スマートフォンサイトを見る

文字サイズ

健康栄養学科

学びの特色

学びの特色

1.総合大学での学びにより、あらゆるフィールドで活躍する管理栄養士を育成。

「栄養(食)」に関する高度な知識や技術をベースに、総合大学の強みを活かして、「臨床」「リハビリ」「スポーツ」「福祉」など、他分野と融合した教育・研究活動を展開しています。これにより、病気の予防や治療、健康の維持・増進、アスリートの支援、介護、食品開発など、あらゆるフィールドで活躍できる管理栄養士を育成します。

イメージ図


2.学生個々のニーズに対応する、多様な資格取得。

卒業年に【管理栄養士国家試験受験資格】および【栄養士】を取得することができます。さらに必要な科目を選択することで【栄養教諭一種免許】や【フードスペシャリスト】、【NR・サプリメントアドバイザー】など、学生の希望に合わせて様々な資格取得を目指すことが可能です。

イメージ図


3.臨床分野に強い管理栄養士の育成。

解剖生理学や臨床医学など、将来、医療現場で活躍するために必要となる「医学系科目」を数多く配置しています。さらに、総合大学のメリットを活かし、看護やリハビリなどの医療系学科の学生とともに「チーム医療」の一員として活躍するための学びを深めます。

イメージ図


4.実践力を磨く独自の教育環境。

「栄養(食)」に関連する様々な課外活動を通して、将来、各フィールドで活躍するための実践力を身につけます。

地域等における課外活動例

● 行政と連携した活動
・ 高校生を対象とした朝食簡単講習会でのレクチャー・レシピ提案
 (五泉市健康福祉課との連携事業)
・ 働く世代の健康づくりを食生活面から支援する「昼食サラメシ充実事業」に参加
 (三条地域振興局 健康福祉環境部との連携事業)

● アスリートに関わる活動
新潟市で飲食店を展開する株式会社キタカタと新潟アルビレックスランニングクラブに所属する選手と協同し、アスリート向けのメニューを考案・店舗で販売

● 高齢者に関わる活動
学科教員による地域高齢者(新潟市)を対象とした調理講座に学生がサポートスタッフとして参加し、参加者とともにサルコペニア予防の食事づくりを実践

● レシピコンテスト等への参加
学生自らの各種料理コンテストへの参加

TOPICS

地域高齢者への低栄養予防活動
イメージ写真

本学科の教員と学生は、医療職や他学科の学生とともに、地域高齢者の健康長寿を促進する活動の一環として、高齢者の低栄養予防やサルコペニア(筋量の減少や身体機能の低下により、自立生活が困難になること)の予防に取り組んでいます。病気の際は安静が必要ですが、健常高齢者も長期間低活動だと瞬く間に筋量が低下します。低活動だとお腹もすかず、食事も簡単になりがちです。高齢化社会において、栄養と身体活動の意義を伝える活動に努めています。

三条地域昼食充実プロジェクトに参加
イメージ写真

三条保健所が主催する産官学連携による三条地域昼食充実プロジェクトに参加しました。脳卒中対策が重点課題であることから、減塩かつ野菜たっぷりでも満足感のある昼食弁当を2種類開発し、10~11月には地元配達弁当業者の方から販売いただきました。利用者の方からは彩りが良く美味しかった、食生活を見直すきっかけになった、継続して欲しいなどの反響がありました。今後も関係者の方と連携して、地域の健康づくりや生活習慣病予防に役立つ食の提案をしていきます。

産学連携の健菜メニューの企画販売
イメージ写真

新潟市を中心に飲食店を展開する株式会社キタカタとの連携健康企画の一環として、協働で飲食店で提供するメニューを考案しました。学生が考えたテーマである「彩」「旬」「噛」を基本に、新潟の秋の食材を使用し、一食に必要な野菜量が摂れる“健菜メニュー”を開発しました。実際に飲食店でも提供され、お客様からも好評価をいただくことができました。今後も本学科では、このように外部機関との連携を継続し、健康面に配慮した食環境づくりを進めていきます。

地域活動支援センタードリームカレッジとの連携“食育”
イメージ写真

本学科では、地域貢献活動の一環として、2016年度からドリームカレッジ(知的・発達障がい者支援センター)との連携による“食育”を行っています。2017年度には「バランスの良い弁当作り」をテーマに、持参した弁当の食事バランスの確認や調理実習を行い、ドリームカレッジの方々が学習成果の発表を行いました。
今後もこのような活動を通して、福祉施設などの他機関との連携を継続し、体験的に“食育”の理解を深めていきます。

夏の講座 ~低栄養・脱水予防、および摂食嚥下機能低下時の食事について~
イメージ写真

2017年8月23日に実施した「第3回健康栄養学科夏の講座」は、「低栄養・脱水予防および摂食嚥下機能低下時の食事」をテーマとして実施しました。健康栄養学科3年生7名が中心となり、実際に問題を抱える地域高齢者の方やそのサポートをする家族が日常の食事に役立てられるようなメニューを紹介しました。学生は、食材の選び方、調理時の工夫等を説明しながら試食を交えてメニューを紹介し、参加者からは、「どのメニューもおいしくとても参考になった」との嬉しいコメントをいただきました。

地域高齢者への講演・相談会活動
イメージ写真

新潟県内の医療職で組織する「新潟高齢者の栄養と摂食を支える会」のメンバーとして、地域の高齢者に対して栄養管理と摂食に関する面から支援活動を行っています。いつまでも口から食べることができるような状態を保つために、誤嚥性肺炎や低栄養を予防するための講演会や相談会、調理実習などを定期的に行っています。相談会には、健康栄養学科の学生も参加しており、授業で学んだ内容を地域高齢者の支援に役立てています。

学生による学会等発表
イメージ写真

大学は教育および学術研究(社会におけるあらゆる現象の真理や基本原理の発見を目指して、好奇心・探求心をもって行う知的創造活動)を行う機関です。そこで当科の学生も、机上の学習だけではなく、「卒業研究」を行いより深い専門性を身につけています。研究の内容は、論文にまとめることは勿論のこと、学会(研究の発表、情報・意見交換などを行う研究者の集会)などでも積極的に発表しています。例えば、新潟栄養・食生活学会、日本栄養改善学会、日本病態栄養学会、日本体力医学会、日本調理科学会、食と花の国際シンポジウムなどに参加し、口演(パワーポイントなどで内容を説明し、討論を行う方法)や示説(パネルに掲示した内容を説明し、討論を行う方法)での発表を行っています。

大学院 臨床栄養コース

イメージ写真

管理栄養士は、「食」を通して人の命を支える専門職として、栄養分野における科学と技術の修得に努めると共に、他の専門職と連携できる能力が求められています。そこで本学では、その能力を高めるため、大学院に「臨床栄養専門コース」を設けています。本コースでは、臨床現場の第一線で活躍している医師、管理栄養士、看護師、言語聴覚士などによる講義や演習、半年間のインターンシップ(病院での実習)などのカリキュラムが配置され、高度な知識と技術を兼ね備えた管理栄養士を育成しています。

このページのトップへ