スマートフォンサイトを見る

言語聴覚学科

教員紹介

田村 俊暁写真

医療技術学部/言語聴覚学科

田村 俊暁
Toshiaki Tamura
助手

プロフィール

専門分野発声発語障害学、摂食嚥下障害学、神経難病
学位・称号/取得機関/取得年高度専門士/新潟リハビリテーション専門学校/2008年
資格言語聴覚士
過去の経歴小千谷さくら病院 言語聴覚士を経て現職
所属団体・学会等日本言語聴覚士協会、新潟県言語聴覚士会、日本摂食嚥下リハビリテーション学会、日本高次脳機能障害学会、日本ディサースリア臨床研究会

業績等

研究領域神経難病の言語聴覚療法
研究紹介パーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症などの現在根本治療が困難な病気を神経難病といいます。徐々に話すことや飲み込むことも困難になるので、その障害メカニズムやリハビリテーションについて研究しています。
研究論文1)AACの活用によりQOLの向上を認めた終末期シャイ・ドレーガー症候群の1例 : 「ひとりごと」ノートと透明文字盤の工夫.言語聴覚研究 12:87-93,2015.
2)運動低下性ディサースリア例に対する集団発声療法の試み:MPTを指標とした検討.ディサースリア臨床研究 4:4 -8,2014.
3)進​行​性​核​上​性​麻​痺​に​伴​う​重​度​デ​ィ​サ​ー​ス​リ​ア​1​例​に​対​す​る​音​声​治​療​と​タ​ッ​ピ​ン​グ​法​の​効​果​.ディサースリア臨床研究巻 2:25-28,2012.
4)認​知​症​を​伴​う​筋​萎​縮​性​側​索​硬​化​症​1​例​の​神​経​心​理​症​状​に​関​す​る​検​討​.言語聴覚研究 9:5-12,2012.
5)ペ​ー​シ​ン​グ​ボ​ー​ド​の​イ​メ​ー​ジ​ン​グ​活​用​に​よ​り​著​効​を​奏​し​た​運​動​低​下​性​デ​ィ​サ​ー​ス​リ​ア​の​1​例.ディサースリア臨床研究 1:24-26,2012.​

このページの先頭へ戻る