トピックス&ニュース

【社会福祉学科】社会福祉学部キャリア形成教育プログラム「特別講義」を実施

社会福祉学部キャリア形成教育プログラムは、地域を基盤としながら包括的に活躍できるソーシャルワーク専門職の養成を目指して、1年生から4年生の各学年の社会福祉学部生を対象に行っている取り組みです。この取り組みでは、学生自らが自己の将来進路を考え、自らのキャリア・アップを計画し、具体的な取り組みに向けて行動していけるように様々な機会を提供するものです。

2017年1月には、3年生を対象としたプログラムとして、新潟県職員として県下で活躍している本学卒業生の社会福祉士をお招きし、「社会福祉専門職のキャリア形成に関する特別講義」を実施しました。「福祉の専門職として働くということ~経験の蓄積から“キャリア”を考える~」をテーマに、自らの経験と取り組みを通じて具体的なお話をいただく中で、学生たちからも熱心な質問が出されていました。「何のために、誰のためになど、目的を考えながら仕事を行うことが大切であると感じた」、「資格を取り就職することがゴールではない、自分のスキルアップを続けていくことが大切だと知った」、「私も(自分の夢に向かって)ステップアップしていきたい」という感想が寄せられるなど、学生にはとても有意義な機会となった様子です。

>>社会福祉学科の詳細はこちら
http://www.nuhw.ac.jp/faculty/welfare/sw/

画像1 画像2 画像3 画像4