スマートフォンサイトを見る

文字サイズ

社会福祉学科

学外実習

地域共生社会の実現に向け、制度横断的な課題に対応できるソーシャルワーク専門職を養成するために、社会福祉士と精神保健福祉士や介護福祉士、児童厚生一級指導員のダブルライセンスの取得をできるよう支援しています。

学外実習計画

学外計画表

ソーシャルワーク実習Ⅰ・Ⅱ

地域における多様な福祉ニーズに応じて、多職種連携や社会資源の開発等の役割を担うソーシャルワーク機能を体験的に学びます。児童相談所等の相談機関、市町村社会福祉協議会、児童・障害・高齢者の福祉に関する施設、病院等の医療機関など240ヵ所以上の指定施設・機関と連携して、社会福祉学科のすべての学生が2ヵ所以上の施設・機関で240時間(おおむね30日)の現場実習を行うことができる体制を整えています。



学外実習先一覧

実習施設の分野や種別を勘案し、実習施設との調整を踏まえて実習先を決定します。

実習先施設
    ・障害者支援施設 いずみの里
    ・特別養護老人ホーム槇山けやき苑
    ・特別養護老人ホーム 向陽の里
    ・ワークセンター日和山
    ・障害者支援施設 太陽の村
    ・特別養護老人ホーム 黒埼の里
    ・障害者支援施設 いからしの里
    ・みのわの里療護園
    ・障害者支援施設 桐樹園
    ・ほっとサポートしんえい など

関連施設・病院

実践の場、関連医療福祉施設・提携医療福祉施設とのネットワーク
新潟医療福祉大学では、講義で学んだことを実際の現場で体験し、QOLサポーターに必要とされる実践的なスキルを磨くために、関連医療福祉施設をはじめとした全国多数の医療福祉施設に実習施設として協力いただき、実際の対象者と接することでその知識・技術を確かなものにしていきます。

関連施設・病院の詳細はこちら

このページのトップへ