スマートフォンサイトを見る

就職・資格

ドクターズクラーク(医師事務作業補助技能認定試験)
この資格を目指す/医療情報管理学科

医師・看護師不足問題を解決する救世主として、より高度な医学・医療知識を備えた医療事務・医療秘書分野の専門家。
ドクターズクラーク図(財)日本医療教育財団による医師事務作業補助技能認定試験に合格するとドクターズクラーク®の称号が付与される。2008年には医師・看護師の業務の一部をドクターズクラークが行うことが可能となり(表を参照)、深刻な医師不足の問題を抱える日本の医療において現在最も注目を集める資格。

医療に関する高度な知識と医療事務・秘書業務全般に関するスキルをあわせ持ち、診断書等の作成代行および補助、診療記録等の作成および補助、主治医意見書の作成、診察や検査の予約、オーダリングシステムへの入力代行(診察や検査の予約)、院内物品の補充・患者の検査室等への移送など、その業務は多岐にわたる。またチーム医療スタッフとして各専門職と的確な情報交換を行うためのコミュニケーション力が求められ、質の高い医療サービスの提供を支える役割も担う。

仕事内容

ドクターズクラークイメージ

医療に関する高度な知識と医療事務・秘書業務全般に関するスキルを併せ持ち、診断書の作成・補助や院内の物品の補充など、医師・看護師のサポートを行います。また、診療や検査の予約、国や健康保険組合に提出する請求書の作成や点検、患者のカルテの管理などの各種事務業務を行い、より質の高い医療サービスの提供に向けて、重要な役割を担っています。

主な活躍の場

  • 病院・診療所などの医療機関
  • 保健・福祉関連施設

質の高いドクターズクラークの採用に向けた動きが急速に広がっています。
国が医師不足対策としてドクターズクラークの普及を示したことを受け、高い注目を集めています。さらに、2008年の診療報酬改定でドクターズクラーク(正式には医師事務作業補助者)の配置を評価する加算点数が新設され、今後、そのニーズはますます高まることが予想されます。こうした状況の中、今後は病院が医師を確保するためにはドクターズクラークの配置が必須条件になるとの予測もあり、質の高いドクターズクラークの採用に向けた動きは急速に広がっています。

この資格取得を目指す! 医療情報管理学科

この資格を目指す/医療情報管理学科

  • 資料請求・大学案内請求
  • オープンキャンパスに申し込む

このページの先頭へ戻る