在学生メッセージ

一覧へ戻る

水島 知里

新潟県理学療法学科3年水島 知里Chisato Mizushima

全国トップクラスの実習環境に魅力を感じ、本学科への入学を決めました。本学科では、身体動作を立体的に解析することのできる「三次元動作解析装置」や脳機能を解析するための「近赤外線分光装置」など、最先端の設備機器を使って、高度な実習や研究を行うことができます。オープンキャンパスでは、それらの実習機器を実際に使った体験プログラムも充実しているので、まずはオープンキャンパスに参加して、その魅力を感じてみてください。


Q理学療法士を目指したきっかけを教えてください!

祖母のリハビリに立ち会ったことがきっかけでした。患者さんと一対一で真剣に向き合い、親身になって患者さんを支えている理学療法士の方の姿を見て、すごいなと思いそんな姿に憧れを持ち、理学療法士を目指そうと思いました。

Q新潟医療福祉大学の理学療法学科に入学を決めた理由は何ですか?

知識の蓄積や考える力など、技術を磨く場が充実しており、自分が目指している目標を達成することが出来ると考え、この大学・学科を選びました。また、OCに参加した際、先輩方がとても優しく学科全体の雰囲気もとても良く感じました。

Q現在大学ではどのような勉強をしていますか?

「理学療法基礎評価学」
この科目は、理学療法を必要とする患者さんを対象に行う検査や評価を学ぶ実技の授業です。筋の触察を行ったり、バイタルや形態計測、MMTという筋力検査を行ったりしています。

Q本学を一言で表すと何だと思いますか?また、その理由も教えてください。

「充実」
施設や設備が充実しているのはもちろん、素敵な先輩方や仲間にも出会え、恵まれた環境の中で学ぶことができ、生活していける環境にあると感じています。

Qこれからオープンキャンパスに参加する高校生に向けて、オープンキャンパスに参加する大切さや当日見ておくべきポイント、楽しさなど、実体験を交えてメッセージをお願いします。

どんな施設設備が備わっているのかを知ることも大切ですが、直接行くことでしか感じることができない各学科の魅力や雰囲気、どんな先生方や先輩方がいるのかを知ることができます。入学してみてあとから「この学科は違うな」、「自分に合わないな」と思わないように、オープンキャンパスに参加して大学の雰囲気を感じてみると良いと思います。また、参加してここに行きたいと思うことで、意欲の向上にも繋がると思うので、ぜひオープンキャンパスに参加してみてください。

一覧へ戻る

信越・北陸地域の在学生メッセージ

※学生の在籍学年は平成29年度在籍時のものです。なお、視機能科学科は、平成29年度在籍のものとなります。