スマートフォンサイトを見る

就職・資格

言語聴覚士(国家資格) この資格を目指す/言語聴覚学科

「話す」「聞く」「理解する」などのコミュニケーション能力や「食べること」に障害を持った人に対して、リハビリを行う専門家。
話すこと・聞くことの障害や食べることの障害をもった人を援助する仕事です。ことばの発達の遅れ、失語症、声や発音の障害、聴覚障害など多岐にわたる障害の専門職です。

仕事内容

言語聴覚士イメージ

「話すこと」や「聞くこと」などのコミュニケーションに障害を持った人や、のどの機能が弱って「食べること」に障害を持った人に対して、検査や訓練などを行い、その回復をサポートします。声や発音の障害、ことばの発達の遅れ、失語症、自閉症など、さまざまな障害を持つ人を対象としているため、子どもから成人、高齢者まで幅広い年齢層の方への支援を行います。

主な活躍の場

  • 病院など医療機関
  • 介護老人保健施設および社会福祉施設
  • 医療福祉行政機関
  • 言語障害児療育施設
  • 教育・研究機関 など

多くの医療機関が言語聴覚士を必要としています。
人口の約4%、約600万人が、ことば、聞こえ、食べる、コミュニケーションに障害があると言われています。しかし言語聴覚士は、平成9年に国家資格となった比較的新しい資格のため、平成24年4月までの資格取得者は2万人程しかおらず、多くの医療機関が言語聴覚士を必要としています。さらに、成人や高齢者だけでなく小児の発達障害も対象となるため、障害児施設や特別支援学校などにも活躍の場が広がっています。

OB・OGレポート

※各掲載記事は取材当時のもので、現在変更となっている場合がございます。

阿部 夕織

退院後の生活を考えて

言語聴覚士とは「話す」「聴く(理解する)」「食べる」のスペシャリストです。脳卒中や事故の後遺症による障害、生まれつきの障害により、「話す」「聴く」「食べる」といった面に不自由さを抱えている人の手助けをします。言語聴覚障害に加え、医学や歯科学、心理学にも精通したリハビリの専門家として、医療、介護・福祉、教育・療育施設など、様々な分野で活躍しています。私は現在、岩室リハビリテーション病院に勤務し、コミュニケーションや食べることに障害を抱えた人のリハビリや、認知症に対する治療などを中心に行っています。院内でのリハビリのみではなく、退院後に質の高い生活が得られるよう、自動車運転の再開支援や復職支援なども行っています。

阿部 夕織
卒業年度:2007年3月
出身高校:栃木県・栃木女子高校
勤務先:社団法人 新潟県労働衛生医学協会附属岩室リハビリテーション病院
職種・職位:言語聴覚士

佐々木 浩児

本学で学んだチームワークを活かして

現場で働いてみて、この仕事は「専門性」だけでなく、他の専門職と協力する「チームワーク力」が求められるものだと実感しました。現場にでてから今までを振り返ってみて、私はこの「チームワーク力」で苦労の少ない方だったと思います。私は1期生でしたが開学当初から学部学科を超えた学生の交流が活発で、講義やプライベートで毎日のようにたくさんの友達と交流がありました。私があまり苦労せずに済んだのは、大学の講義のレベルの高さはもちろんですが、ゆくゆく専門職になる仲間同士で4年間一緒に成長できたおかげだと思っています。

佐々木 浩児
卒業年度:2005年3月
出身高校:宮城県・東北学院高校
勤務先:総合南東北病院
職種・職位:言語聴覚士

この資格取得を目指す! 言語聴覚学科

この資格を目指す/言語聴覚学科

  • 資料請求・大学案内請求
  • オープンキャンパスに申し込む

このページの先頭へ戻る