スポーツチャンネル


硬式野球部

チーム紹介

硬式野球部写真 新潟県の高校野球を長きに渡り牽引し、全国大会上位進出の実績を持つ佐藤和也監督のもと、全日本大学野球選手権、明治神宮野球大会の全国大会出場および日本一を目指します。また、保健・医療・福祉・スポーツの総合大学である特色を活かし、選手を総合的にサポートします。障害予防の研究、野球の普及や指導者育成の活動も行っていきます。


これまでの主な戦績

●平成29年度

  • 春季1部リーグ戦 5位 2勝8敗 勝点1
  • 新人戦 優勝(2年連続2回目)
  • 秋季1部リーグ戦 4位 4勝8敗 勝点2
    ベストナイン 熱田隆介(遊撃手 2回目)
    個人賞 熱田隆介(首位打者)

●平成28年度

  • 春季1部リーグ戦 2位 9勝4敗 勝点4 ベストナイン 笠原祥太郎(投手)、熱田隆介(遊撃手)
  • 個人賞 笠原祥太郎(最優秀防御率、最多勝利投手)
  • 新人戦 優勝(初)
  • 秋季1部リーグ戦 5勝8敗 勝点1 5位
    ベストナイン 水石英佑(外野手)
    個人賞 水石英佑(首位打者、最高出塁打者)

●平成27年度

  • 春季2部リーグ戦 7勝3敗 優勝
    1部・2部入替戦 2勝0敗 1部昇格
  • 新人戦 準優勝
  • 秋季1部リーグ戦 4勝9敗 6位
    1部・2部入替戦 2勝0敗 1部残留

部長からのメッセージ

明治神宮野球大会へ

新潟明訓高校で甲子園に8度の出場を誇る佐藤和也監督が、創部と同時に監督として就任して、わずか4年で関甲新1部リーグ2位にまで到達し、全国大会出場を狙えるまでに成長してきました。そしてさらに、1期生からプロ野球選手も誕生しました。これから私たちと全国大会出場および日本一を目標に新潟医療福祉大学硬式野球部の歴史を作っていきましょう。

<経歴>
博士(学術)
日本体育大学→金沢大学大学院出身
日本健康運動指導士会新潟県支部長


監督からのメッセージ

日本一を目指します

近年、新潟県の野球は、高校野球・社会人をはじめ、全国大会での活躍が目覚しくなってきています。しかし、新潟県の大学は、硬式野球部が少なく、大学野球があまり浸透していません。大学野球を盛り上げ、新潟県の野球発展に貢献できるよう、小学校から社会人が繋がる活動をし、新潟から神宮へ、そして日本一を目指します。また、関連病院の新潟リハビテーション病院と連携し、野球を断念しなければならないような重大な障害の予防や故障を繰り返さないための動作改善の研究、地域と連携した野球教室、指導者育成など総合大学の特色を活かした取り組みも行っていきたいと考えています。

<経歴>
長岡高校→日本体育大学出身
新潟明訓高校
野球部監督(1984~2012)
甲子園出場 夏7回(ベスト8 1回)、春1回


指導者からのメッセージ

大矢 真史コーチの写真
硬式野球部の歴史を作りましょう

2013年度より硬式野球部の歴史が始まりました。大学野球は自己管理・自己責任を基とした活動となります。その中で、野球を通じて自分と向き合い、考え、実践することで、人間的成長に結びつくように、コーチとして皆さんの自己実現のサポートをします。私自身、選手として受けた指導や、経験してきた事を選手に伝えて還元していきたいと思っています。新潟から大学野球の聖地、神宮を先輩・仲間と目指し、硬式野球部の歴史を作り、共に成長していきましょう。

<経歴>
新潟明訓高校→中京大学出身
元鷺宮製作所選手
元NOMO BASEBALL CLUB選手
健康運動指導士


野球のちからで新潟を元気に!

リーグ戦優勝そして大学日本一を目指しながら、学生の成長と部の発展に全力を尽くします。また、野球を通して得たことを全ての部員が大学卒業後の世界でも存分に発揮し、社会でも活躍できる人材へと成長していくためのサポートをしていきます。新潟医療福祉大学硬式野球部での活動を通して、新潟の地から、野球というスポーツの持つ力、その価値を広く社会に発信し、100年後も多くの人々に支持されるスポーツにしていきたいです。

<経歴>
智辯和歌山高校→ 早稲田大学出身
第79回全国高等学校野球 選手権大会 優勝
早稲田大学大学院修士(スポーツ科学)


選手からのメッセージ

4年 安野 颯人の写真 新潟野球界の発展のために
ゼミ活動などを通して野球を楽しく学び、野球教室などを通じて野球の楽しさを伝えています。神宮大会出場、大学日本一を目指すだけでなく、新潟県の野球界発展に努めています。また、自分自身と向き合い、練習メニューを自分自身で考えるなど、主体的な野球部を目指しています。


4年 水石 英佑の写真 日本一を目指して
受け継いだ伝統を大切に、最上級生が中心となって日本一に向けたチームづくりを行っています。チームに貢献するには試合で活躍することだけではなく、部内の委員会活動を通して貢献することも大切です。一人ひとりに役割があるチームづくりを行い、目標である日本一を目指します。


4年 漆原 大晟の写真 自主性
野球部では美化、交通安全、広報などの委員会活動にも力を入れ、選手間で役割分担をし、各選手がチームに貢献しています。また、自分自身やチームに向き合う時間を持つことも大切にし、その時間で自分自身やチームに足りないものに気づき、選手自らが克服する努力をしています。各選手が自主性を持ち、大学日本一に向けて頑張ります!

<主な戦歴>
第94回全国高等学校野球選手権大会(2012)


4年 上野 空の写真 学生トレーナーとして部に貢献
本学は、理学療法士を目指しながら、硬式野球部に所属し野球に打ち込める環境があります。私は、1、2年時は選手、3年時からトレーナーとして活動しています。学科の勉強と野球部での活動を両立することは大変ですが、その分とてもやりがいがあります。トレーナーとして部に貢献し、日本一を目指します。


3年 治田 丈の写真 野球と資格取得の両立
本学を選んだ理由は、地元でレベルの高い野球部があり、さらに様々なスポーツの資格が複数取得できる環境があるからです。野球部の全体練習は3時間ほどで、練習以外の時間は個々の競技力向上や資格取得に向けての勉強など、自分の目標に向けた時間に充てることができます。「大学日本一」と「資格取得」の両方を実現したいです。

<主な戦歴>
第97回全国高等学校野球選手権大会(2015)


2年 廣瀬 代河の写真 文武両道
私は、臨床技術学科初の硬式野球部員です。野球部の監督、コーチをはじめチームメイトや臨床技術学科の先生方のサポートもあり、大好きな野球と日々充実した大学生活が送れています。野球では、全体練習、自主練習などと時間を有効に活用し取り組んでいます。野球と勉学の両立は大変ですが、大好きな野球ができることに感謝し、人間として大きく成長したいと思います。


所属選手一覧はこちら

練習環境・施設

硬式野球グラウンド

硬式野球グラウンドの写真 硬式野球グラウンド(両翼101m、中堅120m)があります。また、全面人工芝が施された屋内野球練習場やトレーニングセンターを有し、悪天候時や冬季の練習にも対応できる環境が整っています。


屋内野球練習場

硬式野球練習場の写真全面人工芝が施された屋内野球練習場には、各種ピッチングマシーンを設備し、バッティング練習(2ヵ所)、ピッチング練習(3ヵ所)が同時に行えるスペースを有しています。


年間活動計画

4月 春季リーグ戦
5月 春季リーグ戦
6月 新人戦
7月 通常練習
8月 通常練習
9月 秋季リーグ戦
10月 秋季リーグ戦
11月 通常練習
12月 自主練習
1月 通常練習
2月 通常練習
3月 通常練習 春季キャンプ

トピックス

トピックス写真 障害予防や野球の普及に取り組む

新潟県青少年野球団体協議会の主催する「新潟青少年ベースボールフェスタ」などで野球教室を行い、障害予防や野球の普及に取り組んでいます。野球教室では故障しない身体の使い方や投げ方の基本を中心に指導しています。また高校生と練習試合や合同練習を行い、県全体のレベルアップに繋がるよう活動しています。


このページの先頭へ戻る