在学生メッセージ

一覧へ戻る

浪花 みちる

新潟県義肢装具自立支援学科4年浪花 みちるMichiru Naniwa

私が新潟医療福祉大学を選んだ理由は、就職率が高く国家資格を取れる勉強ができる為です。勿論自分がやりたい事を優先に考え、進路を決める事はとても大切な事だと思います。私も元々モノづくりが好きなので、その能力を社会に活かせる事ができれば良いと思い、義肢装具を作る学科に入る事に決めました。最初のうちは、そんな何気ない気持ちで学科に入ったのですが、講義を重ねるに連れ、この職業に対する先生方の熱心な態度や、先輩方の真面目な姿に心惹かれる様になり、最近では1人の人間として社会に出ても恥じない様に、基本的な事をしっかり身に着けようと奮闘しています。この大学は人としての教育にも力を入れているので、あらゆる点で優れた環境だと思います。


Q義肢装具自立支援学科に入学して良かったと思うことは何ですか?

専門的な学習だけではなく、人材育成を重視している事です。やはり基本的な事ができなければ、どんなに技術があっても社会で通用しないと思います。

Q部活動・サークル活動について教えてください!

私は茶道部に所属しています。慌ただしい毎日のなかで、茶道の精神を学び、ゆっくりとお茶をたてることは、私にとって、必要な時間です。週に一度の活動ですので、勉強とプライベートとの両立を図ることができます。

Qこれからオープンキャンパスに参加する高校生に向けてメッセージをお願いします。

1度だけではありましたが、オープンキャンパスに参加しました。その時の印象は、建物内がキレイに掃除されていたり、学生の方々の接する態度がとても親切であったり、帰りのバスの事を心配してくださったりと、私のなかで、強烈な良い印象として残っています。今もその先輩方の優しさは変わりません。ぜひ、皆さんもオープンキャンパスで私のような素敵な体験をしてみて下さい!!

一覧へ戻る

信越・北陸地域の在学生メッセージ

※学生の在籍学年は平成29年度在籍時のものです。なお、視機能科学科は、平成29年度在籍のものとなります。