スマートフォンサイトを見る

文字サイズ

就職・資格

理学療法士(国家資格) この資格を目指す/理学療法学科

医学の知識と人間の動作に関する高い知識を併せ持つ、リハビリの専門家。

仕事内容

理学療法士イメージ

病気、ケガ、過度な運動などにより、歩く、立つ、座るなどの基本的な動作に障害を持った人に対して、歩行訓練などの「運動療法」、電気治療や温熱治療などによる「物理療法」などを用いて、その機能を最大限に回復できるようにサポートを行います。また、医学的な知識と身体の動作に関する知識を併せ持つ専門家として、アスリートのケガの予防やリハビリなど、スポーツ分野でも活躍しています。

主な活躍の場

  • 病院等医療機関
  • 介護老人保健施設・社会福祉施設
  • 健康増進・スポーツ関連施設
  • 教育・研究機関
  • 行政機関・保健所 等

365日リハビリの普及により、病院でのニーズが拡大しています。
国が365日リハビリを推進し、病院で活躍する理学療法士のニーズが増加傾向にあります。さらに、超高齢社会を迎えた現在、介護予防や健康増進における役割も拡大し、老人保健施設をはじめとした保健・福祉関連施設での求人も増加傾向にあります。また近年では、スポーツ障害に対するリハビリテーションの重要性が認識され、アスリートをサポートする専門職として理学療法士への期待が高まっています。

このページの先頭へ戻る