在学生メッセージ

一覧へ戻る

平野 伸哉

新潟県健康栄養学科4年平野 伸哉Shinya Hirano

「栄養学III」という授業では、各ライフステージにおける代表的な病気について理解し、年代別の栄養ケアの特徴ついて勉強しています。本学科ではこの他にも、解剖生理学や臨床医学などの「医療系科目」が数多く配置されているので、将来、病院で活躍する管理栄養士を目指している私にとっては最高の環境です。また、国家試験の合格率も全国トップクラス!先生方による万全のサポート体制のもと、管理栄養士全員合格を目指しています。


Q目指す専門職を決めたきっかけ(魅力)を教えてください。

中学生の頃から栄養素について興味を持ち、栄養素の働きや、食品に含まれる栄養素の種類について知ることが好きでした。そこで、栄養素についてもっと深く勉強し、その知識を生かし、栄養管理を必要とする人々の助けになる仕事がしたいと思ったのが管理栄養士を目指したきっかけです。

Q本学に入学を決めた理由、本学科を選んだ理由を教えてください。

将来病院で活躍する管理栄養士になりたいと考えている私にとって、本学科は「臨床分野」に強い管理栄養士の育成を特色としているところに魅力を感じたからです。また、国家試験の合格率の高さからも、教育の質の高さを感じました。

Q現在大学ではどのような勉強をしていますか?

「栄養学Ⅲ」
学童期や成人期、高齢期など、各ライフステージごとの身体的特徴や、その時期の代表的な疾患などについて理解し、その上で、どのような栄養ケアが必要であるかなどについて勉強しています。将来病院栄養士を目指している私にとり、年代別の疾患や栄養ケアの特徴を知ることはとても興味深いです。

Q本学を一言で表すと何だと思いますか?また、その理由も教えてください。

「協力」
1年次から多くの実習や行事を行う中で、学科の仲間や先生だけではなく他学科の仲間とも協力しながら、みんなで課題を乗り越えていくことができました。その中で、他人と協力することの大切さを実感しています。

Q本学に入学して、あらためて良かったと実感することは何ですか?

健康栄養学科では2年次に伍桃祭へ出店をしました。リーダーを中心に全員が協力し、準備から販売まですべて行いました。結果、出店グランプリを取ることができました。その中で、みんなで協力し達成することの素晴らしさを実感できました。

Q将来の目標や夢を教えてください。

将来は、病院で活躍する管理栄養士になって、病気などで栄養管理が必要な人の助けになりたいです。栄養管理を通して、人々のQOLを向上させられるような管理栄養士になりたいです。

Qこれからオープンキャンパスに参加する高校生に向けて、オープンキャンパスに参加する大切さや当日見ておくべきポイント、楽しさなど、実体験を交えてメッセージをお願いします。

オープンキャンパスでは、大学の雰囲気を感じてほしいと思います。また、先生や大学の先輩たちと話すことで、受験のことや入学してからのことについて詳しく知ることができます。

Q先輩として、今の高校生に伝えたい一言、メッセージをお願いします。

受験勉強は辛いものだと思いますが、乗り越えた先には楽しいキャンパスライフが待っています。頑張ってください。

一覧へ戻る

信越・北陸地域の在学生メッセージ

※学生の在籍学年は平成29年度在籍時のものです。なお、視機能科学科は、平成29年度在籍のものとなります。