女子サッカー部

チーム紹介

競技力向上や指導者育成を通じて、学生アスリートの心身両面にわたる人間形成を支援する!

元Jリーグ名古屋グランパス選手、元ジェフユナイテッド市原・千葉強化部の秋山 隆之 部長(健康スポーツ学科准教授)のもと、『男子サッカー部』、『女子サッカー部』、『アルビレックス新潟レディース所属部員』の強化育成を図っています。女子サッカー部は、アローズ北陸(現カターレ富山)や関西国際大学サッカー部を率いた元日本代表選手の草木克洋監督が指揮をとり、全日本大学女子サッカー選手権大会や皇后杯全日本女子サッカー選手権大会の上位進出を目指しています。 また、女子サッカー部員は新潟県女子国体選抜の活動を支援し、北信越国体や本国体でベストを尽くしています。

本間詩帆選手 ノルディーア北海道へ加入!!

2019年12月に本間詩帆選手(2020年度卒業生/北海道文教大学明清高校出身)がノルディーア北海道への加入が決まりました。2021プレナスなでしこリーグ2部を舞台に2021シーズンを戦います。ご声援のほどよろしくお願いします!

本間詩帆選手

年間活動計画

4月 北信越女子サッカーリーグ
5月 北信越女子サッカーリーグ
6月 北信越女子サッカーリーグ
7月 北信越女子サッカーリーグ
8月 国民体育大会各地域予選(新潟県代表)、強化遠征
9月 皇后杯全日本女子サッカー選手権北信越大会、国民体育大会
10月 全日本大学女子サッカー選手権北信越大会
11月 皇后杯全日本女子サッカー選手権大会
12月 全日本大学女子サッカー選手権大会、皇后杯全日本女子サッカー選手権大会
1月 全日本大学女子サッカー選手権大会、通常練習(体育館・トレーニングセンターでの活動)
2月 通常練習(体育館・トレーニングセンターでの活動)
3月 通常練習(トレーニングセンター・アルビレッジでの活動)、強化遠征

戦績

4年ぶりのインカレベスト8進出!!

2020年12月に行われた全日本大学女子選手権(インカレ)に出場し(9年連続)、4年ぶりとなるベスト8進出を果たしました!

2020年度
  • 2020プレナスチャレンジリーグEAST 6位
  • 第42回 皇后杯JFA全日本女子サッカー選手権大会 北信越予選 準優勝
  • 第42回 皇后杯JFA全日本女子サッカー選手権大会 出場
  • 第29回 全日本大学女子サッカー選手権北信越大会 優勝
  • 第29回 全日本大学女子サッカー選手権大会 ベスト8
  • 2020北信越女子サッカーリーグ 出場
2019年度
  • 2019プレナスチャレンジリーグEAST 5位 総合11位
  • 第41回 皇后杯JFA全日本女子サッカー選手権大会 北信越予選 優勝
  • 第41回 皇后杯JFA全日本女子サッカー選手権大会 出場
  • 第28回 全日本大学女子サッカー選手権北信越大会 優勝
  • 第28回 全日本大学女子サッカー選手権大会 出場
  • 2019北信越女子サッカーリーグ 準優勝
2018年度
  • 2018プレナスチャレンジリーグWEST 4位 総合7位
  • 第27回 全日本大学女子サッカー選手権北信越大会 優勝
  • 第27回 全日本大学女子サッカー選手権大会 出場
  • 2018北信越女子サッカーリーグ 優勝
2017年度
  • 2017プレナスチャレンジリーグWEST 4位 総合8位
  • 第26回 全日本大学女子サッカー選手権北信越大会 優勝
  • 第26回 全日本大学女子サッカー選手権大会 ベスト16
  • 第39回 皇后杯全日本女子サッカー選手権北信越大会 優勝
  • 第39回 皇后杯全日本女子サッカー選手権大会 2回戦進出
  • 2017北信越女子サッカーリーグ 2位
2016年度
  • 2016プレナスチャレンジリーグWAST 6位
  • 第25回全日本大学女子サッカー選手権北信越大会 優勝
  • 第25回全日本大学女子サッカー選手権大会 ベスト8
  • 第38回皇后杯全日本女子サッカー選手権北信越大会 優勝
  • 第38回皇后杯全日本女子サッカー選手権 出場
  • 2016北信越女子サッカーリーグ 優勝
  • 第71回国民体育大会 希望郷いわて国体サッカー女子 優勝
    (2016年新潟県女子選抜:山谷瑠香、小川麻衣、松本苑佳、長沢菜月、小須田璃菜、高橋智子)
  • 第71回国民体育大会 希望郷いわて国体サッカー女子 出場
    (2015年 大分県女子選抜:恒益奉実)
    (2016年 鹿児島県女子選抜:増田玲那)
  • 第37 回北信越国民体育大会サッカー競技 出場
    (2016年富山県女子選抜:山谷幸)
  • 第43回東北総合体育大会サッカー競技 出場
    (2016年 青森県女子選抜:佐藤万里菜)
  • プレナスなでしこリーグ 1部 5位 (アルビレックス新潟レディース:女子部員)
  • 第38回皇后杯全日本女子サッカー選手権 準優勝(アルビレックス新潟レディース:女子部員)

練習環境・施設

J2アルビレックス新潟をはじめ、地域スポーツと連携した新しい形の強化、選手・指導者育成に取り組んでいます。練習試合では、J2アルビレックス新潟の胸を借り、プロ選手のプレーを肌で感じることにより、サッカーのみならず多くのことを学べる環境に恵まれています。

新潟聖籠スポーツセンター・アルビレッジ(サッカー部練習協力施設)

新潟聖籠スポーツセンター(通称:アルビレッジ)は、2002年FIFAワールドカップ日韓共催大会の開催を記念して整備された総合型スポーツ施設です。天然芝ピッチを3面、日本サッカー協会公認のロングパイル人工芝ピッチを3面(夜間照明有り)、屋根付きフットサルピッチ(人工芝)1面を有し、良質なプレー環境での練習が可能です。
また、クラブハウスには、フィットネスジムも完備し、フィジカルトレーニングも行えます。トレーニングセンターには、ランニングマシン、自転車エルゴメーターなどの有酸素系のトレーニングマシン、各種筋力トレーニングマシンやフリーウェイト等による筋力・パワー系のトレーニングマシン、その他調整力やバランス等のトレーニングのための用具等が準備されています。