スポーツチャンネル


男子サッカー部

チーム紹介

チーム集合写真 元アルビレックス新潟強化部長 神田 勝夫 ゼネラルマネージャー(健康スポーツ学科教授)、元Jリーグ名古屋グランパス選手、イビチャ・オシム監督が率いた、前ジェフユナイテッド千葉強化部 秋山 隆之 部長(健康スポーツ学科准教授)、そして前桐光学園監督および中国のプロチームを率いた実績をもつ佐熊 裕和監督のもと、アルビレックス新潟をはじめ、地域スポーツと連携した新しいかたちのチーム強化、選手・指導者育成に取り組んでいます。北信越大学サッカーリーグ1部、新潟県社会人サッカーリーグ1部に所属する男子チームは、アルビレックス新潟専用グランドに隣接するアルビレッジ(JFA公認人工芝ピッチ)を使用して練習を行い、全日本大学サッカー選手権大会や総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント上位進出、北信越フットボールリーグ昇格を目指します。


これまでの主な戦績

●平成29年度

  • 第45回 北信越大学サッカーリーグ1部 優勝(5年ぶり3回目)
  • 第66回 全日本大学サッカー選手権大会 出場
  • 第41回 総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント北信越大会 3位
  • 2017新潟日報杯・NHK杯・共同通信杯 第22回 新潟県サッカー選手権大会 ~県代表決定戦~ 優勝(2年連続2回目)
  • 第97回 天皇杯全日本サッカー選手権大会 2回戦進出
  • インディペンデンスリーグ2017 北信越大会 優勝(3年連続3回目)
  • アットホームカップ2017 第15回 インディペンデンスリーグ 全日本大学サッカーフェスティバル 出場

●平成28年度

  • 第44回北信越大学サッカーリーグ1部 2位
  • 第65回全日本大学サッカー選手権大会・プレーオフ 出場
  • 第40回総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント北信越大会 1位
  • 第40回総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント 出場
  • 2016新潟日報杯・NHK杯・共同通信杯 第20回新潟県サッカー選手権大会 優勝
  • 第96回天皇杯全日本サッカー選手権大会 出場
  • アットホームカップ2016 第14回インディペンデンスリーグ
    全日本大学サッカーフェスティバル 出場
  • 平成28年度 新潟県サッカーリーグ1部 優勝

●平成27年度

  • 第43回 北信越大学サッカーリーグ1部 4位
  • 第39回 総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント北信越大会 3位
  • 新潟県サッカーリーグ1部 準優勝
  • 2015新潟日報杯・NHK杯・共同通信杯 第20回 新潟県サッカー選手権大会 ベスト4
  • アットホームカップ2015 第13回 インディペンデンスリーグ全日本大学サッカーフェスティバル 出場

監督からのメッセージ

向上心!

2005年度に発足した男子チームは、多くの方に支えていただき、2008・2009・2012・2017年度と全日本大学サッカー選手権大会(インカレ)に出場しました。また、2012・2016年度は全日本大学サッカートーナメント(総理大臣杯)、2016・2017年度は天皇杯にも出場しました。インカレ、総理大臣杯、天皇杯で学んだことを忘れず、部員1人ひとりが更なる向上心を持って練習に取り組むことを期待しています!

<経歴>
元桐光学園高等学校サッカー部 監督

元梅県客家足球倶楽部(中国サッカーリーグ)監督

(公財)日本サッカー協会公認 S級コーチ


指導者からのメッセージ

<経歴>
・元セレッソ大阪 - 横浜マリノス/横浜F・マリノス - アルビレックス新潟選手
・元日本代表選手
・前アルビレックス新潟取締役強化部長


新たなチャレンジ!

本学サッカー部員は、「男子サッカー部」、「女子サッカー部」、「アルビレックス新潟レディース」に所属し、国内外の試合で活躍しています。創部14年目の男子サッカー部は、大学選手権や総理大臣杯で上位進出を果たすため、国内トップレベルの指導者のもと、日々の練習に励んでいます。創部7年目の女子サッカー部は、2015年に昇格した「プレナスチャレンジリーグ」での活動をもとに、大学選手権上位進出を狙います。また、アルビレックス新潟レディース所属部員は、多くのアルビレックス新潟サポーターの皆様と共に、なでしこリーグ制覇に向けてベストを尽くします。これからも、新潟から大学サッカー界に“新たなチャレンジ”を仕掛けたいと思います。日々成長していく学生たちに温かいご声援を宜しくお願い申し上げます。

<経歴>
前ジェフユナイテッド市原・千葉 強化部・育成普及部

元名古屋グランパス選手


茶野隆行コーチの写真
目標を持って!

選手達には日頃から目標を意識して取り組むように伝えています。 1日を無駄にせず意識する事によって成長すると思っています。 個々が設定した目標を達成出来る様、自分の経験を活かし選手達のサポートを していきたいと思っています。

<経歴>
元 ジェフユナイテッド市原・千葉、ジュビロ磐田選手
元 日本代表選手
前 アルビレックス新潟トップチームコーチ
(公財)日本サッカー協会公認 A級コーチ


金井大樹コーチの写真
目標を持って!

社会に貢献できるように! 今までプロ生活を送ることができたのも、様々な方たちとの繋がりがあったからだと思っています。そういう繋がりが社会に出て本当に大切だと思うので、日頃からサッカーだけでなく社会に貢献できるような人になってもらいたいと思います。そのために全力でサポートします!

<経歴>
元アルビレックス新潟
元カターレ富山、ロアッソ熊本、大分トリニータ選手


選手からのメッセージ

2年 林 純平の写真 夢と恩返し
私の夢はプロサッカー選手になることです。プロとしてたくさんの観客の前でプレーすることが、支えていただいた方々への恩返しだと思います。本学はサッカーに集中できる最高の環境があり、自分の夢に向かって全力で取り組むことができます。自分の“夢”に向かって、日々を充実したものにしたいと思います。

<主な戦歴>
全国高等学校総合体育大会サッカー競技 ベスト16(2014)
全国高等学校総合体育大会サッカー競技 大会最優秀選手(2014)
全日本高等学校サッカー選手権大会 ベスト16(2014)
東北プリンスリーグ 準優勝(2014)
東北プリンスリーグ 得点ランキング2位(2014)


2年 霞 恵介の写真 感謝を忘れず
私はこれまでたくさんの方々に支えられ、高校生活までを送ってきました。
高校生活を通して、全国的に良い結果を残すことができたのは、監督やコーチ、先生方や一緒にトレーニングを行った部活の仲間、そして家族に支えてもらったおかげです。
支えてもらったみんなとは、試合に勝利した時には一緒に喜びを分かち合うことができました。また、試合に負けた時も次につながる温かい言葉をかけてもらいました。
今後もたくさんの方々に支えられていることへの感謝を忘れずに、日々頑張っていきたいと思います。新潟医療福祉大学のサッカー部員として支えてくれる皆さんと、たくさんの勝利をそして日本一という結果を目指していきたいと思います。

<主な戦歴>
高円宮杯U-18サッカープレミアリーグ 出場(2013・2014)
全国高等学校総合体育大会サッカー競技 第3位(2014)
全日本高等学校サッカー選手権大会 出場(2014)


2年 野村 祐一写真 未来の為に
私は今までサッカーを通して多くの方々と関わり、その中で大きく自分を成長させることができました。このサッカーという競技の魅力を多くの人達に届けたいと思い、私は将来‘サッカーに携わる仕事’に就くことを目指しています。新潟医療福祉大学では、競技者としてもサッカーを向上する環境・施設があり、また自分自身の夢を叶える為の授業や資格が取れます。ここ新潟でたくさんのことを学びたいと思っています。

<主な戦歴>
全国高等学校総合体育大会サッカー競技 出場(2014)


1年 指崎 尚大の写真 夢のために、努力!!
私はここまでサッカーを通して様々な経験をしてきました。たくさんの指導者にサッカーの楽しさを教えて頂きました。私はこの先の人生もスポーツ、サッカーと関わりたいと思い、将来はスポーツ、サッカーと関わりのある仕事に就くことを目指しています。ここまで楽しさを教えてもらっていた側だったので、将来は教える側に立って子どもたちにスポーツや、サッカーの楽しさを教えていきたいと思っています。新潟医療福祉大学では素晴らしい環境でサッカーが出来ので、プレイヤーとしても結果を残したいと思っています。私が目指している事を実現できる環境があり、保健体育の教員免許などの様々な資格を取得出来るので、この環境を十分に活かし、自分自身の夢を叶える為に最大限の努力をしていきたいと思っています。

<主な戦歴>
第94回全国高校サッカー選手権大会出場
平成27年度全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会
2015関東プリンスリーグ出場


1年 矢村 健の写真 夢の実現こそ、「恩返し」 
私は先日、日本高校選抜としてドイツに行きました。海外選手は私よりも数十センチも大きく、パワー、スピードでは劣ることもありました。しかし、その中でも通用することもいくつかありました。それは、集中力や諦めないこと、技術や細かい部分でした。そこで私はプロサッカー選手になり海外で活躍する」という夢を明確にすることができました。
また、このような経験ができたのも多くの方に支えられたおかげです。これまで不自由なくサッカーができたことが当たり前ではないと思います。今まで携わってくれた方には、 活躍でしか恩返しできないと思います。
大学では何もかも自己責任になりますが、決して自分に妥協することになく、感謝を忘れることなく夢に向かって全力で努力します。そして、必ず新潟医療福祉大学で日本一を取れます。

<主な戦歴>
日本高校選抜
平成27年度全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会準優勝
平成27年度 第94回全国高校サッカー選手権大会出場
高円宮杯U-18サッカーリーグ2015 プレミアリーグ イースト出場


1年 常盤悠の写真 「夢の実現」
私がここまでサッカーを続けられているのは、多くの人に支えられているからです。家族はもちろんですが、これまで関わってきた方々に感謝し、結果で恩返しするために日本一を目指し頑張ります。そして、私の夢はスポーツ関係の仕事に就くことです。本学では夢を実現するために色々な環境が整っています。従って、本学で夢の実現のため努力を惜しまず日々精進していきたいと思います。

<主な戦歴>
全国高等学校総合体育大会出場(2015・2016)
全国高校サッカー選手権大会出場(2015・2016・2017)
全国高校サッカー選手権大会 大会優秀選手
日本高校選抜(2017)


1年 橋本恭輔の写真 夢を叶えるために。
私はサッカーを幼いころからやっています。サッカーを今まで続けてこれたのは、家族、指導者、友人等の協力や支え、応援があったからです。そのおかげで全国優勝や、高校選抜として海外の大会に参加することができました。 私の夢はプロサッカー選手になるということです。夢を目指し、高校では厳しい環境に身を置き、大学でも夢を叶えるために新潟医療福祉大学を選びました。新潟医療福祉大学はサッカーに集中できる環境が整っています。卒業後にはプロサッカー選手になれるよう、感謝を忘れずに努力をし、頑張っていきたいと思います。

<主な戦歴>
日本高校選抜
平成28年度 全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会3位
平成28年度 第95回全国高校サッカー選手権大会優勝
高円宮杯U‐18サッカーリーグ2016プレミアリーグ優勝


1年 有田朱里の写真 夢実現のために 
私は市立船橋高校のサッカー部でたくさんの経験をしました。チーム内のレベルの高さもですが、対戦相手のレベルも高かったです。その中でも自分の武器であるスピードやシュートは通用していたので、大学でも自分の強みとして伸ばしていきたいです。また、先輩や同学年からたくさんの人が目の前でプロサッカー選手になっていくのを見て、すごく刺激を受けました。そこで私も大学を経由してプロになろうと強く思いました。そのために、新潟医療福祉大学では、日本一を目指し試合に出て活躍できるように日々努力していきたいと思います。

<主な戦歴>
平成29年度全国高等学校総合体育大会3位
高円宮杯U‐18サッカーリーグプレミアリーグ出場(2015・2016・2017)
全国高校サッカー選手権大会出場(2015・2016)


1年 シマブク カズヨシの写真 夢の実現こそ、「恩返し」 
私の夢は世界で通用するプロサッカー選手になることです。NIKE NEXT HEROでイタリア遠征に行きました。その時に感じたことがいくつかあります。まずはNIKEさんにこういったプロジェクトを立ててくれたことに感謝し、選ばれたのも監督やコーチ、チームメイト、家族が応援してくれたおかげだと思っています。イタリアとの試合では、私の長所であるドリブルやスピードは通用するものの、結果を残せなくてとても悔しい思いをしました。監督にもあとは結果を残すだけだと何度も言われてきました。新潟医療福祉大学では、もっと得点にこだわりチームに貢献できるように日々練習に取り組み、将来必ず世界で通用するプロサッカー選手になります!

<主な戦歴>
Jユースカップ2015優勝
高円宮杯U‐18サッカーリーグプリンスリーグ優勝(2016)
高円宮杯U‐18サッカーリーグプレミアリーグ出場(2017)
日本クラブユースサッカー選手権大会準優勝(2017)
「NIKE NEXT HEROプロジェクト」イタリア遠征参加(2018)


練習環境・施設

J1アルビレックス新潟をはじめ、地域スポーツと連携した新しい形の強化、選手・指導者育成に取り組んでいます。練習試合では、J1アルビレックス新潟の胸を借り、プロ選手のプレーを肌で感じることにより、サッカーのみならず多くのことを学べる環境に恵まれています。また、部員全員が新潟県ブラインドサッカー協会ご指導のもと、障害者と健常者が力を合わせて行う「ブラインドサッカー」に取り組むなど、様々な地域貢献活動を行っています。

新潟聖籠スポーツセンター・アルビレッジ(サッカー部練習協力施設)

アルビレッジの写真新潟聖籠スポーツセンター(通称:アルビレッジ)は、2002年FIFAワールドカップ日韓共催大会の開催を記念して整備された総合型スポーツ施設です。天然芝ピッチを3面、日本サッカー協会公認のロングパイル人工芝ピッチを3面(夜間照明有り)、屋根付きフットサルピッチ(人工芝)1面を有し、良質なプレー環境での練習が可能です。また、クラブハウスには、フィットネスジムも完備し、フィジカルトレーニングも行えます。


トレーニングセンター

トレーニングセンターの写真 ランニングマシン、自転車エルゴメーターなどの有酸素系のトレーニングマシン、各種筋力トレーニングマシンやフリーウェイト等による筋力・パワー系のトレーニングマシン、その他調整力やバランス等のトレーニングのための用具等が準備されています。トレーニングセンターは、運動処方等の授業や運動部のトレーニング、あるいは一般学生や教職員の体力づくり等に利用されています。


地域貢献活動

新潟県サッカースーパーリーグ

新潟県成年男子選抜チームの強化や、社会人リーグなどの試合運営・審判・記録員の育成を行っています。

Jリーグ運営

デンカビッグスワン開催のJリーグ試合運営ボールパーソン・タンカー係などのサポートを行っています。

日本視覚障害者サッカー選手権大会、ブラインドサッカー東北・北信越リーグ

新潟県ブラインドサッカー協会(新潟フェニックスファイヤーズ)の活動支援を行っています。

年間活動計画

4月 北信越大学サッカーリーグ、新潟日報杯・NHK杯・共同通信杯新潟県サッカー選手権大会、新潟県社会人サッカーリーグ
5月 北信越大学サッカーリーグ、新潟日報杯・NHK杯・共同通信杯新潟県サッカー選手権大会、天皇杯、新潟県社会人サッカーリーグ、全国社会人サッカー選手権新潟県決勝大会、新潟県サッカースーパーリーグ
6月 北信越大学サッカーリーグ、総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント北信越大会、天皇杯、新潟県社会人サッカーリーグ、全国社会人サッカー選手権新潟県決勝大会、新潟県サッカースーパーリーグ
7月 北信越大学サッカーリーグ、新潟県社会人サッカーリーグ、新潟県サッカースーパーリーグ
8月 総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント、インディペンデンスリーグ信越地区予選リーグ
9月 総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント、北信越大学サッカーリーグ、インディペンデンスリーグ信越地区予選リーグ、新潟県社会人サッカーリーグ
10月 北信越大学サッカーリーグ、インディペンデンスリーグ信越地区予選リーグ・北信越代表決定戦、北信越サッカー県社会人リーグ決勝大会
11月 北信越大学サッカーリーグ、北信越サッカー県社会人リーグ決勝大会、新潟日報杯・NHK杯・共同通信杯新潟県サッカー選手権大会
12月 全日本大学サッカー選手権大会、全日本大学サッカー新人戦大会、強化試合(Jリーグチーム)
1月 自主練習期間、通常練習(大学体育館・トレーニングセンター・アルビレッジでの活動)
2月 通常練習(大学体育館・トレーニングセンター・アルビレッジでの活動)、関東遠征
3月 通常練習(トレーニングセンター・アルビレッジでの活動)、関東遠征、強化試合(Jリーグチーム)

トピックス

日本サッカー協会公認C級コーチ、8年連続で合格率100%を達成!

本学学内で日本サッカー協会公認C級コーチ(日本スポーツ協会公認指導員)の講習および受験が可能です。日本サッカー協会指導員養成担当でもある若杉透教授の指導のもと、見事8年連続、受験者全員合格を達成しました。サッカーを通じて地域に貢献し、さらにサッカーの素晴らしさを伝える指導者の育成を目指します。

 

男子サッカー部からJリーガー誕生!

・MF比嘉諒人 選手(アルビレックス新潟ユース出身) 卒業年度:2012年度
卒業後の入団チーム:岐阜FCセカンド(東京国体優勝) → 岐阜FC

・GK横山卓司 選手(富岡高校出身) 卒業年度:2012年度
卒業後の入団チーム:グルージャ盛岡

・FW中田大貴 選手(富山第一高校出身) 卒業年度:2014年度
卒業後の入団チーム:カターレ富山

日本のトップリーグで活躍する3選手に温かいご声援をよろしくお願いいたします!

日本サッカー協会公認C級コーチ、8年連続で合格率100%を達成!

本学学内で日本サッカー協会公認C級コーチ(日本スポーツ協会公認指導員)の講習および受験が可能です。日本サッカー協会指導員養成担当でもある若杉透教授の指導のもと、見事8年連続、受験者全員合格を達成しました。サッカーを通じて地域に貢献し、さらにサッカーの素晴らしさを伝える指導者の育成を目指します。