奨学金制度

奨学金制度

学生の学ぶ意欲に応える奨学金制度

新潟医療福祉大学独自の学費等支援制度

最大で4年間の授業料を全額免除!

「新潟医療福祉大学 特待生制度」は、最大で4年間の授業料が全額免除となる【A特待生】と、1年次の授業料が全額免除となる【B特待生】の2つの特待生区分を設けています。特待生は、【一般入試(前期日程)】および【AO・推薦等合格者対象 特待生選抜試験】の受験者に共通で課される科目試験の得点上位70名程度を対象に選抜します。
いずれの試験区分も試験日を2日間で実施するため、どちらかの試験日のみの受験はもちろん、2日間受験も可能です。なお、2日間の試験日を両日受験する場合は、高得点の試験日の点数を採用して選抜するため、特待生採用のチャンスがさらに広がります。

新潟医療福祉大学 特待生制度

対象者 「一般入学選考試験(前期日程)」および「AO・推薦等合格者対象 特待生選抜試験」受験者
対象人数
選考方法
【A特待生】
30名程度
●総得点率が70%以上の者で、以下のいずれかの条件を満たす者
 1.対象者全体において、得点順位15位以内の者
 2.各学科の得点上位者で、各学科の入学定員等により定められた採用人数(1名~4名程度)に該当する者
   ただし、各学科の採用人数には1.の条件により採用された対象者を含みます
【B特待生】
40名程度
対象者全体において、A特待生を除く得点上位の者
免除内容 【A特待生】
 最大で4年間の授業料を全額免除(入学金、施設設備金、実験実習料を除く)
 ただし、2年次以降の継続には、本学が定める審査を通過することを条件とします
【B特待生】
 1年次の授業料を全額免除(入学金、施設設備金、実験実習料を除く)

【AO・推薦等合格者対象 特待生選抜試験】
AO入試・推薦入試・社会人等特別入試に合格し入学手続きを完了した方も、「AO・推薦等合格者対象 特待生選抜試験」を受験することで、入学の権利を保持したまま「新潟医療福祉大学 特待生制度」にチャレンジすることが可能です。特待生に採用された際は、最大で4年間の授業料が全額免除となります。
※一般入試(前期日程)の受験者は、試験会場を問わず自動的に特待生選抜の対象となりますので、「AO・推薦等合格者対象 特待生選抜試験」に出願する必要はありません。

新潟医療福祉大学 奨学金制度(給付型)

名称 新潟医療福祉大学 奨学金制度 新潟医療福祉大学 学資融資奨学金制度
出願資格 経済的理由により修学が困難であり、かつ成績が優秀な学生 経済的理由により、修学が困難である学生
採用人数 30名(2~4年次) 上限50名(1~4年次)
給付金額 25万円(年額) 融資元本300万円を上限とする
教育ローンの利子相当額
選考方法 書類審査および面接

特待生制度や奨学金制度等の詳細につきましては、7月発行予定の【平成31年度 学生募集要項】にてご確認ください。

教育ローン

種類 提携教育ローン 国の教育ローン
悠裕プラン
(ジャックス)
学費サポートプラン
(オリエントコーポレーション)
融資額 500万円(1回当たりの限度額は年間学納金相当額) 学生・生徒
お一人につき350万円以内
金利 年率2.5% 年率2.5% 年1.76%(固定金利・保証料別)
※母子家庭、父子家庭または世帯年収200万円(所得122万円)以内の方
または子ども3人以上の世帯かつ世帯年収500万円(所得346万円)以内の方は年1.36%


国や地方公共団体・民間育英団体の学費等支援制度

日本学生支援機構 奨学金

名称 第一種奨学金 第二種奨学金 給付型奨学金
利子 無利子 有利子
(上限年利率3.0%)
貸与月額 自宅通学生  2万円、3万円、4万円、5万4千円から選択
自宅外通学生  2万円、3万円、4万円、5万円、6万4千円から選択
2万円~12万円(1万円刻み) 給付金額・給付基準は
日本学生支援機構HPをご確認ください。

■入学時特別増額貸与奨学金
第一種奨学金や第二種奨学金の初回振込時に、10万円・20万円・30万円・40万円・50万円のいずれかで希望する額を上乗せして貸与する制度です。 ※貸与条件あり。※詳細は日本学生支援機構HP等で必ずご確認ください。

■予約採用制度
高校卒業後の進学に備えて、高校3年次に予約できる制度です。 ※詳細は在学している学校にご確認ください。

日本学生支援機構HP別窓で開きます

地方公共団体の奨学金 (新潟県・新潟市の場合の一例) <2017年度実績>

名称 新潟県奨学金 新潟市奨学金 新潟県看護職員
臨時修学資金
対象 新潟県内居住者の子弟であり、学力ともに優秀で、経済的理由により修学が困難な者 本人または本人の保護者が新潟市内に住所を有し、心身共に健全で、学業に優れ、かつ、修学のために経済支援を行うことが適当であると認められる者 保健師・助産師・看護師・准看護師の学校養成所に在学している者
※成績基準・所得基準あり
利子 無利子
貸与月額
自宅通学:4万4千円(月額)
自宅外通学:5万1千円(月額)
40万円(年額) 5万円(月額)
※指定された施設または地域で、指定された年数勤務した場合、返済が免除されます。

※ 成績基準・所得基準等、詳細はお住まいの地方公共団体へお問い合わせください。

○教育ローンコールセンター TEL:0570-008656(ナビダイヤル)または、03-5321-8656
 受付時間 【月~金】9:00~21:00 【土】9:00~17:00 ※日曜日、祝日、年末年始(12/31~1/3)はご利用いただけません。
○ホームページアドレス http://www.jfc.go.jp/別窓で開きます(直接申込み可能)

このページのトップへ
閉じる 推薦入試 お役立ち情報はこちら