在学生メッセージ

一覧へ戻る

坂内 元気

新潟県健康栄養学科3年坂内 元気Genki Sakauchi

本学科では、病院や福祉施設、保健所など、管理栄養士が活躍するあらゆる現場で実習経験を積めるほか、他学科の学生と共に学ぶ「連携教育」で、将来、管理栄養士として関わる他の専門職についても理解することができます。勉強以外にも、クラブ・サークル活動などで学科の枠を超えて交流しているので、たくさんの友達ができますよ♪ ぜひ一度オープンキャンパスに参加して、パンフレットを見ただけでは分からない本学の雰囲気を体験してください!


Q目指す専門職を決めたきっかけ(魅力)を教えてください。

私が管理栄養士を目指そうと思った理由は、食事で人々の健康と笑顔を作ることができる専門職だからです。小さいころから、自分の作る料理を人に「おいしい」と言っていただくことが夢でした。しかし高校時代は将来の夢がはっきりせず、そんな中、管理栄養士という職業について知りました。ただおいしいだけの食事ではなく、栄養面からも考え、毎日の食事で健康を支えることができるというところに、魅力を感じました。

Q本学に入学を決めた理由、本学科を選んだ理由を教えてください。

新潟医療福祉大学を選択するにあたっての決め手は、他学科との連携教育です。将来は病院で働く管理栄養士を目指しており、現場での他職業との連携について学べると思いました。さらに、大学で学ぶことで、国家試験に必要な知識だけでなく、さらに幅広い専門知識、それを応用できる知識などを身につけることができると考えました。

Q現在大学ではどのような勉強をしていますか?

「食品学Ⅱ」
食品学Ⅰの「食品学総論」で勉強した食品全体についての内容を踏まえて、「食品学各論」という、米・大豆・りんごといったような食品一つ一つについて詳しく勉強しています。何気なく調理している食品について、その成分はどんななのだろうか、それの特徴はどういったものなのかなど、一つ一つの食品について理解が深まるところが面白いと感じています。

Q本学を一言で表すと何だと思いますか?また、その理由も教えてください。

「充実」
学ぶにあたっての講義、設備、大学の体制など、大学生活を送る中で充実していると感じているからです。さらに、先生方には親身に接していただき、とても心強く思っています。先生方の支えや、学校側の学生に対する構え、学生同士の関わり、学生自身による行動など、それぞれのQOL向上につながっていることで充実感があるのだと感じています。

Q本学に入学して、あらためて良かったと実感することは何ですか?

先生方はやさしく、フレンドリーな雰囲気で接していただけるところと、学校の雰囲気が良いところです。空いている時間に先生の部屋を訪問して、お茶をすることができるなど、ただ、先生と学生という関係だけでなく、親しみやすいことで、より学生生活を充実できている気がします。また、実習で使う設備であったり、建物であったり、充実しているところが改めてよかったと実感します。

Q将来の目標や夢を教えてください。

将来の目標は病院で働く管理栄養士になることです。患者さん一人一人に合った食事を提供することが夢です。私はご飯を食べることが大好きで、他の人にも食事で笑顔になっていただきたいと考えています。そこで、健康な人だけでなく、病気で苦しんでいる人たちにも食事を楽しんでいただき、身体的な健康だけでなく、精神的にも健康づくりができるような管理栄養士になりたいです。

Qこれからオープンキャンパスに参加する高校生に向けて、オープンキャンパスに参加する大切さや当日見ておくべきポイント、楽しさなど、実体験を交えてメッセージをお願いします。

進路について考えるときに、人に聞いたり、パンフレットによる情報を見たり、他人による情報だけでなく、実際にその学校に行き、自分の目で見て感じること大事であるため、オープンキャンパスに参加することは大切です。入学後の勉強に簡単なものはありません。4年間自分が学べる場所であるか、学校の雰囲気はどんな感じか、設備はどんなものかなどがポイントだと思います。

一覧へ戻る

信越・北陸地域の在学生メッセージ

※学生の在籍学年は平成29年度在籍時のものです。なお、視機能科学科は、平成29年度在籍のものとなります。