スマートフォンサイトを見る

文字サイズ

作業療法学科 学科オリジナルサイトはこちら

ますます広がる作業療法士の活躍の場。時代が求める幅広いニーズに対応するエキスパートを育成。

作業療法学科では、卒業時に作業療法士国家試験受験資格を取得するカリキュラムを配置し、「からだ」の機能回復だけではなく、「こころ」「子ども」「高齢者」など、ますます広がる作業療法士へのニーズに対応できる、高い専門性と実践力を身につけた作業療法士を育成することを目的としています。

合格率・内定率

目標とする資格

学びの特色

作業療法士に求められるすべての領域を学ぶ。
イメージ図

作業療法士は、“人の生活”に密接に関わりながら心身機能を回復させ、日常生活の獲得や地域活動への参加を支援する専門職で、「からだ」の機能回復だけでなく、「こころ」「子ども」「高齢者」など、多様な領域でその専門性が求められています。また近年では、「地域包括ケアシステム(地域における医療・介護・予防・住まい・生活支援を一体的に支援するシステム)」においても、その中核としての活躍が期待されています。本学科では、幅広い領域に関する専門科目を配置し、これら時代のニーズに対応できる作業療法士を育成します。


全国トップクラスの教師陣。
イメージ図

全国でも数少ない認定作業療法士や専門作業療法士(手外科)、認定ハンドセラピスト、排尿機能検査士など作業療法士に関連する多様な資格を持つ教員が多数在籍しています。また、全国の作業療法士養成校で使用されている教科書の執筆に携わる教員や特別支援学校へのサポート活動を行う教員など、様々な領域で第一人者として活躍している教師陣から指導を受けることができます。


エキスパートを育成する独自の教育環境。

作業療法士が関わる幅広い領域の学びをベースに、さらに興味のある領域の専門性を深める授業や実習を実施しています。

イメージ写真 「手」と「脳」に特化した授業や研究を展開
作業療法士は、手や脳の機能障害を持つ患者への治療や支援を行います。本学では、「手」と「脳」に特化した授業や研究を展開し、より高度な知識や技術を持つ作業療法士の育成を目指します。


イメージ写真 最前線で活躍する作業療法士による授業
病院などで勤務する作業療法士を招いて特別授業を数多く実施しています。具体的な症例に基づき、臨床現場での作業療法の思考過程や実践手法を基礎医学・臨床医学と関連づけて学び、教科書だけでは分からない、より深い理解を得ることができます。


実際の患者を招いて行われる授業
実際の患者を対象に身体障害に関する評価・検査などを行う授業を実施しています。臨床現場を想定した実践を通して患者の障害像を理解するだけでなく、障害に対する治療・援助の技法についても学ぶことができます。


学科長メッセージ

作業療法学科長 大山峰生教授写真

大山 峰生
Mineo Oyama
作業療法学科長
教授

作業療法士を目指すなら、有意義に楽しく学べる我が作業療法学科へ!

人の価値観や生活スタイルが多様化している今日において、作業療法士の活躍がますます期待されています。作業療法士には、心の構造や身体機能を理解するための専門知識の他、高齢者や心身に障がいを持った方々に対し、客観的な事実を根拠に支援する技能が求められます。本学科では、身体、精神、高齢、発達領域の専門教員による興味深い実践的授業に加え、段階的に学ぶ充実した学外実習を行いますので、作業療法に必要な知識と技能を効果的に得ることができます。また本学科で得た知識と技術は、就職する際の手助けにもなります。将来、研究者や教育者を目指す方においても、大学院への進学が可能となるような指導体制を整えております。保健・医療・福祉領域に関心があり、作業療法士を目指される皆さん、本学科で共に頑張りましょう。

教員詳細情報


SPECIAL CONTENTS スペシャルコンテンツ

  • 作業療法学科ブログサクサク放送局はこちら
  • 「インスタグラムで見る新潟医療福祉大学の日常」はこちら
  • 作業療法学科紹介MOVIE(YouTubeチャンネルへ)

このページの先頭へ戻る