スマートフォンサイトを見る

理学療法学科

ゼミ紹介

学生自らの「学び」の意欲を尊重し、それぞれ関心領域についてより専門的な理解を深め、卒業研究へとつなげていきます

奈良ゼミ 人体の構造と機能に関する研究

奈良 貴史准教授写真

奈良 貴史
Takafumi Nara
教授

本ゼミでは、理学療法士に必要な基礎知識である「人体の構造と機能」を明らかにすることを目的として研究を行っています。研究では、ふだん触れることの少ない骨や筋などに実際に触れながら観察や計測を行い、時には解剖も行います。こうした活動を通して、人体の構造と機能に関する“新たな発見を目指すこと”がこの研究の最大の魅力です。人体に関することならば、他の動物との比較解剖学や人類進化学などの幅広い分野からテーマを選ぶことができ、その手法も顕微鏡を使うミクロの世界から実際にヒトを解剖したりするマクロの世界まで様々で、学生は自分に合った研究法を選んで研究していきます。


石橋 実沙紀写真

理学療法学科3年
石橋 実沙紀
新潟県
新潟江南高校出身

私は、江戸時代の古人骨における骨の変化について研究を行っています。性別や年齢などを比較し、当時の生活環境を推察することで、骨の変化への影響を調べることが可能です。筋活動や外傷などの要因が骨に変化をもたらすため、現代人と絡めながらの研究も行っています。研究は、新しい発見の連続のため、楽しみながら日々取り組んでいます。

<ゼミの研究内容例>
●縄文時代人の病気に関する研究
●江戸時代の刀創がある人骨に関する研究
●江戸時代人の身長に関する研究

この先生の所属するLabはこちら

犬飼ゼミ 脳機能と運動・バランス機能に関する研究

犬飼 康人准教授写真

犬飼 康人
Yasuto Inukai
講師

これまでの研究から、運動療法や物理療法などの理学療法を行うことで、脳機能が変化し、運動機能やバランス機能が改善することが分かっています。しかし、そのメカニズムについては未知な部分も多く、意図的に脳機能を変化させるために必要で、効果的な運動や刺激、またその種類や時間など、解明しなければならないことは山積みです。本ゼミでは、痛みを感じさせることなく脳を刺激する方法である“非侵襲的脳刺激法”を用いて、運動機能やバランス機能を改善させる刺激方法・治療方法の開発を目的とした研究を行っています。


山口 美冬写真

理学療法学科3年
山口 美冬
大阪府
市岡高校出身

本ゼミでは、運動や感覚、バランスに関与する脳や神経の機能について研究をしています。その中で、私は運動学習と脳機能の関係について研究を進めています。本研究を進めることにより、将来、脳梗塞やパーキンソン病などの中枢神経疾患を抱える方に対して、効果的なリハビリを提供できると考えています。

<ゼミの研究内容例>
●運動学習と脳機能に関する研究
●触覚刺激・電気刺激と脳機能に関する研究
●痛みの脳内情報処理に関する研究

この先生の所属するLabはこちら

高林ゼミ スポーツにおける足部障害予防に関する研究

高林 知也准教授写真

高林 知也
Tomoya Takabayashi
助教

スポーツ障害の発生率は、部位別に分けると捻挫などの足部・足関節の障害が最も多くなっています。そのためスポーツリハビリに携わる理学療法士は、足部・足関節の治療を行う機会が多くなります。しかし、その治療は思うように進まないことが多く、そもそもの障害の原因が明確になっていないケースが多い状況です。そこで本ゼミでは、足部内で生じている動きをVICON(三次元動作解析装置)を用いてバイオメカニクス的に検証し、障害の発生メカニズムを明らかにするための研究に取り組んでいます。研究を通して、足部内で生じている動きを解明し、障害予防に貢献したいと考えています。


永島 彩瑛子

理学療法学科4年
永島 彩瑛子
千葉県
市岡高校出身国府台女子学院高校出身

私は、VICONやハイスピードカメラなどの機器を使用して基本動作やスポーツ動作を分析し、バイオメカニクスの視点で研究を行っています。この研究を通じて、リハビリを必要とする患者様のどの部位・関節に負荷がかかりやすいかを理解し、将来臨床現場でケガの発生予防や動作指導に活かすことができると考えています。

<ゼミの研究内容例>
●投球動作における肘下がりに関する研究
●ハンドボール競技における肩関節障害に関する研究
●チアダンスモーションにおけるキレに関する研究

この先生の所属するLabはこちら

森下ゼミ がん患者様のリハビリテーションに関する研究

森下 慎一郎准教授写真

森下 慎一郎
Shinichiro Morishita
准教授

リハビリを通してがん患者様を笑顔に

がん患者様に対する治療法である「化学療法」「免疫療法」「放射線治療」などは年々改善され、その結果、生存率も上がっています。しかし、がん患者様はがん自体もしくはそのような治療により体力が低下してしまいます。そのため治療を継続していくためには、体力を維持・向上するためのリハビリテーションが非常に重要となります。また、がんサバイバー(がんの治療を終えた方)の方々が日々健康に日常生活を送るためにも体力の維持が欠かせません。この研究により、一人でも多くのがん患者様の体力向上を図り、笑顔を見ることができればと考えています。


この先生の所属するLabはこちら

大鶴ゼミ 痛みの脳内情報処理に関する研究

大鶴直史講師写真

大鶴 直史
Naofumi Otsuru
講師

脳の仕組みを理解し治療へ貢献

理学療法士が対象とする患者様の多くが、からだに痛みを抱えています。その中には、治療が難しい痛みも含まれます。近年、このような治療が難しい痛みの一部は、脳に原因があるのではないかと考えられています。そこで、痛みが脳でどのように情報処理されているのかをヒトの脳が出す微弱な電気信号を捉える装置を用いて研究しています。この研究を通して、痛みを感じる神経活動の大小を比較し、痛みを感じる際の脳のメカニズムを解明することで、治療が難しい痛みの軽減などに役立てられればと考えています。


この先生の所属するLabはこちら

中村ゼミ アスリートのスポーツ障害予防に関する研究

中村 絵美助教写真

中村 絵美
Emi Nakamura
助教

ケガ予防でアスリートをサポートする!

「ケガをしない身体」になることは「強い選手・チーム」に繋がり、そのためには「ケガをしてしまう原因」を正確に探ることが必要です。研究では、スポーツによるケガ(外傷・障害)の原因や予防について、主に成長期の選手に着目し、発育発達途中にある少年野球選手へのメディカルチェックを実施しています。柔軟性や筋力、投球フォームなどの特徴から投球障害発生のリスクを明らかにし、ケガの予防を目的に研究を行っています。ゼミ生と共に少しでもケガの原因を明らかにし、予防に繋げられる活動ができるよう取り組んでいます。


この先生の所属するLabはこちら

椿ゼミ 運動に伴う脳・心臓・肺・筋肉の反応に関する研究

椿淳裕准教授写真

椿 淳裕
Atsuhiro Tsubaki
准教授

「理学療法」を多方向から考える

ヒトが体を動かす時、筋肉はもちろん、心臓や肺、脳など様々な器官が活動します。そこで本ゼミでは、「酸素」をキーワードに、脳・心臓・肺・筋肉との関連を研究しています。こうした研究を深めることで、スポーツのパフォーマンス向上や、心臓や肺などに病気を患う方への理学療法に応用することができます。また、認知機能の改善効果の根拠を示すことにも繋がると考えられています。ゼミでの研究を通して、治療および予防としての理学療法を、多方向から考えられるようになることを目指しています。


この先生の所属するLabはこちら

玉越ゼミ 脳卒中リハビリの効果に関する研究

玉越敬悟助教写真

玉越 敬悟
Keigo Tamakoshi
助教

ゼミ生同士が考える力を高め合う

本ゼミでは、「脳卒中後遺症の半身麻痺がリハビリで治るのはなぜか?」「どんなリハビリが脳卒中後遺症に一番効果的なのか?」という疑問をテーマに研究しています。また、脳卒中を人為的に起こさせた小動物にリハビリを行い、そのとき脳の中で何が起こっているのか、その解明にも挑んでいます。本ゼミでは、それぞれのゼミ学生が脳卒中のリハビリの効果について異なる方向から追究しており、お互いに様々な情報を共有し合い意見交換を行いながら、研究を深めています。


この先生の所属するLabはこちら

大西ゼミ 大脳皮質活動に関する研究

大西秀明教授写真

大西 秀明
Hideaki Onishi
教授

「自ら学ぶ力」「問題発見・解決能力」

本ゼミでは、運動時の「筋肉の活動」や「脳の活動」などを解析して、ヒトが滑らかな動きを行うための神経機構や運動学習過程の解明に取り組んでいます。理学療法の現場では、対象者の病気や障害などの問題点を見つけて解決しなければなりません。そのため、学生自身の「自ら学ぶ力」や「問題発見・解決能力」を向上させることと、「筋肉および脳の活動」を計測・解析するための手法や考え方を修得することを目指してゼミ活動を行っています。


この先生の所属するLabはこちら

小林ゼミ 高齢者の健康増進に関する研究

久保雅義教授写真

小林 量作
Ryosaku Kobayashi
教授

先輩から後輩へ研究を受け継ぐ

高齢者の健康問題として運動器症候群(骨、関節、筋肉など運動機能が低下した状態)があげられます。これらの運動機能を調べる要素として筋力、関節柔軟性、バランスなどを測定します。本ゼミでは大学生を対象にこれらの測定を行い、若年者の基礎データと高齢者のデータを比較し、運動機能低下の研究をしています。また、先輩の研究を後輩が受け継げるよう4年生と3年生の交流を重視し、卒業研究だけでなく、専門科目、病院実習などにも先輩から助言を受けられるような雰囲気づくりをしています。


この先生の所属するLabはこちら

田巻ゼミ  神経・筋・骨格系の運動科学に関する研究

田巻弘之教授写真

田巻 弘之
Hiroyuki Tamaki
教授

身体活動が低下すると筋肉だけでなく骨も委縮します。そこで本ゼミでは、筋肉や骨が委縮していくメカニズムを調べ、その改善方法を研究しています。特に、運動刺激(筋収縮)を用いて萎縮軽減やより良い回復への処方を、顕微鏡を駆使して細胞レベルで検証しています。ゼミ学生と一緒に、どのような刺激を細胞に与えると“元気”になり、また身体全体を元気にする活性物質を“作り始める”のかを解明していきます。さらにゼミ学生は、研究成果を学会で発表するなどして、研究分野でも社会に貢献しています。


この先生の所属するLabはこちら

江玉ゼミ スポーツ障害発症予防に関する研究

江玉睦明講師写真

江玉 睦明
Mutsuaki Edama
講師

現象を観察し、解決の糸口を考える

本ゼミでは、"身体の構造と機能"についてや"スポーツ傷害予防やメディカルサポート"について研究しています。理学療法の現場では、教科書に記載してある通りの症状や動きを行う対象者は非常に少ないです。そこで重要なのがしっかりと目の前で起こっている現象を観察し、解決の糸口を考えていくことです。そのため、ゼミ活動では研究活動を通して現象を正確に捉えること、その情報から自分でしっかりと考えることができることを目標に取り組んでいます。


この先生の所属するLabはこちら

古西ゼミ 地域に根ざしたリハビリの研究

古西勇准教授写真

古西 勇
Isamu Konishi
准教授

フィリピンの大学と協働

病院のリハビリは、「流れ」の方向が決まっている「川」のようであり、地域のリハビリは「目的地」を自分で決めなければ漂ったままになる「海」のようであると言われています。途上国では、「川」が充分に張り巡らされていないことが多く、地域という「海」の中で、障害のある人たちが周囲の支えを得て、目標を持ってリハビリに参加できるようにすることが重要となります。本ゼミでは、本学と関連のあるフィリピンの大学と協力して、地域リハビリの課題を理解し、地域に根差したリハビリについて研究します。


この先生の所属するLabはこちら

齊藤ゼミ 電気刺激と運動に関する研究

齊藤慧助教写真

齊藤 慧
Kei Saito
助教

研究活動の先にあるもの

脳や脊髄に病気を持つ方への理学療法を行うことを目的に、「電気刺激」と「運動」が脳活動に及ぼす効果を計測・解明する研究を行っています。理学療法では、対象者と向き合ってリハビリテーションを行うことに加えて、最新の文献を読んで自分の知識・技術を高めることが必要です。そのため、研究を通じて自ら成長していくために必要な技術を一つでも多く修得することを目指して、学生たちと共に楽しみながらゼミ活動に取り組んでいます。


この先生の所属するLabはこちら

佐藤ゼミ 腰痛に関連する姿勢や筋肉などの研究

佐藤成登志教授写真

佐藤 成登志
Naritoshi Sato
教授

腰痛をもっと知りたい

腰痛の生涯発症率は50~80%と高く、最近では生活習慣病の範囲とも言われ、普段の姿勢や腰などの使い方が問題となっています。本ゼミでは、加齢による姿勢の変化や姿勢に影響する筋肉について腰痛との関連性を研究しています。また関連病院で、腰痛の患者様に対する理学療法を行ったり、市町村と連携して腰痛・膝痛などの予防の講演や研究を行ったりしています。こうした活動を通じて理学療法学を学ぶと同時に社会人としての資質を学ぶことも大切にしています。


この先生の所属するLabはこちら

久保ゼミ バイオメカニクスに関する研究

久保雅義教授写真

久保 雅義
Masayoshi Kubo
教授

測ってみなけりゃわからない

「自転車に乗る、歩く」という運動は一旦できてしまうと、どうやってできるようになったかは、なかなか思い出せず、説明にも困ります。実際にどのような運動が行われているかをきちんと測れば、どのようにして運動が成り立ったのかを考える重要なヒントが得られます。本ゼミでは、測られた運動からその成り立ちを理解するために、バイオメカニクスという手段を用いて、コンピュータ・物理・数学の助けを借りて分析しています。


この先生の所属するLabはこちら

相馬ゼミ 運動・動作のメカニズムに関する研究

相馬俊雄准教授写真

相馬 俊雄
Toshio Soma
教授

目標に向けて努力するプロセスが重要

本ゼミは、人間の運動・動作のメカニズムについて研究しています。理学療法における研究では、最善を尽くしても予想しない結果になることがあります。しかし、そこで諦めず、そうなった理由についてもう一度考え直してみることが、次につながる一歩になります。上手くいかない時こそ、前向きに考える気持ちが大切になってきます。目標に向かって精一杯努力する。その「過程(プロセス)」が最も重要であると考えています。


この先生の所属するLabはこちら

※学生の在籍学年は2017年度在籍時のものです。

このページの先頭へ戻る