スマートフォンサイトを見る

文字サイズ

理学療法学科

在学生メッセージ

本田 優季写真 1年生 本田 優季 埼玉県出身

多くの仲間とともに理学療法士を目指す!
本学では、チーム医療・ケアを学ぶことに力を入れているので、他学科との交流を通して知識の幅を広げることができます。また、理学療法学科は学生数も多いため、同じ目標を持った多くの仲間ができます。私は寮に住んでいるので、そこでも学科の枠を越えた仲間と一緒に勉強しています。同じ目標に向かって毎日を過ごすことで、お互いに支えあいながら常に向上心を持って取り組み、充実した大学生活が送ることができています。

Q&A

Q目指している専門職や学ぶ分野を決めたきっかけについて教えてください。

私は12年間バレーボールを続けています。その中でストレッチやトレーニングの重要性を感じ、筋力強化や柔軟性、関節の動き等、身体の仕組みについて興味を持ったのがきっかけです。また、怪我をすることも多くありましたが、怪我の要因を考え治療とリハビリをすることで回復と予防はもちろんのこと、自身の体を見直すきっかけにも繋がり、理学療法士としてスポーツ分野に携わっていきたいと思うようになりました。

Qおすすめの科目について教えてください。

科目名:解剖学実習I
一年生の前期にある解剖学実習Iでは、実際に骨を見てスケッチをしたり、グループとなって筋肉の走行をテープを貼って確かめたりします。骨の構造を実際の目で確かめ手にとって理解していくことで筋肉の付着についてもイメージがしやすくなりました。

Q将来の夢や目標について教えてください。

患者さんを自然と笑顔にできる理学療法士になりたいと思っています。治療やリハビリを通してだけでなく、心から元気になってもらえるように接することができる理学療法士になりたいです。また、スポーツ選手から子どもや高齢者まで幅広くリハビリに関わり、多くの知識を吸収していきたいです。

Q授業以外で特に力を入れた活動について教えてください。

活動名:女子バレーボール部
女子バレーボール部は全日本インカレベスト8という目標をもち、日々練習に励んでいます。先輩方にアドバイスをもらいながら高いレベルの中で練習することによってプレーや技術等、様々なことが吸収できます。

  MON TUE WED THU FRI
1限 心理学概論 生物学Ⅰ 解剖学I   英語Ⅰ
2限     情報処理Ⅰ  
3限     基礎ゼミ   スポーツ・健康
4限       理学療法学概論  
5限   解剖学実習Ⅰ      

※学生の在籍学年は2018年度在籍時のものです。

このページの先頭へ戻る