スマートフォンサイトを見る

文字サイズ

就職・資格

義肢装具士(国家資格) この資格を目指す/義肢装具自立支援学科

手足を失った人などに対して、「医学」と「工学」の知識を併せ持ち、ものづくりでリハビリのサポートを行う専門家。

仕事内容

義肢装具士イメージ

事故や病気により手足を失った人に対して、その形態や機能を復元するために使用する「義肢(義手・義足)」や、身体の機能の障害を軽減するために使用するコルセットなどの「装具」を製作し、患者様の身体に適合させます。「医学」の知識と「工学」の知識を併せ持ち、患者様一人ひとりにあった「ものづくり」で人々が自立した生活を送れるよう、サポートします。

主な活躍の場

  • 義肢装具製作会社
  • 病院・リハビリテーションセンター
  • 福祉用具・機器関連企業
  • 車いす関連企業
  • 福祉住環境関連企業
  • 靴関連企業

資格取得者よりも求人数が多い状況が続いています。
現在、毎年200名程度の義肢装具士が誕生していますが、資格取得者は、わずか5,000人弱しかおらず、圧倒的に数が不足しています。そのため、資格取得者よりも求人数が上回る状況で、養成校の多くでほぼ100%の就職率を達成しています。さらに近年では、高齢化にともないリハビリテーション施設やリハビリ機器メーカー、福祉用具・機器関連企業など、自立支援分野での活躍も期待されています。

このページの先頭へ戻る