スマートフォンサイトを見る

文字サイズ

作業療法学科

在学生メッセージ

福田 優大 1年生 福田 優大 山形県

広い視野を持つ作業療法士を目指して
入学の決め手は、「連携教育」を学べることです。本学では、他学科とともに学ぶ「連携教育」を通して、“チーム医療・ケア”を実践的に学べます。そのため、他の専門職の視点を持って、患者様を支えていくことのできる作業療法士を目指せると思いました。それだけでなく、全国トップクラスの国家試験の合格率と就職率の高さを誇っていることも決め手の一つでした。

Q&A

Q目指している専門職や学ぶ分野を決めたきっかけについて教えてください。

中学生の頃、祖父が脳卒中で入院した際、祖父とともに笑顔で作業療法を行う作業療法士の姿を見て憧れを抱いた事がきっかけです。患者様のその人らしい生き方を親身になって考え、作業療法を通して患者様がより人生を楽しめるように支えることができる点に魅力を感じ、作業療法士を目指しました。

Qおすすめの科目について教えてください。

科目名:基礎作業学実習
この科目では、作業療法のルーツである革細工や陶芸などの作業活動を体験します。これら活動の体験を通じて、“作業”をどのように治療として用いるのかを理解することができました。

Q本学のオープンキャンパスに『これから参加する高校生』にメッセージをお願いします。

施設見学や大学・学科説明を受けられることはもちろんですが、各入試の説明会や対策講座なども開催されるので、受験の際のイメージがしやすいと思います。本学の受験を考えている方はぜひ参加してみてください。

Q『これから本学を目指す高校生』にメッセージをお願いします。

本学は学生を後押ししてくれるサポート体制が整っており、夢の実現に向かって真っ直ぐ進んでいける大学だと思います。受験期間は大変だと思いますが、明るい大学生活を目指して頑張ってください!

  MON TUE WED THU FRI
1限 心理学概論 生物学Ⅰ 解剖学Ⅰ 英語Ⅰ  
2限 放射線の基礎と
人体への影響
解剖学実習Ⅰ    
3限 作業療法学概論   基礎ゼミ    
4限          
5限   情報処理Ⅰ      

※学生の在籍学年は2018年度在籍時のものです。

このページの先頭へ戻る