スマートフォンサイトを見る

作業療法学科

教員紹介

能登 真一写真

医療技術学部/作業療法学科

能登 真一
Shinichi Noto
医療福祉学研究科保健学専攻作業療法学分野長/教授

プロフィール

担当科目高次脳機能障害評価学、高次脳機能障害作業療法学、身体障害作業療法学
専門分野臨床経済学、神経心理学
学位・称号/取得機関/取得年博士(保健学)/金沢大学/2005年、修士(医科学)/筑波大学/2001年
資格作業療法士
最終出身校金沢大学大学院医学系研究科
過去の経歴大和證券(株)、聖マリアンナ医科大学病院、筑波記念病院を経て現職
所属団体・学会等医療経済学会、日本神経心理学会、高次脳機能障害学会、International Society for Pharmacoeconomics and Outcomes Research、日本公衆衛生学会、International Society for Quality of Life Research、日本衛生学会、日本医療情報学会、日本保健医療福祉連携教育学会、臨床経済研究会、高次神経作業療法研究会、作業療法教育研究会、日本病院管理学会、日本生命倫理学会、QOL/PRO研究会、日本バスケットボール学会

業績等

研究領域リハビリテーションの臨床経済学的研究、高次脳機能障害に対する作業療法アプローチ(EQ-5D, Health Utilities Index、QOL、費用効果)
研究紹介EQ-5D, Health Utilities Indexという評価道具を用いて健康効用値というQOL指標の信頼性や妥当性を研究しています。また、全国の病院の先生方とともにリハビリテーションの費用効果分析というコストパフォーマンスの研究を実施しています。高次脳機能障害については、半側無視、失行、記憶障害を中心に、それらに対する作業療法介入の開発や治療メカニズムの解明を目指しています。
著書高次脳機能障害作業療法学 第2版。メジカルビュー社。(共著)、2016
PT・OTのための高次脳機能障害ABC。文光堂。(共著)、2015
基礎から学ぶ医療経済評価。じほう。(共著)、2014
作業療法実践の仕組み 第2版。協同医書出版社。(共著)、2014
高次脳機能障害作業療法学。医学書院。(共著)、2012
作業療法学概論第2版。医学書院。(共著)、2011
身体機能作業療法学。医学書院。(共著)、2011
“作業”の捉え方と評価・支援技術。医歯薬出版。(共著)、2011
リハビリテーションにおける評価法ハンドブック。医歯薬出版。(共著)、2009
OT臨床ハンドブック増補版。三輪書店。(共著)、2007
社会生活行為学。医学書院。(共著)、2007
高次脳機能障害マエストロシリーズ(3)。医歯薬出版。(共著)、2006
QOLと理学療法。三輪書店。(共著)、2006
環境と理学療法。医歯薬出版。(共著)、2004
受賞歴第59回日本公衆衛生学会ポスター賞
第68回日本公衆衛生学会優秀演題賞
2014年学術誌「作業療法」最優秀論文賞
研究論文Shiroiwa T, Fukuda T, Ikeda S, Igarashi A, Noto S, et al. Japanese population norms for preference-based measures: EQ-5D-3L, EQ-5D-5L, and SF-6D. Qual Life Res. 2016 Mar;25(3):707-19.
池田俊也、他.日本語版EQ-5D-5Lにおけるスコアリング法の開発.保健医療科学64:47-55、2015
能登真一、他.地域在住の要介護高齢者に対する「生活行為向上マネジメント」を用いた作業療法の効果 多施設共同ランダム化比較試験.作業療法33:259-269, 2014
Izumi R, Noto S, Ikeda S, Fukuda T, Shiroiwa T, Igarashi A. Comparison of three utility measures in stroke patients using item response theory analysis. Niigata Journal of Health and Welfare, 2014; 13 (1): 1-12.
能登真一.Body ownershipとright insula.神経心理学30: 49-55、2014
能登真一.臨床家のための研究のすすめ 作業療法エビデンス作りを目指して.作業療法33:492-497、2014
福田敬、他.医療経済研究における分析手法に関するガイドライン.保健医療科学62:625-640、2014
Moriwaki K, Komaba H, Noto S, et al. Cost-effectiveness of alendronate for the treatment of osteopenic postmenopausal women in Japan.J Bone Miner Res. 2013 Feb;28(2):395-403.
能登真一.医療経済からみたリハビリテーションの成果と効果.専門リハ12:2-6、2013
Moriwaki K, Noto S. Dynamic simulation analysis for optimal sickbed allocation in a hospital. J Niigata Health Welfare. 2012;11(1):1-11.
能登真一、他.ICFを用いた要介護高齢者の生活機能の評価.作業療法31:61-70、2012
能登真一.半側身体失認.神経心理学27:297-303、2011
能登真一.リハビリテーション医療費.総合リハ38:398-399、2010
能登真一、他.回復期リハビリテーションにおける健康効用値の変化.OTジャーナル43:496-502、2009
能登真一、他.リハビリテーションがもたらす健康効用値改善と日本語版Health Utilities Index MarkIIIの妥当性について.医療経済研究20:73-84、2009
研究業績平成16年度 (財)医療経済研究機構(IHEP)研究助成金 研究代表者
平成18年度 ファイザーヘルスリサーチ財団研究補助金 研究代表者
平成19~21年度 厚生労働科学研究費補助金(長寿科学総合事業)研究 主任研究
平成20~22年度 文部科学省科学研究費補助金基盤研究(C) 主任研究
平成22,23,24,25,26,27年度 厚生労働科学研究費補助金(政策科学総合事業)研究 分担研究
平成24,25年度 文部科学省科学研究費補助金基盤研究(B) 分担研究
平成23~25年度 文部科学省科学研究費補助金基盤研究(C) 主任研究
平成25年度 文部科学省科学研究費補助金萌芽研究 分担研究者
平成26~29年度 文部科学省科学研究費補助金基盤研究(B) 主任研究
平成27年度 厚生労働科学研究費補助金(長寿科学総合事業)研究 分担研究
社会的活動日本作業療法士協会学会運営委員長、学術誌「作業療法」編集委員、新潟神経心理懇話会世話人
International Society for Pharmacoeconomics and Outcomes Research 日本部会評議員、
QOL/PRO研究会世話人

このページの先頭へ戻る