スマートフォンサイトを見る

就職・資格

助産師(国家資格) この資格を目指す/看護学科

出産前指導から生命の誕生、母子のケアまで行う専門家。
助産師の主な仕事は出産の介助ですが、他にも妊婦やその家族に対する出産や育児の相談・指導や、思春期や更年期の女性への保健指導等も業務としています。近年では「父性」を含めた家庭保健が重要視されています。少子化・核家族化が進む現代においては、社会の変化に先見性を持って適応し、思春期から中高年まで、幅広く女性の健康な生活を援助できる能力が求められています。

仕事内容

助産師イメージ

助産師は、主に出産の介助を行いますが、他にも妊婦やその家族に対する出産や育児の相談・指導、産科のある病院や市町村の母親学級での講師、思春期や更年期の女性への保健指導なども行います。思春期から中高年まで、幅広く女性の健康な生活を援助できる能力が求められています。

主な活躍の場

  • 病院など医療機関
  • 保健所
  • 保健センター
  • 教育・研究機関

OB・OGレポート

※各掲載記事は取材当時のもので、現在変更となっている場合がございます。

中嶋 恵里香

仲間と一緒に国家試験の勉強を乗り越えました!

私は現在、大学病院の産科病棟で助産師として働いています。当院は様々な病気を合併している患者様が多く、お産も自然分娩だけでなく帝王切開も多くあります。
検査や治療の実際の現場では看護師、助産師だけでなく医師や様々な職種のスタッフとの関わりや、他病棟(皮膚科、耳鼻科、精神科など)との連携も必要となります。そのため、大学で学んだ看護や助産の知識はもちろん、他学科との連携教育で培った経験や技術も総動員しながら日々業務に励んでいます。
大学時代を振り返ってみると、朝から晩まで図書館などで勉強していたことが思い返されます。同じ目標に向かって頑張っている仲間の姿を見て刺激を受けたり、疑問や分からないことを皆で相談して解決したりと、助け合いながら学生生活を過ごしました。また、先生方も質問に伺うといつも丁寧に指導してくださいました。このように、集中して勉強できる環境を提供してくださった大学や先生方には言葉には言い表せないほど感謝しています。
これからは、患者様それぞれの状況に合わせて、その方に必要なケアを“できるだけ早く”そして、“効果的に”提供できるような助産師を目指して頑張ります!

中嶋 恵里香
卒業年度:2013年度
出身高校:新潟県・敬和学園高校
勤務先:学校法人 聖マリアンナ医科大学病院
職種・職位:看護師・保健師・助産師

この資格取得を目指す! 看護学科

この資格を目指す/看護学科

  • 資料請求・大学案内請求
  • オープンキャンパスに申し込む

このページの先頭へ戻る