スマートフォンサイトを見る

文字サイズ

就職・資格

管理栄養士(国家資格) この資格を目指す/健康栄養学科

医学の知識をベースに人々の健康を支える「厚生労働大臣の免許」を受けた食と栄養のプロフェッショナル。

仕事内容

管理栄養士イメージ

主に病院、福祉施設、行政機関、学校などに勤務し、傷病者の栄養管理や栄養指導(在宅者への栄養指導もあります)、給食の管理、国の健康づくり対策である内臓脂肪症候群(メタボリックシンドローム)の予防を目的とした特定保健指導(「食」、「運動」、「禁煙」に関する支援)、生徒・児童への食育、地域の食環境づくりなどを行います。さらに、研究機関・大学・企業などで、調査・実験・商品開発を行うなど、食と栄養に関わるあらゆるフィールドに携わります。

主な活躍の場

  • 病院など医療機関
  • 介護老人保健施設および社会福祉施設
  • 小学校・中学校
  • 食品・製薬関連企業
  • 教育・研究機関
  • 行政機関

栄養指導、給食の管理、特定保健指導、食育、食環境づくりなど、活躍の場は多岐にわたっています。
管理栄養士は、栄養や食事を通して人々を健康で幸せにできる知識や技術を有し、さまざまな活動を通じ、社会に貢献する職業です。病院などの医療機関で「チーム医療」の一員として、また多くの職種が協働する福祉施設のスタッフとして、栄養の専門家である管理栄養士は、高度な知識と技術を求められています。全ての人々の健康の保持増進、疾病の予防や治療に関わることから、活躍の場は多岐にわたっており、そのニーズはますます高まっています。

このページの先頭へ戻る