在学生メッセージ

一覧へ戻る

山本 望由

新潟県理学療法学科4年山本 望由Miyu Yamamoto

私は理学療法学科に在籍し、理学療法士を目指しています。家族のリハビリに付き添いで行ったことがきっかけです。そこで初めて理学療法士の存在を知りました。そのリハビリテーション室にいた理学療法士の皆さんが、患者さんに対して笑顔でリハビリしている姿がとても印象的で、私もこんな風に素敵な姿で仕事をしてみたいと思い理学療法士を目指すようになりました。理学療法学科のある県外の国公立の大学を考えていましたが、新潟医療福祉大学の理学療法学科の先生方は素晴らしいと知人から聞き、本学に入学を決めました。


Q本学に入学してあらためて良かったと実感することはなんですか?

なかなか体験できない海外研修という貴重な体験ができるところ、同じ理学療法士を目指す友達に会えて毎日楽しく過ごせていることです。

Q新潟医療福祉大学を一言で表すと?

「始まり」です。
本学に来て理学療法士という仕事についてより具体的に考えるようになったし、同じ理学療法士を目指す友達にも会えて、この職業が少し身近に感じるようになったからです。

Q将来の目標や夢を教えてください。

昔見た理学療法士の方々のように周りから見て素敵だなと思われるような理学療法士になることです。そうなるには、技術だけでなく笑顔やコミュニケーション力などの人間性も磨いていかなければなりません。この4年間で周りの友達や先生方を見習いながら頑張っていきたいと思います。

Qアルバイト編について教えてください

パスタ屋さんで週2、3回アルバイトをしています。接客や礼儀など、これから就職したときに役立つようなことをたくさん学ぶことが出来ます。両立は大変ですが、無駄な時間が減り毎日充実した時間を過ごせています。

Qこれからオープンキャンパスに参加する高校生に向けてメッセージをお願いします。

オープンキャンパスに始めて参加した時、校舎の綺麗さと敷地の広さ、施設・設備の充実さに圧倒されました。それよりも、感動したのは、先生方や在学生の皆さんの丁寧な対応でした。ホスピタリティの高さに、この大学で「理学療法士として勉強したい!」と決意した瞬間です。オープンキャンパスでは、施設・設備も大切ですが、そこで学んでいる学生や教えている先生にも注目してみてください!

一覧へ戻る

信越・北陸地域の在学生メッセージ

※学生の在籍学年は平成29年度在籍時のものです。なお、視機能科学科は、平成29年度在籍のものとなります。