在学生メッセージ

一覧へ戻る

椎谷 直樹

新潟県臨床技術学科4年椎谷 直樹Naoki Shiiya

私は、祖父が脳梗塞を患い左半身麻痺になったことがきっかけで、医療に関心を持つようになりました。本学に入学しようと決めたのは、臨床工学技士と臨床検査技師の両方の資格を取得した臨床技術者になることで、祖父のように病気で苦しむ患者様の役に立てると思ったからです。また、高校時代に生物・物理・化学の授業を履修していなくても、補講教育などの学習サポート体制が整っていることも大きな魅力でした。患者様の心に寄り添った臨床技術者を目指し頑張ります!


Q新潟医療福祉大学の臨床技術学科に入学を決めた理由は何ですか?

臨床工学技士と臨床検査技師のダブルライセンス取得に対応したカリキュラムであることが最大の理由です。また、高校時代に生物・物理・化学の授業を履修していない場合でも、補講教育で学ぶ機会が設けられているところも入学を決めたポイントになりました。質の高い医療を患者様に提供することができる臨床技術者になり、病気やケガで苦しむ患者様に役に立てるよう頑張りたいです。

Q将来の夢や目標を教えてください!

臨床工学技士と臨床検査技師の2つの国家試験に合格することが目標です。また、細胞検査士の資格も取得し、幅広い場面で活躍できるようになりたいです。私の夢である質の高い医療を患者様に提供できる臨床技術者になるためにも、4年間の大学生活の中で幅広い知識や確かな技術を身につけ、QOLサポーターとして活躍できる臨床技術者になれるよう日々の勉強を頑張っていきたいと思います。

Qこれからオープンキャンパスに参加する高校生に向けてメッセージをお願いします。

まずは参加してみましょう!参加してみることで色々なことが体感できます。大学の雰囲気を掴むだけでなくモチベーションUPにもつながります。
次に先輩や先生方に話しかけてみましょう!質問をすると丁寧に答えてもらえます!実際に私もオープンキャンパスに参加した際に、先輩や先生方と良く話をしていました。そのおかげで、受験の際、顔を覚えて下さっていた先生に「頑張ってね!」と言っていただいて、とても緊張が和らいで自分の力を出すことができました。オープンキャンパスは先輩方や先生方と話をする貴重な機会です!

一覧へ戻る

信越・北陸地域の在学生メッセージ

※学生の在籍学年は平成29年度在籍時のものです。なお、視機能科学科は、平成29年度在籍のものとなります。