在学生メッセージ

一覧へ戻る

山科 あい

富山県言語聴覚学科4年山科 あいAi Yamashina

私がこの大学を選んだ理由は、就職率の高さと個々に合わせたきめ細かいサポートです。入学して、基礎ゼミなどを通して先生方から大学での学習方法や心構え、1人暮らしの相談など様々なことをサポートしていただき安心して1年間過ごすことができました。また、パソコンの操作を教えてくれる情報処理や専門分野の学習をスムーズに進めるよう配置されている理数系科目などの授業があるおかげで、不安をもったまま授業が進んでいくということがありません。地元を離れ1人で生活することは不安も多いと思いますが、手厚いサポートがあるので1人暮らしも楽しく生活できますよ。


Q新潟医療福祉大学を一言で表すと?

「時代が求めるQOLサポーターになるために自分を成長させてくれる場所」
様々な分野の学科があるので、他学科の分野も理解することができチームワーク育みながらより効果的なQOL充足の手法を学ぶことができると思うからです。

Q言語聴覚学科の「ここがスゴイ!」について教えてください!

音声学という授業が好きです。音を発声させるにはどのような過程が必要かなど、人間が発することのできる音声全般について学ぶ教科です。また、脳に関する教科もあり、人が話すこと、聞くことについての様々な領域の勉強を行うことができます。また、学内にはコミュニケーションに心配のある子どもさんを対象とした「言語発達支援センター」があり、実践的な教育の場として活用されています。

Q初めて一人暮らしをしてみての感想を聞かせてください。

料理、掃除、洗濯などの家事をすべて自分でやらなきゃいけないので大変なことも多いですが、学べることも多く自分を成長させてくれる貴重な体験だと感じています。家事も慣れると、料理を工夫してみたり部屋の模様替えをしてみたり、楽しいです。また、友達と過ごす時間や自由な時間が増えるので、実家暮らしでは味わえない楽しさを感じることができると思います。

Qこれからオープンキャンパスに参加する高校生に向けて、メッセージをお願いします。

オープンキャンパスに参加することで、よりリアルに自分がこの大学で過ごすことを感じさせてくれるので受験勉強にもよりやる気がでると思います。また、様々な体験もできるので将来の夢について悩んでいる人にとっては、「背中を押してもらえる」、とても良い経験になると思います。

一覧へ戻る

信越・北陸地域の在学生メッセージ

※学生の在籍学年は平成29年度在籍時のものです。なお、視機能科学科は、平成29年度在籍のものとなります。