在学生メッセージ

一覧へ戻る

岩村 蒼生

新潟県看護学科4年岩村 蒼生Aoi Iwamura

私はもともと身体が弱く、風邪もよく引き、何度か入院をしたこともありました。小さい頃、注射が苦手で、毎回看護師さんに優しく励まされ、注射を打ってもらっていました。それから看護師さんのお仕事を尊敬し、憧れを抱くようになりました。高校生になり、何度か看護師体験に参加し、何もできない私にもありがとうと看護師の方から感謝の言葉をいただき、本当に患者さんの力になりたいと思うようになりました。大学では技術と知識を十二分に身につけ、またコミュニケーションを常に大事にした看護師を目指していきたいです。


Q新潟医療福祉大学に入学して良かったと思うことは何ですか?

チーム医療の学びとして、他学科の学生と混成で学ぶ「連携教育」が行われている点です。看護師としての知識・教養を身につける機会として有意義なことはもちろん、他学科の人とも友達になれて、とても楽しいです。また、演習や実習の訓練のできる設備が整っているところも入学して改めて良かった点です。

Q新潟医療福祉大学を一言で表すと?

「Happy」
友達もたくさんいてとても楽しいし、グループワークやゼミではみんなで一生懸命ひとつの課題に取り組み、演習や実習でうまくいかないことがあれば励まし合い、先生方や友達、環境にとても恵まれ幸せです。

Q将来の夢や目標を教えてください!

技術や知識だけでなく、患者さんとコミュニケーションをとることによって、不安や痛みを和らげ、病気に対し前向きな姿勢がとれるように援助できる看護師になりたいです。

Qこれからオープンキャンパスに参加する高校生に向けてメッセージをお願いします。

わからないことや不安なことは、相談ブースでしっかり話してみた方が良いと思います。在学生と先生から適格なアドバイスがいただけます。また、どんな仕事かがイメージできないで場合でも、体験ブースも併設されているので、ぼんやりしていた将来像もはっきりとすると思います。

一覧へ戻る

信越・北陸地域の在学生メッセージ

※学生の在籍学年は平成29年度在籍時のものです。なお、視機能科学科は、平成29年度在籍のものとなります。