チーム医療・ケアを学ぶ
独自のカリキュラム

本学では多職種間連携に必要な知識・技術を、全学科共通で学ぶコアカリキュラムを設定し、学科の枠を越えて学ぶ「連携教育科目」を配置することで、「チーム医療・ケア」を実践的に学びます。

本学独自のカリキュラム

本学独自のカリキュラム体系(コアカリキュラム)により、保健・医療・福祉・スポーツの専門職として活躍するための確かな知識・技術と、幅広い教養を身につけることで、「専門資格の取得」+「学士の取得」を実現し、思いやりのある保健・医療・福祉・スポーツのプロフェッショナルを育成します。

4年間の学びのステップ

4年間の学びのステップ図

コアカリキュラム
他の専門職と連携するために必要な知識・技術を全学科共通で学ぶ

1年次 幅広い教養と専門分野の基礎を身につけます

連携基礎ゼミ写真 関連分野への基礎理解 専門職を目指すにあたり、基盤となる保健・医療・福祉・スポーツ、自然科学、社会科学に関する基礎知識を身につけます。

コアカリキュラム

科目 チームアプローチ入門【連携教育】

チーム医療・ケアの「基礎」を学ぶ。 本学の「連携教育」の入門として、チーム医療・ケアにおける各専門職の役割やその必要性について学びます。また、実際の医療現場の事例を取り上げながら、現場連携について学ぶほか、他学科の実習室見学を行うことで、他学科の学びに触れ、他職種への基礎理解も深めます。

科目例
■ ボランティアの世界 ■ コミュニケーション学入門 ■ 心理学概論 ■ 人間を知る 
■ 命の倫理 ■ アスリートの世界 ■ 臨床医の世界 ■ シティズンシップ教育入門 など

2年次 高度な専門知識と技術、実践力を身につけます

連携基礎ゼミ写真 関連分野への総合理解 保健・医療・福祉・スポーツのそれぞれの分野を取り巻く、様々な制度や環境について幅広く理解を深めます。

コアカリキュラム

科目 連携基礎ゼミ【連携教育】

各学科の学生と連携し「チームワーク」を実感。 他学科の学生と混成でチームを形成し、保健・医療・福祉・スポーツに関連するテーマについて共同研究することを通して、関連職種への理解や将来「チームの一員」として活躍するためのチームワークスキルを身につけます。

研究テーマ例
■ 動体視力を高めるには ■ 血液型と性格 ■ 色が人に与える影響 ■ 味覚と視覚の不思議 
■ 利き手と疾患の関係 ■ スマホが身体に及ぼす影響 など

3年次 「チーム医療・ケア」を実践するためのスキルを身につけます

連携基礎ゼミ写真 マネジメントと連携 保健・医療・福祉・スポーツの連携について、その実際を学び、それぞれの現場に即して説明することのできる能力を身につけます。

コアカリキュラム

科目 保健医療福祉連携学【連携教育】  地域連携学 など

保健・医療・福祉の現場で行われている「連携の実際」を学ぶ 病院などの「医療現場」、小児や高齢者施設などの「福祉現場」、そして地域で暮らす人々を対象とした「保健・地域」のそれぞれの現場で行われる専門職の連携について、現場の声や具体的な事例を通じて、その実際について学びます。

研究テーマ例
■ がん患者を取り巻くチームアプローチについて 
■ 地域包括ケアシステムにおける認知症予防のための専門職連携 
■ 日本在住の外国人への保健・医療・福祉チームサポート など

4年次 資格取得に向けた知識・技法を身につけます

連携基礎ゼミ写真 総合演習 3年次までに修得した多職種間の連携について、実際の症例などの具体例を通じて演習するための能力を身につけます。

コアカリキュラム

科目 連携総合ゼミ【連携教育】

学科の枠を越えた「専門職連携」を実践的に学ぶ これまで学内外で修得した専門知識・技術を総動員し、チーム医療などについて実践的に学んでいきます。ゼミでは、具体的な症例をもとに、関連する学科が混成でグループを形成し、グループワークを通じて具体的な支援策について意見交換を行い、検討結果を発表します。

科目例
■ 高齢者の骨折予防・治療と生活支援 
■ 脳性まひ(疑い)児と育児不安をもつ母への成長・発達支援 
■ 開発途上国における障害のある人たちのための地域に根ざしたリハビリテーション 
■ アスリートへの栄養・投薬サポートとドーピング対策 など

セメスター制

1年間を「前期」と「後期」に分け、学期ごとに履修科目を選択し単位を取得します。そのため、前期で基礎科目を履修し、後期に応用科目を履修するというように、それぞれの科目を短期間で集中的に学ぶことができ、また1年間を通じて段階的に履修することで教育効果を高めることができます。