スマートフォンサイトを見る

文字サイズ

就職・資格

臨床検査技師(国家資格) この資格を目指す/臨床技術学科

様々な検査業務を通して医師の診断や治療に必要な基礎データを提供し、患者様の治療に直接関わる、検査の専門家。

臨床検査技師の仕事

臨床検査技師イメージ

主に病院等の医療機関において、患者様から採取した血液や尿を検査する「検体検査」、身体に検査装置を装着して心電図や脳波などを検査する「生理学的検査」など、さまざまな検査業務を行います。これらの検査結果は、病気の予防や発見、治療方針の決定、治療効果の測定など、治療に直接関わる重要なデータとなるため、「チーム医療」の一員としてその活躍がますます求められています。また近年では、最新の検査機器を用いた遺伝子検査や移植治療の検査も行うなど、高度な検査技術に加え、検査機器に関する知識を有した人材が求められています。

臨床検査技師になるには

国家試験に合格すると免許が与えられます。国家試験の受験資格を得るには次のような方法があります。

  • 1、大学に入学できる者で、文部科学大臣が指定した学校または厚生労働大臣が指定した臨床検査技師養成所において、3年以上臨床検査に必要な知識・技能を修得した者(修業または卒業見込みの者を含む)
  • 2、大学で医学または歯学の正規の課程を修めて卒業した者(卒業見込みの者を含む)
  • 3、医師・歯科医師、または外国で医師免許もしくは歯科医師免許を受けた者
  • 4、次のいずれかに該当する者で、大学、文部科学大臣の指定学校または厚生労働大臣の指定臨床検査技師養成所において、医用工学概論、臨床検査総論、臨床生理学、臨床化学および放射性同位元素検査技術学の各科目を修めた者
    • ア、大学において獣医学または薬学の正規の課程を修めて卒業した者
    • イ、大学において保健衛生学の正規の課程を修めて卒業した者 ほか
  • 5、外国の臨床検査に関する学校あるいは養成所を卒業し、または外国で臨床検査技師の免許に相当する免許を受けた者で、厚生労働大臣が上記に掲げる者と同等以上の知識・技能があると認めた者など

主な活躍の場

  • 大学病院・総合病院・専門病院などの医療機関
  • 検査・健診・血液センター
  • 食品・製薬関連企業
  • 保健所・保健センター
  • 教育・研究機関

医療機関、健診センター、食品・栄養分野など、幅広いフィールドでニーズが高まっています。
現在、8割近くの検査が機械で行われています。また近年では、より高度な検査機器を用いた遺伝子検査や移植治療の検査が行われるなど、臨床検査技師には検査技術に加え、検査機器に関する知識を有した人材が求められています。また、メタボ健診をはじめ、病気予防のための検査が注目され、医療機関はもちろん健診センターや食品・栄養分野など、幅広いフィールドでそのニーズが高まっています。

このページの先頭へ戻る