在学生メッセージ

一覧へ戻る

岩本 紗季

山梨県健康スポーツ学科2年岩本 紗季Saki Iwamoto

新潟医療福祉大学はたくさんの資格が取れる大学で、私たちが就職するためにはやはり資格が必要です。私は現在、保健体育教員になるための教職の資格と、幼児に運動を提供するためのプログラムを作る、ジュニアスポーツ指導員、レクリエーションコーディネーターなどの勉強をしています。また、本学でしか取得できない資格が多いことも新潟医療福祉大学を選んだ理由の一つです。資格が取れることも魅力ですが、スポーツと関わることが多いので、運動が本当に大好きな私は、その関わりを大切にしたいと思い、本学を選びました。


Q在籍学科や目指す資格、学ぶ学問を決めた理由や、具体的なきっかけ、エピソードを教えて下さい。

健康スポーツ学科で保育士、保健体育教員、レクリエーションコーディネーター、ジュニアスポーツ指導員を目指しています。

Q新潟医療福祉大学を一文字or一言で表すと?その理由は?

「出会い」
この大学に入学していなかったら、曖昧だった目標を明確なものにできていなかったと思います。それは、先生や先輩やクラブのみんなとの出会いがそうさせてくれました。

Q将来の目標や夢を教えてください。

子どもとスポーツに関わる仕事に就くことです。

Q新潟で生活してみて感じた新潟の魅力や好きなところを教えてください。

白米、魚介類が本当においしい。人が優しい。

Q職種、回数(週)、アルバイト代の使い道、アルバイト経験で身についたこと、勉強との両立等について教えてください。

アパレルでシフトは月によって違いますが、平均週3~4回です。アルバイト代はショッピングをしたり、LIVEに行ったりして使っています。何の関わりもない人と接するので、自然と人見知りがなくなります。また上司との関わりでコミュニケーションを取れることが魅力です。さらに言葉の使い方も学べます。夜遅くのアルバイトではないので、勉強との両立はしやすいです。高校まで水泳をしてきて、その時から両立ができていたので、大学生活でもうまく両立が図れています。

Q活動内容、活動の楽しさややりがい、活動を通じて身についたこと等について教えてください。

「あそびの日」、「スイスイ子ども水泳教室」に参加しました。将来子どもと接する仕事に就きたいと思っているので、子ども達との接し方、遊び方などが学べました。

Qこれからオープンキャンパスに参加する高校生に向けて、オープンキャンパスに参加する大切さや、当日見ておくべきポイント、楽しさなど、実体験を交えてメッセージをお願いします。

オープンキャンパスに参加することで、大学で不安なことや気になっていることがその場で聞けます。また自分自身、将来何について学びたいかが参加することで明確になってきますし、学生が優しく対応してくれるので、この大学に入学したいと思わせてくれます。

Q新潟県外からの受験を考えている受験生の皆さんに、自分が受験した入試区分について言及し、受験のアドバイスや、心構えなど実体験を交えてメッセージをお願いします。

私は公募推薦で受験をしました。面接はありのままの自分を表現することが大切です。緊張はしますが、自分の意思をもってどうしてこの大学に入学したいのかをはっきり伝えることが大切です。

Q所属学科や大学全体の「ここがスゴイ!(好き/自慢)」について具体的に教えてください!

海が近いので夏に空き時間があったら行けます。卒業生で本学の水泳部だった佐藤綾さんは文武両道がしっかりとできていて本当に尊敬しています。先輩との関わりも多いので、先輩とすぐに仲良くなれます。大好きな先輩が本当に多いです。

一覧へ戻る

信越・北陸地域の在学生メッセージ

※学生の在籍学年は平成29年度在籍時のものです。なお、視機能科学科は、平成29年度在籍のものとなります。