スマートフォンサイトを見る

医療情報管理学科

教員紹介

瀧口 徹写真

医療経営管理学部/医療情報管理学科

瀧口 徹
Toru Takiguchi
医療福祉学研究科医療情報・経営管理学専攻長/医療情報・経営管理学分野長/教授

プロフィール

担当科目医療管理論、公衆衛生、医療統計、医療制度論、疫学、歯科保健医療
専門分野疫学統計、医療制度論、医事法制
学位・称号/取得機関/取得年歯学博士/新潟大学/1988年
資格歯科医師
最終出身校新潟大学歯学部
過去の経歴新潟大学歯学部予防歯科講師、埼玉県衛生部専門調査員、国立公衆衛生院疫学部主任研究官、厚生労働省(課長補佐、歯科医療管理官、歯科保健課長)、東京医科歯科大学教授、JICA専門家兼スリランカ保健省政策顧問、WHO神戸センター渉外担当官、昭和大学歯学部客員教授、神奈川歯科大学歯学部特任教授他を経て現職
所属団体・学会等会員(日本口腔衛生学会、日本老年医学会、新潟医療福祉学会、日本診療情報管理学会、日本災害看護学会、日本公衆衛生学会、日本公衆看護学会、国際保健医療学会、日本老年歯科学会)
競技歴柔道3段

業績等

研究領域宮古島における生命予後と口腔機能コホート研究、 スリランカにおける味覚とADL関連研究、 全国市区町村歯科医師等の分布の地域差及び地域集積性時系列変化研究、東日本大震災前後の歯科医療機関患者数の推移と津波浸水度との関連文分析、東日本大震災における福島県の複合被災者(地震、津波、原発事故)の県外避難者のストレスに関する研究
研究紹介咀嚼機能、味覚とADL、QOL、生命予後との関連の疫学研究、疾患の地域集積性研究
著書「高齢者歯科ガイドブック」(医歯薬 共著)、新しい時代のフッ化物応用と健康 -8020達成をめざして-(医歯薬、共著)スタンダード社会歯科学(学建書院 共著)、(デング(出血)熱予防ガイドブック(QアンドA 英和) JICA SriLanka,2007 他
受賞歴歯科疾患と全身的不定愁訴との関連の論文(共著)で2009年日本老年医学会ベスト論文賞を受賞
研究論文瀧口 徹 他:都道府県の人口10万人当たり歯科医師数の20年間の変化と歯科大学(歯学部)の特性との関連- 一般化線形モデル(GLIM)分析 -」 日本口腔衛生学会雑誌、55巻、5号:524-536、2005. Kakuhiro Fukai, Toru Takiguchi, Yuichi Ando et al. : Functional tooth number and 15-year mortality in a cohort of community-residing older people, Geriatr Gerontol Int 7: 341-347, 2007. Toru Takiguchi1,Geethani Kandaudahewa et al.:The relationship between socioeconomic status and four dental health behaviors of 12-year-old children in Western Province of Sri Lanka, J Dent Hlth, 58:513-523, 2008. 瀧口徹、他: 全国都道府県3歳児dmft指数の25年間(1981-2006)の時系列変化の地域集積性、日本口腔衛生学会雑誌、60巻、2号:139-151、2010.
研究業績平成26-28年度 基盤C  「歯の喪失リスクの評価に関する研究(神原正樹主任)」 (分担) 平成26-28年度 基盤C  「歯の保存状況と生命予後に関する地域住民を対象とした25年コホート研究(深井穫博主任)」(分担)
教育に関する活動医療情報管理学科卒業研究マニュアル作成(平成25-27年)、JICA太平洋研修者用疫学・統計用マニュアル作成

このページの先頭へ戻る