在学生メッセージ

一覧へ戻る

丸山 美貴

新潟県視機能科学科2年丸山 美貴Miki Maruyama

私は視覚に障がいを持たれた方の力になれる職業に就きたいと思っていました。オープンキャンパスに参加し視能訓練士という職業を知り、視能訓練士への社会のニーズが拡大し視能訓練士の活躍のフィールドが広がっていることに反して数が絶対的に足りないこと、本学では、より質の高いサポートをしていくために同行援護従業者とのダブルライセンスの取得であったり連携教育であったりと様々なプログラムが組まれており、一般病院以外の施設での就職が可能となることを知り、本学で学び、視能訓練士として視機能の分野に関わっていくことを決めました。


Qどのような視能訓練士を目指したいですか?

私は高い技術や知識を持つことは勿論、ほっと心が和むような温かい視能訓練士を目指しています。五年後は、視能訓練士として働き始めて一年目。本学は、資格を取得することが目標ではなく資格を活かすプロを育成し質の高いサポートをしていくことを目標としています。ですから日々の授業や努力を重ね、一年目から即戦力として、目標とする温かく仕事のできる視能訓練士として働いていけるようになっていたいです。

Qこれからオープンキャンパスに参加する高校生に向けてメッセージをお願いします。

私は、オープンキャンパスに参加して視能訓練士という職業を知り、その職を目指していくことを決めました。本学には多数の学科があります。初めて聞く職業を目指す学科もあるのではないでしょうか。気になったら是非学科別説明会に参加してください。それぞれの職業について、本学の特色について、わかりやすく説明してもらえます。また、生の声が聴けることがオープンキャンパス最大の魅力ではないでしょうか。先生や学生に、実際の学校生活について、なぜその職を目指そうと思ったのか、魅力は何かなどと、是非たくさん質問していってください。得るものは多くあると思います。

一覧へ戻る

信越・北陸地域の在学生メッセージ

※学生の在籍学年は平成29年度在籍時のものです。なお、視機能科学科は、平成29年度在籍のものとなります。