硬式野球部

チーム紹介

新潟から野球の未来をつくる

新潟県の高校野球を長きに渡り牽引し、全国大会上位進出の実績を持つ佐藤和也総監督のもと、スタッフと部員が一丸となって全日本大学野球選手権、明治神宮野球大会の全国大会出場および日本一を目指します。また、保健・医療・福祉・スポーツの総合大学である特色を活かし、選手を総合的にサポートします。また、傷害予防や野球の普及、次代を担う指導者育成を野球教室などを通して積極的に行っています。

プロ野球の舞台で活躍する卒業生!

中日ドラゴンズ笠原祥太郎投手(2016年度卒業生)は「2018日米野球」に日本代表として出場したほか、2019年プロ野球開幕投手を務めるなど、プロ野球界の第一線で活躍しています。また、オリックス・バファローズ漆原大晟投手(2018年度卒業生)は育成選手ながら2019年ウエスタンリーグ最多セーブ投手賞を獲得し、2020年2月に支配下登録されるなど、本学卒業生が活躍を見せています。

笠原投手

傷害予防や野球の普及に取り組む

部活動はもちろん、大学の授業やゼミ活動で野球の知識と指導方法を学んだ選手たちとともに、新潟県各地で数多くの野球教室を行い、傷害予防や野球の普及に取り組んでいます。野球教室では、故障しない身体の使い方や投げ方の基本を中心に指導しています。また、高校生と練習試合や合同練習を行い、県全体のレベルアップに繋がるよう活動しています。

年間活動計画

※2019年度の活動計画です。

4月 春季リーグ戦
5月 春季リーグ戦
6月 新人戦
7月 通常練習
8月 通常練習
9月 秋季リーグ戦
10月 秋季リーグ戦
11月 通常練習
12月 自主練習
1月 通常練習
2月 通常練習
3月 通常練習 春季キャンプ

戦績

秋季リーグにて最多勝!

2019年度にチームのエースとして活躍した飯塚亜希彦投手(2019年度卒業生)が、2019年秋季リーグにて4勝をマークし、自身初の最多勝(タイ)のタイトルを獲得しました!

2019年度
  • 春季1部リーグ戦 6位
    個人賞 河野誠也(ベストナイン:遊撃手)
  • 新人戦 優勝
  • 秋季1部リーグ戦 4位
    個人賞 飯塚亜希彦(最多勝)
    個人賞 荒井朋範(ベストナイン:外野手)
2018年度
  • 春季1部リーグ戦 6位 4勝9敗 勝点1
    個人賞 荒木陵太(最多打点打者)
  • 新人戦 準優勝
  • 秋季1部リーグ戦 5位 3勝8敗 勝点1
2017年度
  • 春季1部リーグ戦 5位 2勝8敗 勝点1
  • 新人戦 優勝(2年連続2回目)
  • 秋季1部リーグ戦 4位 4勝8敗 勝点2
    ベストナイン 熱田隆介(遊撃手 2回目)
    個人賞 熱田隆介(首位打者)
2016年度
  • 春季1部リーグ戦 2位 9勝4敗 勝点4
  • ベストナイン 笠原祥太郎(投手)、熱田隆介(遊撃手)
  • 個人賞 笠原祥太郎(最優秀防御率、最多勝利投手)
  • 新人戦 優勝(初)
  • 秋季1部リーグ戦 5勝8敗 勝点1 5位
    ベストナイン 水石英佑(外野手)
    個人賞 水石英佑(首位打者、最高出塁打者)
2015年度
  • 春季2部リーグ戦 7勝3敗 優勝
    1部・2部入替戦 2勝0敗 1部昇格
  • 新人戦 準優勝
  • 秋季1部リーグ戦 4勝9敗 6位
    1部・2部入替戦 2勝0敗 1部残留

練習環境・施設

硬式野球グラウンド・屋内野球練習場・ブルペン

硬式野球グラウンド(両翼101m、中堅120m)のほかに、バッティング練習(2カ所)、ピッチング練習(3カ所)が同時に行える全面人工芝が施された屋内野球練習場や6人同時投球が可能でナイター設備もあるブルペンを有し、悪天候時や冬季の練習にも対応できる環境が整っています。