スマートフォンサイトを見る

言語聴覚学科

教員紹介

桒原 桂写真

医療技術学部/言語聴覚学科

桒原 桂
Katsura Kuwahara
講師

プロフィール

担当科目聴覚障害Ⅰ、聴覚障害Ⅱ
専門分野聴覚障害、人工内耳、言語発達
学位・称号/取得機関/取得年博士(教育学)/University of Cincinnati/2008年
資格言語聴覚士、高等学校教諭一種免許
最終出身校University of Cincinnati
過去の経歴明治学院大学文学部心理学科卒業、京都大学医学部付属病院音声言語期研究室在籍、Master of Arts, Indiana University, Bloomington, IN、Doctor of Education, Special Education, University of Cincinnati, 教員・言語聴覚士として学校法人日本聾話学校に勤務を経て現職
所属団体・学会等日本聴覚医学会、日本特殊教育学会、日本言語聴覚士協会

業績等

研究領域聴覚障害児のことばの発達
研究紹介耳の聞こえが悪い子どもがこの社会で明るく楽しく生きてい行けるようにどのように環境を整えたら良いのかをしるために、聞こえとことばの関係を研究しています。
著書A micro-ethnography study of the communication/langugage developmentn in a Japanese child with profound hearing loss before and after cochlear implantation. 2008年博士論文
教育に関する活動聴覚障害全般に関する授業の他、病院での小児難聴外来業務、特に人工内耳マッピング、各種勉強会や各種学会等に参加し、学生を教育、奨励しております。毎週金曜日、英語勉強会を開催しています。
社会的活動新潟大学医歯学総合病院耳鼻咽喉科にて小児難聴外来、人工内耳外来に参加しています。
新潟県立長岡聾学校にて人工内耳装用児の療育教育支援、乳幼児教育相談について指導しています。
日本教育オーディオロジー研究協議会の会員、北陸教育オーディオロジー研究協議会会員として、各種講演等行っています。
日本言語聴覚士協会の国際部員です。
「新潟県の難聴児・家族の支援のあり方研究会」を立ち上げ、会長を務めています。

このページの先頭へ戻る