スマートフォンサイトを見る

健康栄養学科

教員紹介

斎藤 トシ子写真

健康科学部/健康栄養学科

斎藤 トシ子
Toshiko Saito
健康栄養学科長/教授

プロフィール

担当科目健康管理概論、基礎実践演習、基礎臨地実習、栄養教育論、栄養教育論実習、総合演習、教職実践演習、卒業研究
専門分野栄養および健康教育
学位・称号/取得機関/取得年家政学修士/日本女子大学大学院/1989年  博士(医学)/新潟大学大学院/2004年
資格管理栄養士、健康運動指導士
最終出身校新潟大学大学院医学系研究科
過去の経歴桜の聖母短期大学家政学科副手
仙台市健康増進センター健康増進課
新潟医療福祉大学設立準備委員を経て現職
所属団体・学会等日本栄養改善学会
日本骨粗鬆症学会
日本健康教育学会
日本公衆衛生学会
日本病態栄養学会
日本栄養士会
新潟県栄養士会

業績等

研究領域加齢性運動器疾患・生活習慣病の予防及びリスク要因の解明に関する研究
研究紹介人間は加齢とともに、心身にさまざまな疾患(骨粗鬆症、高血圧、糖尿病、がん、呼吸器疾患、認知症等)が生じやすくなります。そこで、我々の研究チーム(新潟大学医学部、当大学理学療法学科)では、ビタミンDやカルシウムに着目し、加齢性運動器疾患や生活習慣病のリスク要因を解明するための研究を行っています。
著書(共著)食品学辞典:2006.9、光生館
(共著)管理栄養士・栄養士のための困りごと相談ハンドブック:2013.9、新日本法規
(共著)栄養科学シリーズ栄養教育論(第3版):2016.2、講談社
(共著)サクセス管理栄養士講座栄養教育論:2016.4、第一出版
(共著)健康・栄養科学シリーズ栄養教育論(改訂第4版):2016.9、南江堂
研究論文1)Saito T,Nakamura K,Okuda Y,Nashimoto M, Yamamoto N, Yamamoto M. Weight Gain in Childhood and Bone Mass in College Female Students. Journal of Bone and Mineral Metabolism. 2005.23:69-75.
2)Kazutoshi Nakamura, Toshiko Saito, Akihiro Yoshihara,, Miki Ishikawa,Yasuo Tsuchiya, Rieko Oshiki, Ryosaku Kobayashi, Keiko Maruyama, Keiko Hyodo, Mitsue Nashimoto, Naoko Tsugawa, Toshio Okano, Mari Oyama, Masaharu Yamamoto. Low calcium intake is associated with increased bone resorption in postmenopausal Japanese women: Yokogoshi Study. Public Health Nutrition.2011;22:97-103.
3)Nakamura K, Saito T, Kobayashi R, Oshiki R, Kitamura K, Oyama M, Narisawa S, Nashimoto M, Takahashi S, Takachi R.Effect of low-dose calcium supplements on bone loss in peri- and postmenopausal Asian women: a randomized controlled trial. J Bone Miner Res, 2012; 27:2264-2270.
4) K. Nakamura, K. Kitamura, R. Takachi, T. Saito, R. Kobayashi, R. Oshiki, Y. Watanabe, S.Tsugane, A.Sasaki, O. Yamazaki. Impact of demographic, environmental, and lifestyle factors on vitamin D sufficiency in 9084 Japanese adults. Bone, 2015 ; 74:10–17.
研究業績(1)科学研究費
①平成16年度、基盤研究C:2年間(平成16-17年度)、研究代表者
②平成21年度、基盤研究C:2年間(平成21-22年度)、研究代表者
③平成23年度、基盤研究A:4年間(平成23-27年度)、研究分担者
④平成25年度、基盤研究C:3年間(平成25-27年度)、研究代表者
⑤平成28年度、基盤研究C:4年間(平成28‐31年度)、研究代表者
教育に関する活動学内のファカルティ・ディベロプメント (Faculty Development、FD)委員会に所属し、授業評価のあり方を検討
社会的活動日本栄養士会理事(研究教育事業部企画運営委員長)
日本栄養改善学会関東甲信越支部理事
新潟栄養・食生活学会幹事
  • 資料請求
  • オープンキャンパス