スマートフォンサイトを見る

言語聴覚学科

教員紹介

渡辺 時生写真

医療技術学部/言語聴覚学科

渡辺 時生
Tokio Watanabe
講師

プロフィール

担当科目小児言語障害学Ⅰ、小児言語障害学Ⅲ、小児言語障害学演習、成人発声発語障害学Ⅲ、卒業研究ほか
専門分野吃音、言語発達障害
学位・称号/取得機関/取得年修士(学術)/放送大学大学院 総合文化プログラム 環境システム科学群/2004年
資格言語聴覚士
最終出身校国立身体障害者リハビリテーションセンター 学院 聴能言語専門職員養成課程
過去の経歴柳川リハビリテーション病院 言語聴覚士
新潟リハビリテーション専門学校 言語聴覚学科 専任教員
明倫短期大学 専攻科 非常勤講師
を経て現職
所属団体・学会等日本言語聴覚学会
日本音声言語医学会
日本特殊教育学会
日本LD学会
日本コミュニケーション障害学会
新潟医療福祉学会

業績等

研究領域音声言語の発達とその障害(言語発達遅滞)
プロソディーの障害(吃音)
喉頭調節の障害(音声障害、吃音)
研究紹介主に吃音をもつ児者(幼児~成人)、家族への助言・指導を行っております。特に幼児吃音の治療では、Lidcombe(リッカム)programという治療成績が良好なエビデンスに基づく手法による治療や研究を行っております。日本ではLidcombe programを実施できるセラピストはごく少数です。お気軽にご相談ください。
教育に関する活動一般社団法人 全国リハビリテーション学校協会 国家試験対策委員会委員(2012年~)
社会的活動一般社団法人 日本言語聴覚士協会:生涯学習部員(2004年~) 、認定言語聴覚士(摂食・嚥下障害領域)実行委員(2008~2010年) 、理事(2014年~)、常任理事・生涯学習部長(2016年~)

このページの先頭へ戻る