スマートフォンサイトを見る

文字サイズ

就職・資格

診療情報管理士 この資格を目指す/医療情報管理学科

病院で保存される診療記録の管理・整理・点検を行う専門家。

診療情報管理士の仕事

診療情報管理士イメージ

診療情報管理士は患者様の治療内容や病状、検査記録を書いたカルテの情報を専門的に扱い、管理を行います。担当の医師が書いた診療内容のチェックや、医師や看護師からの求めに応じて、患者様の治療記録や看護記録などをコンピュータで検索し、情報提供を行うなど、専門的な医学知識はもちろん、情報管理能力や医師や看護師らとの協調性も必要とされます。

診療情報管理士になるには

診療情報管理士試験に合格すると免許が与えられます。診療情報管理士試験の受験資格を得るには次のような方法があります。

  • 1、原則として2年制以上の短期大学または専門学校卒以上の学歴を有する者
  • 2、現在病院に勤務している者(最終学歴が高卒でも可)
  • 3、医師や看護師など特定の資格を持つ者(専門課程への編入が可能)

主な活躍の場

  • 病院・診療所などの医療機関
  • 保健・福祉関連施設
  • 医療コンサルタント企業
  • 保健所・自治体などの行政機関

医療IT化の促進により、病院経営を左右する重要な役割の担い手として、ニーズが高まっています。
高度な医療を実現するために必要な「チーム医療」において、診療録をはじめとした情報管理および関連職種への適切な情報提供は最重要課題となり、今や診療情報管理士は「チーム医療」を実現する上で必要不可欠な存在です。さらに近年ではセカンドオピニオン、医療訴訟など、より質の高い診療情報の作成・管理・活用が求められ、病院経営や病院運営を左右する重要な役割を担う専門職として診療情報管理士へのニーズはさらに増加しています。

このページの先頭へ戻る