在学生メッセージ

一覧へ戻る

藤田 一希

長野県臨床技術学科3年藤田 一希Kazuki Fujita

本学の魅力を一言で表すと「連携」です。本学は、保健・医療・福祉・スポーツの総合大学なので、臨床技術の専門科目を学ぶことはもちろん、他学科の学生と連携して「チーム医療」を学ぶ機会がたくさんあります。臨床技術だけでなく、「チーム医療」にも興味のある人は、まずは本学のオープンキャンパスに参加してみてください。同じ夢を目指している先輩のコミュニケーション能力の高さにきっとびっくりしますよ(笑)。


Q目指す専門職を決めたきっかけ(魅力)を教えてください。

臨床検査技師は直接的に患者さんの治療を行う仕事ではありません。しかし、検査によって読み取れる情報を医師に伝えることで、病気の早期発見や治療に役立っています。私は、縁の下の力持ちのような臨床検査技師の職業に魅力を感じ、この専門職を目指しました。

Q本学に入学を決めた理由、本学科を選んだ理由を教えてください。

入学の決め手となったのは、臨床検査技師と臨床工技士の資格を取るための勉強が同時にできることです。それに加え本学では、この学校だけで一つの病院ができそうなくらいにたくさんの学科があります。こういった点に魅力を感じ入学を決めました。

Q現在大学ではどのような勉強をしていますか?

「解剖学」
体の中の臓器がどのような構造でどのような機能を持っているかなどを学びます。自分たちでブタの胎児を解剖し、各臓器をスケッチします。また、臓器間の関連性を調べ、体全体の機能を学びます。

Q本学を一言で表すと何だと思いますか?また、その理由も教えてください。

本学を一言で表すとするなら「連携」だと思います。というのも本学はたくさんの学科があり、他学科とコミュニケーションをとることができる機会が多くあるからです。そこからチーム医療を学べると考えています。

Q将来の目標や夢を教えてください。

私は将来、臨床検査技師になり患者さんを影から支え、少しでも医療の現場で役に立ち貢献できる存在になりたいと思っています。そのため今を一生懸命頑張ろうと思います。

Q先輩として、今の高校生に伝えたい一言、メッセージをお願いします。

自分がなりたいものになるには学力が必要だと思います。後からなんとかなると思うのではなく、今自分に必要だと思うものを精一杯勉強してください。それができれば夢はもう手の中です。

一覧へ戻る

信越・北陸地域の在学生メッセージ

※学生の在籍学年は平成29年度在籍時のものです。なお、視機能科学科は、平成29年度在籍のものとなります。