NUHW AHTLETE SUPPORT NUHW AHTLETE SUPPORT

医療系総合大学だから成し得た
育成・サポート体制

医療・福祉・栄養・スポーツの医療系総合大学のメリットを最大限に活かし、
「リハビリ」・「栄養」・「スポーツ医科学」・「心理サポート」などの各専門スタッフから、
選手のパフォーマンス向上に向けたサポートを全面的に行っています。

  • 心理サポート

    学内には「スポーツカウンセリングルーム」が常設されており、受付時間内に自由に来談できます。スポーツ心理学の専門教員や専門家を目指す大学院生がサポート担当者となって、選手の主訴となる問題や危機(クライシス)に一緒に向き合い、歩みのプロセスに同伴し、選手自らの課題解決やさらなる成長・活躍の実現を縁の下で支えます。

  • メディカルサポート

    競技中に発生する多くのケガは、同じ動作の繰り返しや筋力・柔軟性の低下などが原因で生じます。本学ではスポーツ理学療法やアスレティックトレーニングを専門とする教員、それらを学ぶ学生による「メディカルサポート」を行い、シーズンを通した外傷・障害予防はもちろん、ケガに対する早期復帰を目指すサポートを行います。

  • 栄養サポート

    選手が最高のパフォーマンスを発揮するためには、日々のトレーニングはもちろん、「栄養管理」も非常に重要です。本学では、栄養に関する講習会などを通して選手のサポートを行い、栄養や食事面でも自己管理できる「自立した」選手の育成を目指します。

  • アルビレックスとの連携

    サッカー、バスケットボール、陸上、野球などのプロスポーツチームを運営する「アルビレックス」との連携により、スタッフの派遣や選手育成、合同練習などを行っています。トップレベルのコーチや選手との連携の中で、競技面だけではなく「アスリート」としての姿勢やマナーを学ぶことができます。

  • 科学サポート

    学内に設置された「アスリートサポート研究センター」では、選手へのサポート活動および研究活動を通じて、外傷・障害発生予防に向けたデータベースの構築、有効な治療法や予防法の開発、パフォーマンス向上のためのトレーニング方法の開発などを行っています。

  • トレーニングサポート

    日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー資格を有する教員や、本学アスレティックトレーナー部の実習学生による「アスレティックリハビリテーション」および「コンディショニング指導」、「ケガの応急処置」などのサポートを行います。選手のパフォーマンス向上や、早期競技復帰を目指します。