在学生メッセージ

一覧へ戻る

新村 瑛里子

富山県健康スポーツ学科4年新村 瑛里子Eriko Shinmura

高校で女子バスケットボール部のマネージャーをしていました。チーム運営や怪我の予防・怪我の対応・怪我を抱えた選手のフォローといったトレーナー的な役割を行っていました。地区大会レベルから全国大会レベルまで、様々な規模の大会やイベントに参加したことで、各規模に応じた運営方法があることを知り、興味が湧きました。第1志望・第2志望を関東にある大学にしていましたが、縁に恵まれず、私の学びたいことが学べると、担任の先生から勧められた新潟医療福祉大学を受験し、合格することができました。これも何かの縁! 新潟に行けばきっといいことがある! と信じて入学を決めました。


Q本学に入学してあらためて良かったと実感することはなんですか?

スポーツをするための施設や設備が充実していることと、その環境の中で、スポーツについて深く学ぶことができることが、良かったと実感しています。

Q将来の目標や夢を教えてください。

アスレティックトレーナー(AT)です。スポーツに関連したいろいろな分野に興味・関心がありましたが、講義や実習を通してより深く学びたいと思ったのがATの分野です。経験を積み、将来はプロスポーツ等の高いレベルでATとして活躍できるようになりたいです。また、怪我やスポーツ障害によってスポーツを楽しめなくなったり、諦めたりする人が少なくなるように予防啓蒙活動にも取り組みたいと思っています。

Q住まいを決めた理由やお気に入りの部分・アピールポイントを教えて下さい。

生活する(起きている)空間と寝る空間を別にしたかったので、2間&ロフト付き1間の物件を探しました。少し広いのですが、何人も泊まれるので合宿所みたいになることもあります。築年数は経っていますが、実家と同じくらいの古さなので気になりません。

Qこれからオープンキャンパスに参加する高校生に向けて、メッセージをお願いします。

学業のこと、部活やサークルのこと、学食のおすすめメニューや通学方法etc.何でもいいのでひとりでも多くの学生と話をしてみるといいと思います。大学生活がぐっと身近に感じられると思いますよ!

Qこれから受験される高校生の皆さんに向けてメッセージをお願いします。

基礎・基本を大切にし、繰り返し問題を解いて出題傾向をつかんでおくといいと思います。実際の入試問題が同じような傾向であれば安心して問題に取り組めるし、たとえ傾向ががらりと変わっても、基礎がしっかりしていれば何とかなると思います。

一覧へ戻る

信越・北陸地域の在学生メッセージ

※学生の在籍学年は平成29年度在籍時のものです。なお、視機能科学科は、平成29年度在籍のものとなります。