理学療法士

Physical therapist

患者様の笑顔のために

私は現在、整形外科専門病院の理学療法士として、患者様のケガや手術後の状態に応じて、関節を動かす練習や筋力の回復を促す訓練を行っています。また、スポーツ傷害の患者様に対しては、競技復帰を目標として、より専門的なトレーニングや動作指導を行います。患者様へのリハビリは、今後の生活に対する希望や生活環境を考慮し、「どうしたら痛みを軽減できるか」「どのような方法で退院まで支援すれば良いか」を考えながら進めていきます。悩むことも多々ありますが、その分、患者様が笑顔で退院される姿を見た時は、とても嬉しくなります。また、患者様だけでなく、ご家族から感謝の言葉をいただいた時や、退院後に仕事や趣味を再開できるようになったことを聞いた時は、理学療法士としての大きなやりがいを感じます。

医療法人宮仁会 猫山宮尾病院
佐々木 美憂さん
山形県 鶴岡北高校出身

what job?

子どもから高齢者、プロスポーツ選手まで、
基本的な動作機能の回復を支援する

どんな仕事?

歩く、立つ、座るなどの基本的な動作に障害を持った人に対して、歩行練習などの「運動療法」、温熱療法などの「物理療法」等を通して、その基本的動作の機能を最大限に回復できるようにサポートする仕事です。

社会ニーズ

超高齢社会を迎えた現在、介護予防や健康増進における役割も拡大し、保健・福祉関連施設での求人も増加傾向にあります。また、スポーツ障害に対するリハビリテーションの重要性が認識され、アスリートをサポートする専門職として理学療法士への期待が高まっています。

作業療法士

Occupational therapist

「できるようになった」を大切に

私は現在、主に脳血管障害の発症後や整形外科疾患術後の患者さんを対象として、食事や着替え、トイレ動作などの日常生活における動作の改善や自立支援などのリハビリを行っています。患者さんの生活歴や人柄は様々ですので、どのようなリハビリを行うのが良いかを考えながらサポートしています。
私は以前、脳梗塞により右の手足が不自由になってしまった患者さんを担当したことがあります。当初、患者さんの気持ちは落ち込んでいましたが、今できないことに目を向けるのではなく、「スプーンだけでなく箸も使えるようになった」など、できるようになった現状を伝えるように意識しました。心のサポートを大切にしながらリハビリを継続し、その患者さんが無事退院していく姿を見た時には、言葉では言い表せない感動がありました。

新潟県立十日町病院
星 雄大さん
新潟県 新潟西高校出身

what job?

趣味や遊びなどの“作業”を通して
日常生活への復帰を支援する

どんな仕事?

食事、入浴、家事、仕事など、人の日常生活に関わる活動を「作業」と呼び、それらが困難な人に対して、動作の訓練や創作活動などを通してリハビリを行い、日常生活の獲得や地域活動への参加を支援する仕事です。

社会ニーズ

2025年には高齢化率が40%に達し、病院や福祉施設に加え在宅医療の現場でも作業療法士へのニーズが高まっています。高齢者が住み慣れた地域で自分らしい生活を継続できるよう、その役割はますます重要になっています。

言語聴覚士

Speech therapist

「ありがとう」のひと言が原動力

私は言語聴覚士として、言葉がうまく話せない方や飲み込みがうまくできない方に対してリハビリを行っています。当院は急性期病院のため、脳卒中などの重症な病気を発症した方が搬送されてくるケースが多くあります。そのような患者さんが、再び社会に復帰できるよう、言語機能などの回復を支援しています。また、言語発達の遅れや呂律が回らない構音障害を持つ子どもを対象にリハビリを行うこともあります。
リハビリを通して「うまく話すことができるようになる」、「飲み込みが良くなり食事をとれるようになる」といった、患者さんの日々の変化を感じることができた時は、言語聴覚士としてのやりがいを感じます。また、患者さんからいただく「ありがとう」のひと言が、仕事をする上での大きな原動力となっています。

新潟大学地域医療教育センター 魚沼基幹病院
小林 優樹さん
新潟県 十日町高校出身

what job?

話す、聞く、食べる、飲み込む、
何気ない日常を支える

どんな仕事?

生まれつき障害を持った人、事故や病気などにより「話すこと」「聞くこと」に障害を持った人、のどの機能が弱って「食べること」に障害を持った人に対して、検査や訓練を通して、その回復をサポートする仕事です。

社会ニーズ

言語聴覚士の資格取得者は約2万5千人程(平成27年3月現在)。一方、ことばや聞こえ、食べることなどの障害により言語聴覚士の支援が必要な人は、約600万人程度いると言われ、病院等の医療機関を中心に人材が不足しています。

義肢装具士

Prosthetist and orthotist

一人ひとりの人生に寄り添う

私は義肢装具士として、医師をはじめ、理学療法士、作業療法士などの他職種と連携しながら、患者さん一人ひとりに合わせた義肢・装具を製作しています。製作の流れとして、まずは病院で、医師から義肢・装具が必要と診断された患者さんにお会いし、身体の型を採ります。それをもとに、自分の手で一から義肢・装具の製作を行います。患者さんは、一人ひとり身体の形や必要とする義肢・装具が違うため、たくさんの知識と正確な技術が求められます。以前、ある患者さんの装具を製作した際、どのような工夫をすれば患者さんの人生にとってプラスの影響を与えられるかを考え、試行錯誤を重ねました。完成した装具を着けた患者さんから、「立った時の痛みが消えた。安心して歩ける」と言っていただけた時は、言葉では表現できないくらいの安堵感と達成感を得ることができました。

加藤義肢製作所
鶴巻 周さん
茨城県 岩井西高校出身

what job?

世界にひとつだけの義肢・装具で、
未来への希望を提供する

どんな仕事?

事故や病気により手足を失った人に対して、その形態や機能を復元するために使用する「義手・義足」や、低下した身体機能を補うために装着するコルセットなどの「装具」を製作し、一人ひとりに適合させる仕事です。

社会ニーズ

高齢化に伴い装具や車いすなどの福祉用具を必要とする方が急増しています。一方、これらを専門に扱うことのできる国家資格である義肢装具士は、わずか4,700人程度(平成27年3月現在)しかおらず、そのニーズは拡大しています。

臨床検査技師

Medical technologist

早期治療へ繋げる検査を

私は臨床検査技師として、病気の診断や治療に欠かせない心電図検査や肺の機能を診る呼吸機能検査、血液や尿の成分を分析する検体検査などを行っています。さらに、患者さんからいただいた検査データによる臨床研究を行い、新しい検査法の開発にも取り組んでいます。検査により、病気の診断の手掛かりを見つけた時や、それがきっかけとなり患者さんの病気が治った時は、臨床検査技師としての大きなやりがいを感じます。以前、交通事故で頭部外傷を負った方が搬送されてきましたが、意識が戻らない状態でした。その原因をつきとめるため、脳波検査を行った結果、「非けいれん性てんかん重積」による意識障害であったことが分かり、早期の投薬に繋げることができました。のちに患者さんの状態が回復に向かった時は、大きな感動と達成感がありました。

東北大学病院 生理検査センター
篠田 元気さん
岐阜県 加茂高校出身

what job?

様々な検査業務を通して医師の診断や治療に必要な基礎データを提供し、患者様の治療に直接関わる、検査の専門家

どんな仕事?

患者から採取した血液や尿を検査する「検体検査」、身体に検査装置を装着して心電図や脳波などを検査する「生理学的検査」など様々な検査業務を行い、医師の診断や治療に必要な基礎データを提供する仕事です。

臨床工学技士

Clinical engineer

信頼される臨床工学技士に

私は現在、臨床工学技士として、腎臓の機能が悪くなった患者さんに対して、血液浄化装置を使用して透析を行う血液浄化業務を行っています。人工透析装置の操作をはじめ、円滑に透析を行えるようにするための準備や機器のメンテナンスも大切な仕事になります。患者さんの中には、自分自身の病状や透析治療について、不安を抱いている方も多くいらっしゃいます。そのような患者さんに対しては、積極的にコミュニケーションを取ることを心がけています。不安が和らぎ前向きになった患者さんから、「ありがとう」と言っていただいた時は、この仕事のやりがいを感じます。今後は、さらに医療機器に対する理解を深め、質問されたことに対して正確に答えられる医療機器のエキスパートとして、患者さんだけでなく他の医療スタッフにも信頼される臨床工学技士になりたいです。

新潟大学医歯学総合病院
柳 彩加さん
新潟県 柏崎翔洋中等教育学校出身

what job?

高度な医療機器の操作や保守・点検を通して、
人のいのちと安全を守る

どんな仕事?

心臓手術などで使用する「人工心肺装置」や透析治療などで使用する「血液浄化装置」、「人工呼吸器」や「ペースメーカー」などの医療機器の操作や、安全かつ効果的に使用するための保守・点検などを行う仕事です。

社会ニーズ

医療機器が日進月歩で発展を遂げる中、あらゆる医療機器・装置を安全に効果的に活用するための操作・保守点検・管理業務を行う臨床工学技士へのニーズは増加傾向にあり、医学と機器操作のスキルを併せ持つ医療スタッフとして、その役割はますます高まっています。

視能訓練士

Orthoptist

生活を支える視能訓練士に

私は現在、眼科クリニックの視能訓練士として、視力や眼の度数、視野など、視機能全般に関する検査を行っています。また、眼鏡やコンタクトレンズを使用している患者様に対しては、その度数の選定も行っています。
患者様は、検査について不安に思っていることも多いので、分からないことがあれば丁寧にお答えし、安心してもらえるように心がけています。だからこそ、「またあなたに検査をお願いしたい」といった言葉をかけていただいた時は、大きなやりがいを感じます。また、当クリニックでは、眼鏡やコンタクトレンズを処方することも多いので、それぞれの患者様のライフスタイルに適した種類や度数の処方を行うことで、一人ひとりの生活を支えることができる視能訓練士になりたいです。

医療法人新光会 長岡寺島眼科クリニック
飯濵 杏梨さん
新潟県 中越高校出身

what job?

人生に彩りと光を。大切な「眼(視覚)」を守る

どんな仕事?

眼科医などとともに、視力や視野、色覚などを調べる「眼の検査」、視機能の維持・回復のための「矯正・訓練」、視覚障害のある方の「生活指導」や「補助具の選定」など、“人々の眼の健康管理”を行う仕事です。

社会ニーズ

高齢社会の進展や、糖尿病や高血圧などの全身疾患から併発する眼疾患の増加などに伴い、2030年には視覚障がい者数は200万人に達すると予測(日本眼科医会の調査)されています。一方、視能訓練士は約1万人程度しかおらず圧倒的に人材が不足しています。

救急救命士

Emergency response personnel

命を救える社会を目指して

私は以前、消防官として消防署に勤務していました。消防の救急救命士は、救急車に乗車し、傷病者を病院まで搬送します。そのため、救急の知識だけではなく、地域の交通事情や病院についての理解も必要となります。私が病院へ搬送した方が、その後回復して退院することができたという話を聞いた時や、救急搬送した方やそのご家族が、消防署にお礼に来てくださった時は、とても嬉しく、大きなやりがいを感じました。また、それと同時に、人の命を救うことは簡単なことではないということも学び、大きな責任を感じました。私は現在、教員として「病院外で倒れた人を目撃した場合の市民の行う最善の処置」について研究し、より多くの市民が自らの判断で応急手当を行える社会を目指しています。また、指導した学生が、救急救命士として全国各地で活躍してくれることが、今の私の夢です。

新潟医療福祉大学 医療技術学部 救急救命学科 講師
神藏 貴久さん

what job?

一刻一秒を争う救急現場の最前線で
“人の生命”を救う

どんな仕事?

傷病者の救命率を高めるために、医師がいない病院前の現場で、心肺停止時の電気ショックや気管挿管、輸液処置、薬剤投与や心肺停止前の輸液、ブドウ糖投入などの高度な救命処置を行い、人の命を救う仕事です。

社会ニーズ

超高齢化の進展に伴う急病者の増加などを背景に、救急出動件数は2015年までの10年間で約80万件も増加し、今後更に増えることが予想されています。こうした状況を受け、高度な救急救命処置を行うことができる救急救命士へニーズはますます拡大しています。

診療放射線技師

Radiological technologist

患者さんに寄り添った検査を

診療放射線技師は、CT検査などの放射線を使った検査や、強力な磁石や電波を利用したMRI検査などを行い、目に見えない身体の中の病気を写し出します。検査の際は、患者さんの不安を和らげるために、検査前の説明や検査中の声がけを行うことを大切にしています。また、放射線によるがん治療も行うなど、現代の医療において欠かせない役割を担っています。以前、検査を受けに来たお子さんが、検査が怖くなり泣いてしまったことがあります。私は、そのお子さんに対して、大切な検査であることを、丁寧に根気よく説明しました。安心してもらえるよう手をつなぎ、会話をしながら検査を進めたことで、お子さんは、この時初めて検査を受けることができました。お子さんの親御さんや担当の医師からとても感謝された時は、診療放射線技師としての大きなやりがいを感じました。

新潟医療福祉大学 医療技術学部 診療放射線学科 助教
大野 健さん

what job?

放射線医療のスペシャリスト

どんな仕事?

X線撮影やCT検査、放射線治療などの場面において、放射線を出す医療機器を扱うほか、MRI検査、超音波検査など放射線を使わない検査や画像検査により、病気の早期発見や治療に携わる仕事です。

管理栄養士

National registered dietitian

食事で患者さんを笑顔に

私は特別養護老人ホームで、献立作成や厨房業務、栄養ケアなどの業務に携わっています。献立作成では、エネルギーやたんぱく質、塩分量などを基準値に合わせた上で、行事食や旬の食材を取り入れたメニューを考案し、季節感が出るよう工夫しています。また、直接利用者様に食べ物の好き嫌いや食事の悩みなどについてお聞きして、献立改善に役立てています。
施設では、利用者様から「いつもご飯を楽しみにしてるよ。食事が生きがいなの。」と声をかけていただくことがあります。私が考えた献立による食事を生きがいにしていただけることは、とてもありがたく嬉しいことです。これからも、利用者様が毎日をより楽しく、より元気に過ごしていただけるよう、工夫を凝らした献立作りをしていきたいです。

社会福祉法人柳都倶楽部 特別養護老人ホーム 信濃倶楽部
齋藤 美穂さん
新潟県 中越高校出身

what job?

食や栄養を通して人々の健康をサポートする

どんな仕事?

食や栄養に関する豊富な知識をもとに、病院や福祉施設での給食調理や献立作成、学校での生徒・児童への食育指導、アスリートの栄養管理などを行い、人々が健康に生活できるようサポートする仕事です。

社会ニーズ

高齢化社会の進展や健康に対する意識の高まりにより、病院などの医療機関や福祉施設での栄養指導、学校での食育など、全ての人々の健康の保持増進、疾病の予防や治療に関わる管理栄養士の活躍の場は多岐にわたっており、そのニーズはますます高まっています。

アスレティック
トレーナー

Athletic trainer

一人ひとりの目標のために

私が勤務する施設は病院に併設されており、リハビリを終えた患者様やトレーニングに励むアスリート、健康維持のために運動を楽しむ地元の方々など、様々な目的や目標を持った方が利用されます。私は、当施設でスポーツトレーナーとして、それぞれの方に合ったトレーニングメニューを作成し、目標の達成に向けてサポートしています。また、スポーツの行われる現場へ行き、テーピングやアスレティックリハビリテーション、救急対応などのチームサポートも行っています。
一人ひとりの方と目標を共有し、達成を目指す過程では、大変なことや苦しいこともたくさんあります。だからこそ、それぞれの方が努力の末に目標を達成した時や、サポートしているチームが試合に勝利した時は、最高に嬉しい瞬間です。

医療法人愛広会 メディカルフィットネス ロコパーク
石倉 孝樹さん
新潟県 加茂暁星高校出身

what job?

スポーツ医科学の知識をもとに、競技力向上のためのトレーニング指導や選手のケアを行う専門家。

どんな仕事?

スポーツドクターやコーチと連携しながらアスリートのコンディショニングやスポーツ障害・外傷の予防、ケガの応急処置を行うほか、生活習慣病の予防や高齢者の健康づくりをサポートする仕事です。

看護師

Nurse

心に残る「ありがとう」

当院の神経内科には、脳卒中の患者さんをはじめ、進行性筋ジストロフィーやパーキンソン病、ALS(筋萎縮性側索硬化症)など、難病の患者さんも多くいらっしゃいます。私は看護師として、そのような患者さんの症状の観察や身の回りのお世話をしています。また、家族背景や生活環境を考慮した上での退院支援を行うことも、看護師としての大きな役割の一つです。以前、呼吸器をつけたALS患者さんの退院支援を行いました。患者さんやそのご家族は、「病院にいた方が安心だけど、家に帰りたい」「退院後の生活が不安」など、様々な思いを抱えていました。そこで、他職種のスタッフとチーム一丸となり、安心して退院していただけるよう準備を進めました。退院時に、その患者さんを自宅までお送りした際、涙ながらに「ありがとう」と言ってくださったことが、今でも心に残っています。

一般財団法人 竹田健康財団 竹田綜合病院
星 輝美さん
福島県 若松商業高校出身

what job?

医師よりも近い存在として、
医療補助や心身のケアを行う

どんな仕事?

検温や血圧測定といった患者の健康状態を知るために必要な業務や、医師の指示のもと注射・点滴などの治療補助を行うほか、食事や入浴、ベッドメイキングなど入院中の身の回りのお世話をする仕事です。

社会ニーズ

近年、看護師は「チーム医療」の要として重要な役割を果たしています。そのため、より専門的な知識や技術が求められ、4年制大学を卒業した看護師へのニーズが高まっています。また、高齢化に伴い、医療機関にだけでなく福祉施設や訪問看護など、活躍の場はますます広がっています。

社会福祉士

Certified social worker

市民の安心した生活のために

私は、市役所の高齢介護課で、高齢者の権利や財産を守る権利擁護や成年後見制度に関する取り組みを行っています。また、高齢者虐待の問題に対しては、市内の地域包括支援センターと連携しながら、虐待が解消されるよう対応しています。
私たちの仕事は、市民が安心した生活を送ることができるよう支援をしていくことです。しかし、現場の実情によっては、仕事を進める上で困難に直面することもあります。だからこそ、市民の方から「ありがとう」、「話を聞いてもらえて良かった」という一言をいただけた時は、大きなやりがいと達成感を感じます。
これからも関係機関と連携を図りながら、地域の権利擁護に関する課題と向き合い、市民のために行政として担える役割を果たしていきたいです。

三条市役所 高齢介護課
古俣 歩美さん
新潟県 三条東高校出身

what job?

福祉に関する相談に応じて、助言や指導を行う

どんな仕事?

病院や高齢者福祉施設、学校、行政機関などで、身体や精神の障害、または環境上の理由により日常生活を送ることに困っている人に対して、保健・医療・福祉に関する様々な相談に応じ、必要な助言や指導を行う仕事です。

社会ニーズ

高齢社会の進展により、様々な福祉サービスを必要としている人が増加しており、活躍の場が広がっています。また、「医療ソーシャルワーカー」や「スクールソーシャルワーカー」など、病院や学校現場でのニーズも高まっています。

診療情報管理士

Health information manager

頼りにされる存在に

私は現在、診療情報管理士として、病院にとって大事な収益である保険請求業務を担当しています。主には、退院される患者さんの入院費を確認し請求書を作成しています。また、病棟で直接患者さんに手続きの説明をすることもあります。投薬・注射・処置・手術などの点数が、正しく請求できているかを確認することはとても重要な業務です。正しいレセプト請求は、結果的に病院の収益となります。そのため、医療スタッフが行った診療行為をボランティアに終わらせないという意識で日々仕事に取り組んでいますし、正しい請求書を作ることができた時は、毎回達成感があります。
病院では一人の患者さんに対して、大勢の医療スタッフが連携しながら支えています。私自身もその一員として、患者さんや医療スタッフに頼りにされる存在になりたいです。

富山県 厚生農業協同組合連合会 高岡病院
田村 梨紗さん
富山県 南砺福野高校出身

what job?

大切な診療記録を管理し、
医療の質の向上に貢献する

どんな仕事?

患者の治療内容・病状を書いたカルテや検査記録をデータベース化し、その情報の管理や統計データの作成・分析を行うほか、医師などの求めに応じて手術記録や看護記録の情報提供を行う仕事です。

社会ニーズ

医療サービスの効率化や質の向上に向け、国は“電子カルテ”を代表とする「医療のIT化」を強く推進しています。こうした中、医療とITの知識・技術を兼ね備えた「診療情報管理士」は高い注目を集め、医療機関を中心にそのニーズが拡大しています。