チーム医療・チームケアを学ぶ
チーム医療・ケアを実践的に学ぶ独自のカリキュラム

本学では多職種間連携に必要な知識・技術を、全学科共通で学ぶコアカリキュラムを設定し、学科の枠を越えて学ぶ「連携教育科目」を配置することで、「チーム医療・ケア」を実践的に学びます。

本学独自のカリキュラム

本学独自のカリキュラム体系(コアカリキュラム)により、保健・医療・福祉・スポーツの専門職として活躍するための確かな知識・技術と、幅広い教養を身につけることで、「専門資格の取得」+「学士の取得」を実現し、思いやりのある保健・医療・福祉・スポーツのプロフェッショナルを育成します。

カリキュラム履修の目的

  • 01
    保健・医療・福祉・スポーツ関連専門職としての倫理観・使命感の育成
  • 02
    QOLに対する理解および教養的知識、専門的知識・技能の修得
  • 03
    保健・医療・福祉・スポーツの枠組みを超えた共通課題への相互理解
  • 04
    保健・医療・福祉・スポーツ分野の高度な専門知識・技能の修得
  • 05
    専門職種間のチームワーク技法の修得

4年間の学びのステップ

4年間の学びのステップ図

コアカリキュラム
(保健医療福祉教養科目・保健医療福祉連携科目)

他の専門職種との相互理解を促し、連携に必要となる知識・技術を身につけるために全学共通科目として学ぶコアカリキュラムです。各科目を4つのテーマに分類し、1年次から4年次に至るまで学年進行に応じた科目配置で連携について段階的に学んでいきます。

保健医療福祉教養科目群

1年次■関連分野への基礎理解

専門職を目指すにあたり、基盤となる保健・医療・福祉・スポーツ、自然科学、社会科学に関する基礎知識を身につけます。

【科目】
チームアプローチ入門

● ボランティアの世界 ● コミュニケーション学入門
● 心理学概論 ● 人間を知る
● 命の倫理 ● アスリートの世界 ● 臨床医の世界
● シティズンシップ教育入門 など 

保健医療福祉連携科目群

2年次■関連分野への総合理解

保健・医療・福祉・スポーツのそれぞれの分野を取り巻く、様々な制度や環境について幅広く理解を深めます。

【科目】
連携基礎ゼミ

3年次■マネジメントと連携

保健・医療・福祉・スポーツの連携について、その実際を学び、それぞれの現場に即して説明することのできる能力を身につけます。

【科目】
● 保健医療福祉リスクマネジメント論
保健医療福祉連携学
● 地域連携学

4年次■総合演習

3年次までに修得した多職種間の連携について、実際の症例などの具体例を通じて演習するための能力を身につけます。

【科目】
連携総合ゼミ

Pick up 01チームアプローチ入門

チーム医療・ケアの「基礎」を学ぶ。

保健・医療・福祉・スポーツの現場では、各専門職による治療・ケアはもちろん、様々な専門職の連携による「チーム」でのサポートが不可欠です。この科目では、本学の「連携教育」の入門として、チーム医療・ケアにおける各専門職の役割やその必要性について学びます。

Pick up 02連携基礎ゼミ

各学科の学生と連携し「チームワーク」を実感。

他学科の学生と混成でチームを形成し、保健・医療・福祉・スポーツに関連するテーマについて共同研究することを通して、関連職種への理解や将来「チームの一員」として活躍するためのチームワークスキルを身につけます。

【研究テーマ例】
■ 睡眠の質を高めるには
■ やる気の出る食べ物は?
■ 声がけ効果による能力値UP
■ 動体視力を調べる
■ 疲労による作業呼応率の変化
■ 色が人に与える影響 など

Pick up 03保健医療福祉連携学

保健・医療・福祉の現場で行われている「連携の実際」を学ぶ。

病院などの「医療現場」、小児や高齢者施設などの「福祉現場」、そして地域で暮らす人々を対象とした「保健・地域」のそれぞれの現場で行われる専門職の連携について、現場の声や具体的な事例を通じて、その実際について学びます。

【研究テーマ例】
■ がん患者を取り巻くチームアプローチについて
■ 地域包括システムにおける認知症予防のための専門職連携
■ 日本在住の外国人への保健・医療・福祉チームサポート など

Pick up 04連携総合ゼミ

学科の枠を越えた「専門職連携」を実践的に学ぶ。

これまで学内外で修得した専門知識・技術を総動員し、チーム医療などについて実践的に学んでいきます。ゼミでは、具体的な症例をもとに、関連する学科が混成でグループを形成し、グループワークを通じて具体的な支援策について意見交換し、検討結果を発表します。

【研究テーマ例】
■ 高齢者の骨折予防・治療と生活支援
■ 中高年者のメタボリックシンドロームの改善
■ 労働者のメンタルヘルスやストレスなどに対する対策 など

基礎教養科目

大学での学習、研究を進める上で基礎となる知識・技術を全学科共通科目で学びます。
また、社会人としての幅広い教養と豊かな人間性を養います。

基礎ゼミ 情報処理I・II ●情報処理III 英語I・II スポーツ・健康 ●スポーツ・実践 ●韓国語I・II ●中国語I・II ●スペイン語I・II ●ドイツ語I・II ●日本語表現法I・II ●アカデミック英語I・II・III

必修科目 ●選択科目
※学科によって必修・選択が異なる場合があります。

専門科目 講義系/実習・演習系

各分野の高度な専門知識や技術を学びます。また、病院実習等の学外実習での学びを通じ、高い実践力を身につけます。

各学科のカリキュラム

各学科の専門基礎科目・専門専攻科目は学科カリキュラムページにてご覧ください。

理学療法学科作業療法学科言語聴覚学科義肢装具自立支援学科臨床技術学科視機能科学科 救急救命学科診療放射線学科健康栄養学科健康スポーツ学科看護学科社会福祉学科医療情報管理学科

セメスター制

1年間を「前期」と「後期」に分け、学期ごとに履修科目を選択し単位を取得します。そのため、前期で基礎科目を履修し、後期に応用科目を履修するというように、それぞれの科目を短期間で集中的に学ぶことができ、また1年間を通じて段階的に履修することで教育効果を高めることができます。

■社会人として必要なスキルを身につける多様な教養科目

時代が求めるQOLサポーターとして必要とされる豊かな教養を身につけるための科目を配置しています。

情報処理教育

情報処理教育写真

本学では、学生全員がノート型パソコンを保有し、授業や実習、学生生活に活用しています。1年次の「情報処理I」では、パソコン操作に不慣れな学生に対し入門編としての講義を行いサポートします。また、「情報処理II」では、全学共通でパソコンの基本的な操作方法および情報処理能力を身につけます。さらに「情報処理III」を選択することで「エクセル2級」の資格取得を目指すことができます。

外国語教育

外国語教育写真

英語の授業では、レベル別に少人数のクラス分けを行い、日本人教員およびネイティブ教員がそれぞれのクラスを担当します。また、初級編から上級編までの5科目を配置し、希望する学生はより高い英語力を身につけることができます。さらに選択科目には、中国語、韓国語、スペイン語、ドイツ語を配置し、様々な外国語について学ぶ機会を提供しています。

スポーツ教育

スポーツ教育写真

高校時までに経験してきた競技スポーツだけではなく、ソフトバレーボールやバドミントンなどの生涯スポーツや、障害者向けのチェアスポーツやブラインドスポーツについて学びます。さらにトレッキングやスキーなどの自然と触れ合うスポーツを体験し、保健・医療・福祉・スポーツ関連専門職として必要とされる多様な価値観と豊かな人間性を養います。

PCサイトを見る