スマートフォンサイトを見る

特色

チーム医療・ケアを学ぶ
連携総合ゼミ
学科を越えた連携で「チーム医療」・「チームケア」を学ぶ。

連携総合ゼミで「チーム医療・ケア」を実践的に学ぶ

「連携総合ゼミ」は、本学の特徴的な取り組みの一つである「連携教育」の一環として、4年次前期に開講されるゼミです。他学科の学生と混成で一つのチームを形成し、具体的な症例をもとに、グループワークを通じて支援策を検討します。学生は、これまで学内外で修得した専門知識・技術を活用し、他学科の学生と協働して課題に取り組むことで、将来「チーム医療・ケア」の現場で必要となる関連職種への理解やチームワーク技法について実践的に学びます。

01. 担当する専門職を理解

症例に対する支援策について、参考書などを用いながら自己学習を行い、自身が目指す専門職への理解・知識を深めます。


02. 他の専門職を理解

自己学習の成果をグループ内で発表し、各専門職の役割や専門用語などの情報を共有することで、他の専門職への理解を深めます。


03. 各専門職の支援策を共有

各専門職の立場から意見や支援策を出し合い、グループ内で支援策の内容を共有することで、他の専門職との連携について理解を深めます。


04. 協働して支援プランを作成

グループ内で共有した支援策をもとに、各専門職の立場から意見交換し、対象者に対して最善となる具体的な支援プランを作成します。


05. グループ発表

これまでの研究成果をグループ内で各自分担して、発表会に向けた資料作成を行います。発表会ではパワーポイントを使用して代表者が発表します。


「連携総合ゼミ」とは

本学の特徴的な取り組みの一つである「連携教育」の一環として、4年次前期に開講されるゼミ。これまで学内外で修得した専門知識・技術を総動員し、「チーム医療」を実践的に学んでいきます。


研究テーマ例

研究テーマ 脳性まひ(疑い)児と育児不安を持つ母への成長・発達支援

脳性まひの疑いと診断された対象児の運動や情緒の発達の問題について、家庭療育をするうえで有効な支援策を多職種で考えます。
【参加学科】 作業療法学科 義肢装具自立支援学科 健康スポーツ学科 看護学科 社会福祉学科

研究テーマ 高齢者糖尿病合併症の支援策

高齢者が抱える糖尿病の合併症の進展を抑制するため、生活管理(食事・運動・ストレスなど)および経済的負担における支援案を考えていきます。
【参加学科】 理学療法士 作業療法士 看護学科

研究テーマ 高齢者の骨折予防・治療と生活支援

骨粗鬆症・脆弱性骨折の治療や予防について、それぞれの専門領域の立場で再骨折予防のためのアプローチを立案します。
【参加学科】 理学療法士 作業療法士 健康栄養学科 看護師

Topic 大学・国籍の枠を越えた連携を実践! 

「連携総合ゼミ」では、本学が有する学科間の連携に加え、本学の学部構成にはない薬学部などを有する大学や海外の医療系大学と連携することで、より幅広い学びを実現しています。2017年度の連携総合ゼミでは、新潟薬科大学、日本歯科大学新潟短期大学、新潟リハビリテーション大学、陽明大学(台湾)、中山医学大学(台湾)、アンヘレス大学(フィリピン)、サント・トーマス大学(フィリピン)の学生がチームの一員として加わり、大学や国籍の枠を越えて「チーム医療・ケア」を実践的に学びました。

参加大学アンヘレス大学(フィリピン)、サントトーマス大学(フィリピン)、陽明大学(台湾)

連携総合ゼミ体験記

研究テーマ 脳卒中片麻痺者の自宅での生活

脳卒中により左片麻痺の後遺症を抱えた男性の自宅での生活支援をテーマに、関連する6学科の学生が一つのチームを形成し、その支援策を検討しました。リハビリテーションや薬剤調整、装具や福祉用具の活用、訪問看護による支援など、それぞれの専門職の立場から意見交換し、チームとして具体的な支援策を発表しました。

山田 智裕写真

理学療法学科4年
山田 智裕
青森県
弘前南高校出身

理学療法士として参加

対象者がより充実した生活が送れるように、外出に向けた身体機能の維持・回復や余暇活動を取り入れた支援策を考えました。最初は理学療法士の立場から積極的にリハビリを行うことが重要だと考えていましたが、他のメンバーと意見交換する中で、医療制度や医療費などについても考慮する必要があることに気づきました。自分だけでは気づけなかった視点に触れることができ、支援策を考える上で多職種間連携が重要であることを実感しました。


菅原 芙紀子写真

作業療法学科4年
菅原 芙紀子
山形県
鶴岡北高校出身

作業療法士として参加

対象者の運動機能の維持・向上を目的に、余暇活動を取り入れた支援策を考えました。他のメンバーから、対象者の希望に沿った具体的な目標を設定した方が良いとの意見があり、「夫婦で近隣の温泉に行くこと」を最終目標としました。このように、作業療法の視点だけでなく、多職種の視点を知り、互いに不足している情報を補うことで、より具体的な支援策を提案することができました。


小林 駿介写真

義肢装具自立支援学科4年
小林 駿介
長野県
長野日本大学高校出身

義肢装具士として参加

対象者の目標である「温泉旅行へ行くこと」を実現するため、移動能力の向上や浴室での転倒防止、また食事での飲み込みを念頭に置き、義肢装具や福祉装具を用いた支援策を考えました。支援策を検討していく中で、社会福祉士を目指す学生から保険制度について助言があり、経済的な視点を含めた支援策を考えることができました。多職種連携を行うことで、より踏み込んだ支援策に繋げられることをゼミを通じて実感できました。


高野 幸穂写真

視機能科学科4年
高野 幸穂
長野県
篠ノ井高校出身

視能訓練士として参加

対象者は年齢による老視だけでなく、脳卒中により左片麻痺の後遺症があるため、視野障害や眼球運動障害などの視機能低下に加え、緑内障や白内障のリスクが予想されました。私はこれら症状の早期発見に向けて定期的な眼科検診が必要だと考えましたが、意見交換をする中で、対象者は麻痺により転倒のリスクがあるため、検診時の移動や環境にも配慮した支援が必要であることを学びました。


春日 美菜子写真

看護学科4年
春日 美菜子
新潟県
十日町高校出身

看護師として参加

対象者は外出することを希望していましたが、排尿回数が多いため外出することに困難を感じているようでした。その中で、内服している薬剤が頻尿の原因の一つではないかと考え、医師と連携した薬剤調整を行い、排尿回数が減るよう支援策を考えました。また、他のメンバーから、福祉制度や、麻痺に伴う身体機能の予測について助言をもらえたことで、介護サービスの活用も交えながら、対象者の希望に沿った支援策を考えることができました。


本間 理子写真

社会福祉学科4年
本間 理子
新潟県
新発田中央高校出身

社会福祉士として参加

対象者の目標である「温泉旅行」を実現するため、利用可能な社会資源や福祉サービスを提案しました。また、対象者と関わることの多い奥様の負担を軽減するため、住み慣れた地域で家族と暮らしていけるような支援策も考えました。他のメンバーと意見を交わし、身体機能や健康状態など福祉専門職だけでは知ることのできない意見を聞けたことで、様々な角度から対象者を理解した上で、対象者に寄り添った支援策を考えることができました。

※学生の在籍学年は2017年度在籍時のものです。


このページの先頭へ戻る

閉じる 10.7sun オープンキャンパス
閉じる 推薦入試 お役立ち情報はこちら
閉じる 特別推薦入試って知ってる?