在学生メッセージ

一覧へ戻る

塚原 嘉之佑

富山県視機能科学科2年塚原 嘉之佑Yoshinosuke Tsukahara

私は高校2年生の時に、初めて視機能科学科を知りました。視機能科学科では、視能訓練士の資格を取ることを目標に勉強しています。私は、本学科と他学科で進学を迷っていましたが、視能訓練士について調べた時、まだまだ日本でこの資格を持っている方が少ないこと、これから眼患者さんが増加すると予想されていることを知りました。視能訓練士という仕事は今後はどんどん活躍できる場面が増えるのではないかと思い本学科への進学を決めました。本学では最先端の知識や技術を充実した施設や実習で学ぶことができます。みなさんも視能訓練士を目指して視機能科学科で一緒に勉強しましょう。


Q将来の目標や夢を教えてください。

私の5年後は、視能訓練士として大学で学んだことを存分に発揮して、多くの患者さんの検査を正確に行いたいです。眼というのはとても大切な場所です。不安を抱えてやってくる患者さんの不安を取り除けるように正確な検査とコミュニケーションをしっかり取り、多くの患者さんの一人一人と向き合い役に立ちたいと考えています。
また、20年後の私は、2030年には眼患者は200万人以上と予想されています。子供から御年齢の方まで幅広い年代の患者さんがおられると思います。経験を積み、患者さんが安心して病院に来ていただけるような環境を作りたいと考えています。眼という重要な箇所でも不安を感じず安心していただけるように信頼を得る視能訓練士になりたいと思っています。

Qこれからオープンキャンパスに参加する高校生に向けてメッセージをお願いします。

私が初めて視機能科学科を知ったのは、高校2年生の時にオープンキャンパスに訪れた時でした。やはり実際に学校に来て見てみないと分からないことがたくさんあると思います。また、先生方の話をよく聞いてください。そして大学というものを感じてください。私は、オープンキャンパスに来てこの学校を第一志望に決めました。

一覧へ戻る

信越・北陸地域の在学生メッセージ

※学生の在籍学年は平成29年度在籍時のものです。なお、視機能科学科は、平成29年度在籍のものとなります。