在学生メッセージ

一覧へ戻る

林 克晃

富山県作業療法学科3年林 克晃Katsuaki Hayashi

本学を選んだ理由は、国家試験合格率・就職率ともに全国トップレベルだからです。また本学科では、最新の設備機器を使って学べるほか、学内の運動機能医科学研究所と連携して、作業療法に関わる最先端の研究を行うこともできます。オープンキャンパスでは、それらの機器を実際に使用できる様々な体験プログラムが用意されているので、作業療法士の仕事を理解するチャンスです。先生方や先輩方が熱のこもった説明をしてくれますよ!


Q新潟医療福祉大学の作業療法学科に入学を決めた理由は何ですか?

私が作業療法士を目指そうと思ったきっかけは、何か直接的に人の役に立つ職に就きたいと思っていたからです。そんな中で見つけた作業療法士という職業がリハビリの中で創作活動や料理など日常的に行われる活動を用いるという点に魅力を感じたからです。理学療法などの職域と異なり、患者さんの生活そのものに関わることができるのも作業療法ならではの魅力だと思います。

Q作業療法学科の魅力・印象に残っているエピソードを教えて下さい。

オープンキャンパスに参加して、先生方・先輩方の分かりやすく熱のこもった説明に惹かれこの大学で作業療法を学びたいと強く思うようになりました。また、作業療法学科の国家試験合格率・就職率が全国でトップクラスであることが最終的な要因でした。新潟医療福祉大学なら自分の目指す作業療法士になることができると思います。

Q現在大学ではどのような勉強をしていますか?

「基礎作業学実習」
この科目は作業療法の現場で実際に行われる基本的な作業活動を学ぶことができる科目です。陶芸・革細工・紙細工の作業を行い、自分の作品を作りあげます。これらの作業一つ一つの中に作業療法が存在するため、より作業療法というものを実感できます。友達との仲も深まる楽しい授業なので男女問わずとても人気です。

Q先生・家族・友人からもらった「夢を目指すキッカケとなった言葉」「私の背中を押してくれた言葉など、あなたにとって大切な『一言』と、その時のエピソードなどを教えてください。

「医療者を目指す自覚を持とう」
授業を受けている時に先生が話した言葉。たくさんの知識を身につけて患者さんに心から信頼される作業療法士を目指そうと思いました。

Q将来の目標や夢を教えてください。

私の作業療法士を目指す上での目標は「患者さんが楽しいと思ってくれるようなリハビリを行うこと」です。リハビリというと、痛い・辛いというようなイメージがありますが、患者さんがリハビリを楽しいと思ってくれれば、リハビリに積極的に取り組んでくれると思うからです。まだまだ知識が足りませんが、残りの3年間で知識や技術を身に着けていきたいです。

Qこれからオープンキャンパスに参加する高校生に向けてメッセージをお願いします。

大学の良さは、いくらパンフレットやホームページを見ても全ては見えてきません。実際に自分の目で見て、聞いて、体験することで全体的な良さが見えてきます。また、少しでも疑問に思うことがあればどんどん先生方や先輩方に質問しましょう。オープンキャンパスに参加することで受験勉強へのモチベーションも上がります!!

一覧へ戻る

信越・北陸地域の在学生メッセージ

※学生の在籍学年は平成29年度在籍時のものです。なお、視機能科学科は、平成29年度在籍のものとなります。