアとは

保健・医療・福祉・スポーツの現場では、対象者一人ひとりに合わせた質の高いサービスを提供するために、様々な専門職が一つのチームを形成し、連携・協働しながら治療やケアを行います。多職種間で連携をすることで、各専門職による支援に加え、それぞれの専門性や視点を取り入れた包括的なプランに基づく支援が可能となり、患者や対象者一人ひとりの希望に沿った、きめ細かい治療やケアを実践することができます。

POINT!

就職センターでは、卒業生の就職先である医療福祉施設など237施設を対象に「卒業生への満足度」についてアンケート調査を行っています。2021年に実施された満足度調査※では【採用先が重要視する能力】と【採用した本学卒業生の印象】において、多くの項目で一致する結果となりました。これらの結果から、本学での学びや実践的な取り組みが、社会が求める能力の形成へ繋がっていることが明らかとなっています。また、自由記述において「コミュニケーション能力が高い」「協調性がある」などの声も多く見られ、本学卒業生が就職先から高い評価を得ていることがうかがえる結果となりました。

※ 採用実績が1名以上ある全国の医療福祉施設や一般企業で、過去3ヵ年(2018年3月~2020年3月に卒業)入職した者が入職した237施設を対象にした「就職先施設が求める能力の重要度」と「本学卒業生の印象」のアンケート調査の結果に基づく(一部抜粋)。

イラストで見る「チーム医療・ケア」

脳卒中で倒れた場合
この症例に関わる職種計18職種

脳卒中を発症すると手足の痺れや意識障害などの症状に加え、言語障害や半身麻痺などの後遺症が残る場合もあります。そのため、手術から入院・リハビリ・社会復帰までの場面で、多様な専門職のサポートが必要となり、専門職同士で連携しながら、きめ細やかなケアを行います。

STEP1救急搬送
STEP1救急搬送

救急救命士が容態を確認し、救急救命処置を行いながら病院へ搬送します。搬送先の病院では医師や看護師、医療事務スタッフなどが連携し、受け入れ対応を行います。

  • 救急救命士

    救急救命処置/
    救急搬送

  • 看護師

    救急搬送対応

  • 医療事務

    救急搬送手続

  • 医 師

    救急救命処置の指示

STEP 2検査・診断・手術
STEP 2検査・診断・手術

診療放射線技師はX線撮影などで身体内部を検査し、臨床検査技師は血液や脳波などの検査を行います。医師は検査結果をもとに、診断や手術・処置を行います。

  • 臨床検査技師

    血液検査/
    脳波などの検査

  • 診療放射線技師

    X線撮影/CT検査/MRI検査

  • 視能訓練士

    視力・眼圧・瞳孔・
    眼球運動の検査など

  • 看護師

    手術補助

  • 臨床工学技士

    生命維持管理装置
    などの操作・管理

  • 医 師

    症状の診断/手術

STEP 3入院・リハビリ
STEP 3入院・リハビリ

術後の状態や投薬の効果などを確認するため様々な検査を行い、容態に応じたケアやリハビリを行います。看護師を中心に、様々な専門職が患者情報を共有し、連携しながら支援プランを作成し、必要なサポートを「チーム」で行います。

  • 視能訓練士

    視力や視野などの
    視覚機能検査全般

  • 管理栄養士

    入院中の栄養管理

  • 看護師

    入院中のケア/
    復帰に向けた支援

  • 介護福祉士

    入院中の生活支援

  • 臨床検査技師

    血液検査/
    脳波などの検査

  • 臨床工学技士

    医療機器の操作/
    メンテナンス

  • 理学療法士

    基本動作・
    運動動作のリハビリ

  • 作業療法士

    日常生活動作の
    リハビリ

  • 言語聴覚士

    言語障害などの
    リハビリ

  • はり師・きゅう師

    痛みの緩和

  • 診療放射線技師

    術後経過の検査/
    画像撮影

  • 義肢装具士

    義肢や装具の製作・
    適合など

STEP4退院・社会復帰
STEP4退院・社会復帰

退院後の社会復帰に向けた様々な不安に対し、各専門職が連携し、安心して日常生活が送れるよう支援を行います。後遺症により、退院後も生活動作などで不便が生じる場合、訪問リハビリや生活指導を行い日常生活のサポートをします。

  • 社会福祉士

    入院費の相談/
    退院後の復帰支援

  • 医療事務

    入院費の計算・説明

  • 理学療法士

    退院後の生活指導/
    訪問リハビリ

  • 作業療法士

    退院後の生活指導/
    訪問リハビリ

  • 言語聴覚士

    退院後の生活指導/
    訪問リハビリ

  • はり師・きゅう師

    退院後の痛みの緩和/
    訪問鍼灸

  • 健康運動指導士

    運動機能向上に
    向けた運動指導

  • アスレティック
    トレーナー

    運動機能向上に
    向けた運動指導

  • 看護師

    退院後の生活指導/
    訪問看護

スポーツ選手が膝前十字靱帯を
損傷した場合
この症例に関わる職種計13職種

スポーツの現場では常にケガや事故が発生するリスクがあります。特に選手のケガに対しては、手術や治療はもちろん、競技復帰に向けたリハビリやトレーニング、メンタルケアなど多様な専門職のサポートが必要となり、専門職同士で連携しながら、効果的なケアを行うことが求められます。

STEP1救急搬送
STEP1救急搬送

スポーツチーム専属のアスレティックトレーナーが駆けつけ、選手の状態を確認し、アイシングやテーピングなどの応急処置を行います。救急車が到着してから、救急救命士が容態を確認し、処置を行いながら病院へ搬送します。搬送先となる病院では医師や看護師、医療事務スタッフなどが連携し、受け入れ対応を行います。

  • アスレティック
    トレーナー

    アイシングやテーピングなどの応急処置

  • 救急救命士

    救急救命処置/
    救急搬送

  • 看護師

    救急搬送対応

  • 医療事務

    救急搬送手続

  • 医 師

    救急救命処置の指示

STEP 2検査・診断・手術
STEP 2検査・診断・手術

診療放射線技師は、MRI検査や超音波検査などで損傷部の状態を検査し、医師は検査結果をもとに、診断や手術・処置を行います。手術を行う際は、臨床工学技士が医療機器の操作・管理を行います。

  • 臨床検査技師

    血液検査/
    脳波などの検査

  • 診療放射線技師

    X線撮影/CT検査/MRI検査

  • 臨床工学技士

    医療機器の操作/
    メンテナンス

  • 看護師

    手術補助

  • 医 師

    症状の診断/手術

STEP 3入院・リハビリ
STEP 3入院・リハビリ

前十字靱帯損傷の処置は、足をサポートする装具が必要となり、義肢装具士が製作・適合を行います。足のリハビリは、医師の指示のもとで理学療法士が行います。競技種目やケガの度合いによって支援内容も異なるため、専門職同士で患者情報を共有しながら、一人ひとりに合わせたきめ細かいサポートを行います。

  • 看護師

    入院中のケア/
    復帰に向けた支援

  • 医 師

    診断/経過観察

  • 理学療法士

    基本動作・運動動作の
    リハビリ

  • 義肢装具士

    ギプスなどの装具の
    製作・適合

  • はり師・きゅう師

    コンディションの回復

  • 管理栄養士

    入院中の栄養管理

  • アスレティック
    トレーナー

    競技復帰に向けた
    トレーニング

STEP4退院・競技復帰
STEP4退院・競技復帰

競技復帰に向け、アスレティックトレーナーは練習メニューの考案やトレーニング指導を行い、管理栄養士はトレーニング内容に応じた栄養管理や指導を行うなど様々な角度から競技復帰をサポートします。社会福祉士は、退院後の生活、選手活動の継続に困難が生じた場合に受けられる公的な支援や補助についてアドバイスやサポートを行います。

  • 社会福祉士

    支援・補助について
    アドバイスやサポート

  • 医療事務

    入院費の計算・説明

  • 管理栄養士

    栄養管理・指導

  • 理学療法士

    退院後の基本動作の
    リハビリ

  • はり師・きゅう師

    退院後の
    コンディションの回復

  • アスレティック
    トレーナー

    練習メニューの考案・
    トレーニング指導

認知症患者が事故により在宅生活支援を
必要とする場合
この症例に関わる職種計18職種

認知症は老化によるもの忘れとは違い、脳神経の変性による脳の一部の萎縮や、脳血管障害によって引き起こされます。認知症が進行すると理解力や判断力が低下し、社会生活や日常生活への支障が出てきます。また、在宅で認知症患者を介護する家族へのケアも重要となり、専門職同士による連携は欠かすことができません。

STEP1診断・サービス利用
STEP1診断・サービス利用

ひどい物忘れや理解力の低下、問題行動などから心配した家族が医療機関に相談し、認知症と診断されるケースは珍しくありません。今後の生活をサポートするために、地域包括支援センターの社会福祉士や保健師などと連携しサービス利用に関する手続き・支援を行います。

  • 医 師

    救急救命処置の指示

  • 臨床検査技師

    血液検査/
    脳波などの検査

  • 診療放射線技師

    X線撮影/CT検査/MRI検査

  • 臨床工学技士

    医療機器の操作/
    メンテナンス

  • 社会福祉士

    サービス利用への
    アドバイス・サポート

  • 保健師

    サービス利用への
    アドバイス・サポート

  • 看護師

    診断対応

STEP 2救急搬送・検査・手術
STEP 2救急搬送・検査・手術

認知症の進行による見当識障害が原因で、交通事故や転落事故などに見舞われるリスクがあります。受け入れ時に身元不明な患者の場合、社会福祉士が緊急対応として情報の把握(アセスメント)を行います。医師は検査結果をもとに、診断や手術・処置を行います。

  • 救急救命士

    救急救命処置/
    救急搬送

  • 看護師

    救急搬送対応

  • 医療事務

    救急搬送手続

  • 医 師

    救急救命処置の指示/
    診断/手術

  • 社会福祉士

    情報の把握

  • 臨床検査技師

    血液検査/
    脳波などの検査

  • 診療放射線技師

    X線撮影/CT検査/MRI検査

  • 臨床工学技士

    生命維持管理装置などの
    操作・管理

STEP 3検査・入院・リハビリ
STEP 3検査・入院・リハビリ

術後早期に、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などの専門職が連携してリハビリを始めます。社会福祉士は、リハビリの様子や経過をモニタリングしながら、患者とその家族をはじめ各専門職と今後の治療の見通しやサポートについてしっかりと話し合い、今後の支援に向けた連携を行っていきます。

  • 医 師

    治療・経過観察

  • 管理栄養士

    入院中の栄養管理

  • 看護師

    入院中のケア/
    復帰に向けた支援

  • 介護福祉士

    入院中の生活支援

  • 臨床検査技師

    血液検査/
    脳波などの検査

  • 臨床工学技士

    医療機器の操作/
    メンテナンス

  • 理学療法士

    基本動作・
    運動動作のリハビリ

  • 作業療法士

    日常生活動作の
    リハビリ

  • 言語聴覚士

    言語障害などの
    リハビリ

  • はり師・きゅう師

    痛みの緩和

  • 診療放射線技師

    術後経過の検査/
    画像撮影

  • 義肢装具士

    ギプスなどの装具の
    製作・適合

  • 社会福祉士

    情報の把握・支援策検討

STEP4退院・在宅生活への支援
STEP4退院・在宅生活への支援

社会福祉士は、退院に向けて患者の在宅環境の調査やサービス、調整を行います。医療機関のリハビリの専門職だけでなく、地域包括支援センターなど地域の社会資源と緊密に連携し、患者とその家族が安心して元の生活を再開できるようにコーディネートします。

  • 社会福祉士

    入院費の相談/
    在宅医療支援

  • 医療事務

    入院費の計算・説明

  • 看護師

    退院後の生活指導/
    訪問看護

  • 理学療法士

    退院後の生活指導/
    訪問リハビリ

  • 作業療法士

    退院後の生活指導/
    訪問リハビリ

  • 言語聴覚士

    退院後の生活指導/
    訪問リハビリ

  • はり師・きゅう師

    退院後の痛みの緩和/
    訪問鍼灸

  • 福祉住環境
    コーディネーター

    住宅改修プラン提示

  • 福祉用具専門
    相談員

    福祉用具に関する
    アドバイス

動画で見る「チーム医療・ケア」

家の階段から落ちたケース

急な頭痛に襲われたケース

このページのトップへ
×
「LINEでQ&A」スタート!(全214問!)
「新潟医療福祉大学公式アプリ」スタート!